悲しい出来事・・・防げないんだろーか? 

2017年04月24日(月) 21時49分
高齢2女性、手つなぎ転落=
駅ホーム、はねられ死亡―神奈川県警
時事通信 4/24(月) 19:58配信


24日午後2時25分ごろ、川崎市麻生区上麻生の小田急小田原線柿生駅の1番ホームで女性2人が線路に落ち、新宿発新松田行きの快速急行電車(10両編成)にはねられた。

 2人は病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 神奈川県警麻生署によると、2人はいずれも70歳以上とみられ、うち1人はつえを使っていた。
ホームの防犯カメラに、電車が入って来る直前に2人が手をつないで線路に飛び込むような様子が映っており、同署は自殺の可能性もあるとみて身元確認を進めている。

 事故で、小田原線は新百合ケ丘―町田間の上下線で約1時間40分運転を見合わせ、約2万4000人に影響が出た。 



また起こってしまった伊丹市の面会交流殺人事件――離婚直後の面会交流のリスク





面会日に無理心中か=4歳娘と、別居の父親―兵庫
時事通信 4/24(月) 10:13配信


23日午後9時35分ごろ、兵庫県伊丹市北本町のマンション一室で、住人の会社員武田**さん(40)と娘(4)が倒れているのを県警伊丹署員が発見した。

 2人はその場で死亡が確認された。
武田さんは同日、別居する元妻と住む娘と面会しており、同署は無理心中したとみて調べている。

 同署によると、武田さんは健康器具に巻いたネクタイで首をつっており、娘は近くに倒れていて首にネクタイが巻き付いていた。
玄関や窓は施錠されていた。

 面会時間が終わっても娘が戻らず、武田さんと連絡が取れないため、午後7時半ごろに元妻が同署へ通報した。


【以上転載】
亡くなられた方のお名前は葵が伏字にしました


なんでこんな悲しいことが起きちゃうんだろーか?
『死ぬ気になったら何でもできる』っていう人がいるけど きっとそんなことわかってても万策尽きちゃったんだろーと思う
じゃ なんでそーなっちゃうのかってところが問題!
個人が弱いわけじゃない
弱者切り捨ての政治が悪いのはもちろんだけど 周囲に助けを求められない人との関わりのない社会が もっと問題なんじゃないかって思う

個人のプライバシー云々・・・
確かに立ち入りすぎちゃうのは問題だけど 隣にどんな人が住んでるかさえ知らない環境が怖い
ママは徹底した人嫌いって感じがする
余計なことには立ち入らない・・・
だけどやるべきことはきっちりやるから・・・ってこれも見栄っ張りのなせる業で 人からとやかく言われたくないっていうのが根底にある 

だから地位も名誉もお金もないけど 困った時には人が相談に来てくれる
最後の砦になってくれるって信じられてる
江戸っ子だもんね!
普段行ったり来たりがなくなっちゃた 古い知人達も 突然連絡してくる
ママはそれでいいって言ってる

何かとべたべたお茶したりランチしたりの時間は 葵達のためにお断り!
それでも友達がなくならない・・・

そんな付き合い方でもいいから ヒトに頼ってみたらいいと思う
話を聞いてもらうだけでも救われるってことあるんだから・・・
『ここだけの話・・・』って言いながらあっちこっちに話し歩く放送局の人じゃ困るけど ママは聞いた話は忘れちゃうことにしてる
口が堅いわけじゃないけど 信頼のもとに話してくれたことは絶対吹聴なんかしちゃいけない!って思ってる


