宇田で秋錦

October 11 [Tue], 2016, 12:22
花粉症になって以来、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。二年前に花粉症になってしまい、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。薬を服用するのは避けたいことだったので、テレビで取り上げていた乳酸菌飲料を試用してみました。現在のところ、これにより花粉症の症状が軽くなっています。

ベストな乳酸菌の摂取時間ですが、明示されているわけですから、まずはそこから始めて下さい。 一気に1日分を摂取するのと比較した時、回数を数回に分けた方が、体内への吸収ということで効果を実感できます。

一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食物などであります。頑固な便秘の人は、うんちが固く腸内に溜まった状態になってしまいがちです。この状態を改善することで、、トイレにいきやすくするため、真っ先に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。


乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では共通ですが、ビフィズス菌にはそのことに加え、酢酸などといった強い殺菌力のある成分も作る力があるらしいです。だから、ノロウィルス対策に有効だとしているのですね。



近頃は、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、摂るといいかもしれません。乳酸菌が身体や腸のために良いというのは誰でもわかっています。ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果が出ないのではというふうに期待していない人もいます。

しかし実際は乳酸器の生死は関係なく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、ひいては体の健康増進にとても効果的です。内臓の調子をしっかり整えておくと美肌効果があると聞いて、実を言うと、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食品だそうです。


乳製品からとるんだと勘違いしていました。


何となくちょっと恥ずかしかったです。
昔から、乳酸菌が身体に優しいのは事実でよく知られていますが、実は有効ではない説もあります。

この説も、本当かもしれません。どうしてかというと、個人差があるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、効き目が出る薬ではないからです。

まず、合うかを試してから考えてください。知っての通り、アトピーは大変にきびしい症状になります。暑い寒いに関わらず一年中耐え難いかゆみとの闘いになります。夏は汗のせいでかゆみが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。



そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、かゆみだけの問題で収まらず腫れたり、呼吸困難になる恐れもあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モモカ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aois9acer1rss4/index1_0.rdf