なんか寂しい時代だよね
明日はミサイルがぶっ飛んでくるかもしれないから 美味しいものいっぱい食べとこーと思う葵でっす




福島県動物愛護センター@三春町 

2017年04月23日(日) 19時36分
動物保護の業務を集約 「福島県動物愛護センター」施設公開
福島民友新聞 4/23(日) 12:10配信



県動物愛護センターは22日、三春町の施設を報道陣に公開した。
関係者が犬や猫の保護状況に加え、動物愛護の啓発や災害時における動物救護の在り方などを説明した。
 施設は、震災や原発事故で被災したペットを保護するために設けられたシェルターを改修して1日に開所した。
放し飼いの犬や飼育できなくなった犬、猫の保護が目的で、県北、県中、県南3地区の保健所が担っていた動物保護の業務を集約した。
 犬舎78室、猫舎40室を備え、消毒する「トリミング室」や運動用の「ドッグラン」などを設け、動物の保護に努める。
内部被ばくを測定するホールボディーカウンターも設置、災害時に備える。
 施設は飼い主を決める譲渡会を開き、殺処分減少につなげたい考えで、22日に初の譲渡会を開いた。
今後も定期的に開催する方針。
問い合わせは施設へ。

福島民友新聞


【以上転載】

こぶちの時にコメントをくださった sky lancerさんが 被災後の動物達の為に足繁く通い続けていたシェルター
27年12月末をもって閉鎖になった・・・所なんだと思う
ずっと忘れないでいて と言うsky lancerさんの記事を確認して来ちゃいました
本当に頑張ってくれた福島の保護施設に関わった皆さんに 改めて最敬礼です
ママは葵達を守るのに精いっぱいっだったから 被災した犬猫さんに関しての情報提供くらいしきゃできなかった





今 日本はなんだかわからないけど大変な事に巻き込まれそうで・・・
某大国の出方次第じゃ 葵達のお国にミサイルがぶち込まれるかもしれないって・・・
自己弁護ばかりの身勝手なオジサンが某大国に尻尾を振り続け 『大切なはずの国民』を蔑ろにしちゃう事ばっかり進めようと画策進行中
言ってみればどーやったって避難しきれる状態にはならない筈なのに 『避難方法』なんかを公示してる

何の意味があるんだか!

再び福島のような悲惨な状態が起きない事を祈りながら いつ自分の身に降りかかるかわからない恐怖が目の前にある現実
ただね 天災は防げないけど 原発事故もミサイルも人災だと思う葵でっす
防ぐ方法は あると思う
お国の偽善事業はもうお腹いっぱい!


人付き合いは大きな財産 

2017年04月22日(土) 20時10分
<マンション火災>母子家庭支援の弱さ象徴 
子に睡眠薬使用の親も
埼玉新聞 4/21(金) 22:33配信


マンション1階の飲食店アルバイト女性(31)方で19日夜に起きた火災。
女性は仕事で外出中で、留守番をしていた0〜5歳の子ども3人のうち長女(4)が死亡、長男(5)と次女(8カ月)が意識不明の重体




<認知症>介護相談者、8割が女性 実母巡り娘に負担
毎日新聞 4/22(土) 15:02配信


認知症患者や家族からの約1万件の電話相談のうち、45%が実母の介護を巡る相談
『実の娘が母親を介護するのは当然』との風潮
要介護者との関係で分類すると、実母の介護を巡る相談が4498件(45%)と突出して多かった。
実父が1498件(15%)と続き、肉親の介護だけで約6割を占めた。
義理の両親と配偶者はそれぞれ13%。
実母の介護に関する相談者の84%をやはり女性が占め、実母の介護で悩む娘が多い



こんな記事を読みながら ママは実に自分が恵まれていたって改めて実感
一つにはママの超楽観的性格があると思う
とにかくこのヒト 『悩み方』を知らない
YESかNOか・・・
右か左か・・
思考時間を持たない
だから失敗することだってあるんだけど 『あの時こーしてたら・・』って思い悩む事も反省する事もない
やっちゃったものはしょーがない!
そうとしか思ってない
自分の決断に責任を持つ! ってほど大仰なものじゃなく立派なものでもない

じゃどーするか?
って事しか考えない ホントにお気楽人生

子育ては毎度云うよーに町内会を上げて・・・って感じで楽をした
おばぁちゃんが超元気な体でしっかり認知症〔要介護3〕だった
目を離せば行方不明!ってならないうちに然るべき介護ケア付きのマンションに入居して貰っちゃった

でも今になって思うけど これって人間の付き合いや金銭的な問題が絡んでくると思う
他人から得られる情報ってすごく沢山ある
自分に役立つものをチョイスしていかれれば大体の事は解決できる

マンション内で子供に挨拶しないで欲しいって言う親の要望が世間的に何の不思議もなく言えちゃったり受け入れられちゃったりする
当然 顔見知りにはならないから道すがら挨拶する事もない
こういった状態じゃ 『ちょっと お願い!』って預かって貰う事ってできないよね
『お宅のおばぁちゃん隣の駅で見かけたから連れて帰って来たけど・・・良かったかしら?』って認知症を理解してくれるご近所さんだって得られない

保護者会の会長が子供の見守りをし乍ら殺人!なんて怖い事が起きる時代は どうやって家族を守るかって事が重大な問題なんだと思う


相互理解ができる本当の友人・・・大切だよね
普段ランチだなんだってベタベタくっつき歩いてるんじゃなくって 『ここぞ!』って時に絶対頼りになる関係・・・ステキだって思う
ママはそーゆー人間にすごく恵まれてる
これってすごい財産だって思うよ



家庭内野良猫の本領発揮 

2017年04月21日(金) 21時14分
このところあったかくてお日様が優しい毎日
縞だって 床暖ヌクヌクより みんなと一緒に日向ぼっこが楽しいだろーと考えたママは 昼間の間だけ縞をみんなのところに開放してみた
1日目は夕方に 難なく捕獲
2日目も何度も逃げられたけど 暗くなった頃捕獲成功
そんな駆け引きをしながらも何とか捕獲成功のママだったけど・・・

昨日は全く捕まえられない
2回失敗した後は ママの足音・・・階段を上がってくる2~3段目で姿をくらます
もーね 流石『幻の猫』
忍者のよーに消え失せる

『あおちゃぁ~ん 捕まえといてよぉ~』って 知るか!
自己責任で頑張れ!

・・・で昨夜はとうとう捕獲できず!

今朝 もーね ママは必死 縞はもっと必死で逃げる!
ママは葵の隠れ家の段ボールに追い込む事を何度もシュミレーションしてたけど 猫なんて人間の浅知恵なんかお見とーし!

1回限りの必殺技で縞をベッドの下から葵のボックスに追い込んだ!
捕獲成功!
サァそれからが大変!
今日は通院日で検査有り
昨日出来なかった補液やら投薬やら・・・てんやわんや

午後一で病院へ

検査結果は 悪いなりにBUN クレアチニンは安定している
貧血はお高いネスプをもってしても悪化!
エリスロポエチン製剤は 使い続けるとその抗体ができてしまうという欠点がある
つまり効果が期待できない状態になってしまう訳で 一時停止して貰う事にして その間に鉄分を増やす事を検討
相談の結果 ペットチニックという鉄・銅・ビタミンB群補給の嗜好性の高いサプリを試してみる事になった
【成分(1ml中)】
鉄2.5mg、銅40ug、チアミン400ug、リボフラビン200ug、ピリドキシン200ug、
ビタミンB12 0.42ug、ニコチン酸アミド2mg

以前貰っていた増血剤は縞が嫌って吐いてしまうので 苦肉の策と言ったところでもある
病院在庫が無く 取り寄せで明日夕方に取りに行く
手ぶらで行くのも・・と思い アンディの健康診断を・・と考えたが 土曜の午後に採血しても検査に出すのは月曜になってしまう・・・
確実な数値の方が良いので検査は見送り 薬だけを取りに行く事にした


このところ狂犬病予防注射の会場接種
ブシャールがぶっ倒れたんで注射はしないで検査に連れて行ったり 今日は縞の定期通院日・・・
ママ的には縞の捕獲でヘトヘト・・・
体力は使い減りしないけど 頭脳はめったに使わないから・・・
ついでに 日頃『時間』に縛られない自由な生活しかしてないママは 時間に縛られると疲れちゃうらしい

縞は 変わりが無ければ2週間後の通院予約
ブシャールは来週水曜日頃 検査結果が上がって何ともなかったら 狂犬病のワクチンをして貰う

連休明けぐらいには犬さんチームの健康診断とフィラリア検査&マイナスなら投薬開始
ついでに混合ワクチン接種
春は何かと 忙しいママなのでした



ペットの里親キャンペーンの広告@海外 

2017年04月20日(木) 18時41分
朝っぱらから何やら激しくお掃除中なのはママ
最近あったかくなったんで 縞をみんなの仲間入りさせようと目論んで 2~3日前から昼間 存分に 日向ぼっこができるように フリーにしてる
だけど縞の方が何枚も上手(うわて)で 夕方捕獲に四苦八苦なのもママ

どうせ死ななきゃならないんだから 残された時間を 少しは猫らしく暮らさせたい・・・って言うのがママのやり方
明日はまた病院だもんね
そー簡単に捕獲されたくはない気持ち・・・葵は解るよ!

さてこんなニュースを見つけちゃいました


目を凝らしてよく見て! 動物保護団体の「里親になろう」キャンペーンが俊逸
だまし絵のテクニックを使ったステキな広告です。
ねとらぼ生物部 2017年04月20日 09時00分 更新


【以下転載】

海外で行われたペットの里親キャンペーンの広告にアッと驚く仕掛けが施されています。
一見すると、暗闇の中にホワイトでイヌやネコ、ウサギが描かれており、真っ暗な中にポツンと立っていて寂しそうに見えます。

でもよく見ると……。


暗闇の中にぽつんとイヌ
以下猫 うさぎ





ところが、画像を拡大するなどして視点を変えてみると、もうひとつの絵が見えてきます。
イヌの絵には、赤ちゃんを優し気な目で見つめる夫婦が、ネコの絵には顔を近づけほほえみ合う親子が、ウサギの絵には笑い合う母と娘の姿が、それぞれ暗闇の中に隠れていました。
これによって、ペットもまた家族の一員であり、暖かく迎えてあげてほしいというメッセージを表しているのですね。

 この広告はインドのフォトグラファーAmol Jadhav氏とディレクターのPranav Bhide氏によって、動物保護団体「World For All」のキャンペーンのために制作されたもの。
光と闇を駆使したこの演出技法に対し、ネット上では「すごい作品だ」「素晴らしい」と絶賛の声が上がっています。

Photos by Amol Jadhav for World For All


【転載ここまで】


葵的にはお気に入り!
なんとお洒落なメッセージなの!!

ペットもまた家族の一員であり、暖かく迎えてあげてほしいというメッセージ


ホント 迎えられるもんなら迎えたい!ってママ
センターからは 一般譲渡は譲渡会だけだって断られちゃうし 愛護団体は年齢制限引っかかるし ど~すりゃ良いのよ
ママが欲しいのは元気な若い犬じゃない
絶対処分されちゃうガタガタヨレヨレの犬を迎えたいだけ!

犬猫の幸せ≪だけ≫を追求するから 人間の幸せは考えてない
確かに二度と不幸な思いはさせたくないって気持ちは大いにわかる
でもさ 譲渡した犬猫が突然死んじゃうことだってある
病気の看護や介護と看取りと火葬・・・涙涙の譲渡先もある訳よ
そーゆー心のケアは手薄だよね・・・

飼いたい と 飼える は大きく異なる
高齢者が秋田犬に咬まれて亡くなった・・・
3歳の秋田犬の運動量を考えたら・・・飼う?

ママみたいに半世紀近くやってりゃ どんな奴が来たってビクともしないけど ただ悲しいだけの飼い主だっているって事
おねぇちゃんの同級生のおかぁさんがまさにその1人・・・
某愛護から譲渡されてすぐに健康診断・・・何かがおかしい・・・検査に次ぐ検査
1ヶ月ぐらいで病死
来てからの毎日は病院通いと高額支払いだけ
でもその個を最後の最後まで愛し続けた・・・

犬猫も大事な命だけど ヒトの心だって傷付きやすいい・・・
保護犬を家族に! なんて言われても 飼養不適格者と決めつけられたのでは 『ペットショップでお買い物!』という事になっちゃうのは とめられない
今迄 歴代保護犬だったママの犬友達数人
この子で最後・・・と決めていたはずなのに 数か月後には『買っちゃった!』になった
ママは否定しない 『犬より長生きしなくちゃだよ!』って笑ってるだけ・・・

ママ的には犬猫から解放された生活をしてみたいらしいけど そーはいかない!
絶対みんなで長生きしてやる!!!!



計算違い発生! 

2017年04月19日(水) 19時40分
今日は狂犬病予防接種の会場集合接種の日
とにかくただものじゃない我が家のメンバー4ワンを連れて行かなくちゃならないママ
昨日からシュミレーションを念入りに!!!
カードを書いて お金を入れて・・・
お釣りが出ないようにきっちり!

さて第一陣は 歩くの嫌いなバルド
チャリの籠に乗ってGO!
接種開始の20分前に到着

あらら結構な人がお待ち!
前のおばちゃんがもたもたやってるから・・・
あ!問診の獣医さん 知り合い
正確にはママのジム仲間!
先に受け付けてくれちゃったから 次のお会計も手早い!
きっちりおつりなしだもん 接種表とタグをもらう
注射をしてくれる獣医さん!
これまた40年来のお馴染み獣医さん

そんなわけでバルドはさっさと済んで チャリで帰宅
第2陣は残り3ワン
一応途中で この暑さだからばてちゃうと話にならないから ブシャール用にスリングもってGO!

あらららら…家を出て2〜300m 
倒れて突っ張っちゃったブシャール
こんな状態じゃ接種不可能・・
抱えて2ワンを引き連れていったん帰宅

接種終了時間が迫る中ダッシュで会場へ・・・
3ワン連れて戻るって言ってあったんでちょっと気楽!
ところが2ワン
手続きやらなにやらの間に封筒に入れてあったお金が転がり落ちゃった様で 会計時には1万円しかない
500円は公園の地面に寄付しちゃったみたい!!!
探しようもないからさっさとお釣りをもらって 注射!
お礼を言って帰ってきたとさ


そのあとブシャールを連れて獣医さんに健康診断&フィラリアの検査
ワクチン接種が可能かどうかまずは検査しないとね
結果は1週間後くらいに判明の予定
ついでに縞の金曜日予約を確認


夕方突然強風が吹き荒れて 正面向いてチャリに乗っていたブシャールが呼吸困難にならないよーに 横向きに座りなおさせたママでした

たくさんいると一人で駆け回らなくちゃならないから 結構ハードな1日になったママ
犬猫との暮らしは何よりも体力なんだって改めて思う葵なのでした!

あ・・注射は14:30からだったんで午前中にサウナ&4500mの水遊びをいつも通り完了してきたママなのでっす
おそろしい!!!(婆)←内緒


猫30匹の里親決まる@和歌山県田辺市新屋敷町 

2017年04月18日(火) 18時57分
猫30匹の里親決まる 交流イベントに3700人
紀伊民報 4/18(火) 16:45配信


不幸な猫をなくすことを目的にした愛猫者らの交流イベント「ねこのわ」が16日、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館であった。
チャリティーオークション、雑貨販売など多彩な催しに約3700人が来場した。

 主催は、田辺市のNPO「ワンニャン会」などでつくる実行委員会。
今月施行された、野良猫への無責任な餌やりを規制する改正県動物愛護管理条例に合わせ、野良猫の不妊去勢手術費用を助成する県の支援事業に連動しようと初めて開催した。

 午前10時の開場前から会場に多くの人が訪れた。

 譲渡会では、引き取り手のいない猫が次々に紹介された。
ワンニャン会の中本宣子代表(60)が「この子はすごく人懐こく、大人になっても飼いやすいですよ」などと1匹ずつ猫の性格や去勢手術の有無などを説明。
来場者は「かわいい」と歓声を上げ、家族で引き取るかどうかを話し合っていた。
1日で猫30匹の里親が決まった。

 オークションでは、ヒノキの木をくりぬいて作った猫の小屋や自転車、雑貨などが出品された。

 このほか、地域で飼う「地域猫」ルールの周知をはじめ、犬猫の相談コーナー、和雑貨や小物などの販売展示コーナー、写真展、体験コーナーなどがあった。

 友人と来場した田辺市下万呂の30代会社員女性は「ものすごい人出にびっくり。猫ファンが多いんだなと実感した」と話した。

 この催しの寄付やオークションの収益は全て野良猫の不妊去勢手術費に充てる。
実行委の事務局を務めた多田弘美さん(47)は「初めての試みで不安だったが、多くの来場者に感動。1日で多くの猫の里親も決まった。不幸な猫をなくすため、また企画したい」と話した。



【以上転載】

人間によって不幸のどん底に突き落とされた猫達が 再び不幸な目に遭わないように祈りたい
さっき ママがブシャールをトリミングから連れ帰って来た
トリマーさんの並びの家から かなり高齢の爺さんが 仔猫をリードに繋いで散歩に出て来た
そこの家 若い同居人はいなかった筈

70歳は過ぎてると思う爺さんが 子猫飼ってどーする?
90歳まで面倒みられる?
最近この辺こ―ゆー人多くて・・・

町自体が40年以上もの
住んでる人間は30歳ぐらいで 家を購入したとしても 70歳にはなってる計算
会社の一線から退いたんで暇なんだろーけど 犬猫の将来は保証して貰えるんだろーか?

まぁね 相応の年齢の犬猫が欲しかったら愛護団体に・・・って思っても 譲って貰えない
お金さえ出せば面倒な契約も譲渡後報告もいらない・・・でもペットショップにはシニアの犬猫は売っていない
そーなると仔猫・仔犬の出番

ペットショップは無くならない・・・

結局のところ 悪循環だよね





飼い犬に手を噛まれる・・・ 

2017年04月17日(月) 19時24分
飼い犬にかまれ女性死亡=3歳雄の秋田犬―北海道
時事通信 4/17(月) 19:02配信


17日午前11時ごろ、北海道斜里町ウトロ高原の無職今野**さん(79)宅の玄関前で、今野さんが飼っている秋田犬に右腕をかまれ座り込んでいると110番があった。

 今野さんは病院に搬送されたが、出血性ショックで死亡した。

 道警斜里署によると、犬は体長約1メートルの3歳雄で、今野さん宅の敷地内で長さ約2.5メートルの鎖につながれていた。
餌を入れる皿に血痕があり、餌やり中にかまれた可能性があるとみている。 

【以上転載】

飼い犬に手を噛まれる・・・
まさかの事態!
しかも亡くなってしまうなんて・・・

高齢の方の用心棒だったのかな?
おさんぽだって大変だったと思う
勝手に想像しちゃいけないけどロングリードで繋がれた世界だけが運動エリアだったりした?
それじゃストレスだってあるよね
他に家族が居てもこの時間じゃみんなお仕事とかで出かけちゃうもんね

まさか! そんな出来事だったと思う・・・
ママも気を付けないと!
アンディはガッツリ咬み付くんだから!



話は変わるけど・・・

きょう お巡りさんが家庭訪問(?)
高齢者交通安全キャンペーンだって!
ママは しっかり参加資格者なんだって

反射材をクツやチャリに貼って命を守って下さいって!
プレゼントされた!

どんなに元気ですっ飛び歩いててもこんなキャンペーンにわざわざお巡りさんが訪ねてきちゃうなんて・・・
世間じゃやっぱり『婆扱い!』
あははははは・・・


元気が一番! 

2017年04月16日(日) 21時52分
第93回日本選手権水泳競技大会 競泳競技
4日間ママはPCと仲良し
決勝に残れないレベルだけど 頑張ってる選手達の中にはまだまだ知ってる人が泳いでる
嘗ては第一線で 日本記録保持者だった人が まだまだ一回り以上も違う選手に混ざって 戦っている

そんな予選が結構気に入ってるらしい

昨日今日はマスターズの短水路
おねぇちゃんもエントリーしたらしく朝っぱらから出かけてる

つい先ごろまでは参加者も多く観客席も人が一杯だったマスターズも 最近は参加者が減って来たらしい
試合が終わって帰って来たスイマーから 『なんか寂しくなって来た・・・』って

おねぇちゃんに言わせるとエントリー費用が高くなったからじゃないかって・・・

とかく趣味や道楽はお金がかかるもの・・・



今日は夏みたいに暑かった
床暖の必要がなさそうなのでママは縞を開放
束の間の仲間と合流日向ぼっこ会!

やっぱり動物は日向ぼっこも健康の一部
ビタミンD  合成できたかな?
体調が悪いと日向ぼっこも結構疲れるんじゃないかってママが心配そうに覗きに来る
縞にはその方はストレスだと思うよ

夕方には回収されて投薬やら補液やら・・・
やっぱ 元気が一番!だと改めて思った葵でした




おしらせ 2件 

2017年04月15日(土) 16時29分

おしらせ その1


以前HPから公表されたら・・・とお約束した件
日本の保護犬猫の未来を考えるネットワークより
PWJからの回答が掲載されました


おしらせ その2


NPO法人ねこけん ねこけん動物病院
2017-04-15 11:10:56NEW !


殺処分ゼロ 野良猫ゼロ 多頭飼育崩壊ゼロを達成するために、スタートしたA−Port クラウドファインディング
560名もの方々にご賛同いただき、その他にも多くの皆様に応援して頂き、100%を大きく上回り達成し、「「殺処分0」「野良猫0」へ!! 犬猫の不妊去勢手術“無料”病院」の設立が確実となりました。

その後、ねこけんは、病院の設立を急ぎ必死に動き回りました。
そして…
ついに4月15日 正式にOPENする運びとなりました!

≪中略≫

ねこけん動物病院

〒166-0011 東京都杉並区梅里2丁目29−1

定休日 月・火

開 院 水・木・金・土・日(主に猫)

※木(犬の手術予定、お問い合わせください)

午前09:00〜

予約は18日以降よりホームページ公開後


以上





葵達を思って色々活動してℓくれる団体の考え方はさまざま・・・
今日は私見なしで転載だけさせて頂きます



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:葵
読者になる
サイトオーナー
三毛猫です
東京生まれ 12歳


サイト運営助手
(雇われ管理人)
通りすがりの猫
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像
» リンちゃん 合 掌 (2017年03月20日)
アイコン画像maasa
» リンちゃん 合 掌 (2017年03月19日)
アイコン画像葵 ママ
» 体力が無くなると・・・ (2017年01月05日)
アイコン画像maasa
» 体力が無くなると・・・ (2017年01月04日)
アイコン画像
» AM9時40分 (2016年12月21日)
アイコン画像maasa
» AM9時40分 (2016年12月20日)
アイコン画像
» 大丈夫か?がんばれ!こぶち (2016年12月20日)
アイコン画像maasa
» 大丈夫か?がんばれ!こぶち (2016年12月19日)
月別アーカイブ