川に落ちたウミガメ??? 

2017年07月26日(水) 21時51分
川に落ちたウミガメ救出 みなべ町西岩代
紀伊民報 7/26(水) 17:01配信



和歌山県みなべ町西岩代の浜で26日、産卵のために上陸したアカウミガメが川に落ち、調査保護活動をしているみなべウミガメ研究班や学生らが海に返した。

 ほぼ毎朝、浜を歩いて上陸や産卵状況を確認しているという、研究班メンバーで農家の中早**さん(35)が、午前6時半ごろ見つけた。

 川は波打ち際から30メートル奥にあり、ウミガメは砂が土手のように高くなった所から川に落ちていたという。
時折、川に落ちるウミガメがおり、自力で海に返る場合もあるというが、今回は自力で戻れる様子もなく、満潮時は海とつながるという川も途切れていたため、人の手で助け出した。

 研究班メンバーや地元農家、NPO日本ウミガメ協議会から派遣されて千里の浜(みなべ町山内)で上陸産卵調査をする学生、計5人が、川で泳ぐウミガメをつかまえた。
前足にロープが巻き付いていたため、はさみで切って海に返した。


カメさん災難だったね
卵がかえってちゃんと海に戻れるといいんだけど・・・


大自然で生きるって事は素晴らしさの裏に危険もいっぱい


今日の葵地方はどっちゃり雨こんこん
お蔭でエアコンより涼しい夜が来ちゃってます

すみれちゃんのパパからコメ頂いた!
パパと仲良く暮らしてね
葵も 応援しちゃうからね


ハーネスって犬だけ? 人間だって使ったよ 

2017年07月25日(火) 22時53分
子ども用ハーネスはあり?なし?
7/25(火) 12:02配信



教育評論家の親野智可等先生が、保護者からの質問にお答えします。

【質問】
4歳の息子は、何か見つけると急に猛ダッシュで走り出します。事故防止のためにハーネスを使いたいと思うのですが、身近な人に「そんなの恥ずかしい。犬じゃあるまいし。ちゃんと言い聞かせるのがしつけだ」と反対されています。

相談者・エアコンスマイル さん (年少 男子)


【親野先生のアドバイス】

エアコンスマイルさん、拝読しました。

子ども用ハーネスについては、「犬じゃあるまいし」「恥ずかしい」「奴隷みたい」「子どもの人権無視だ」「虐待じゃないの」「子どもがかわいそう」「世間体が悪い」「昔はこんな事をする親はいなかった」など、否定的な見方をする人もけっこういますね。

そのせいで、子育て中のママ・パパたちの中には必要性を感じながらも躊躇している人も多いようです。
でも、これは子どもの命に関わることなので躊躇している場合ではないと思います。
子どもというのは、突然思いも寄らない行動をすることがあるので、ハーネスは命綱といっていいくらい大切なものです。

私が小学校の先生だったとき、小学4年生の子どもたちを連れて遠足に行ったことがありました。
子どもたちは2列で道路脇の歩道を歩いていたのですが、突然1人の子が道路に飛び出しました。
危うくバイクにぶつかりそうになりましたが、間一髪のところでバイクがよけてくれました。
本人が言うには、「道路に空き缶が転がっていたので、拾って捨てようと思った」とのことでした。
もちろん、事前に遠足で守るべき注意点を指導しておいたのですが、それでもこういうことがあるのです。

しかも、4年生でもあるのです。
ましてや、園児やそれより小さい子では、何をするかわかったものではありません。
興味を引く物を見つけて走り出す子もいれば、何もなくても取り敢えず走り出す子もいます。
親が子どもと手をつないでいたとしても、急に振りほどいて走り出すこともあります。

お母さんが落としたものを拾おうとして、屈んだ瞬間に手を振りほどいて猛ダッシュ。
着信音がなったので、バッグの中から携帯電話を出すために、一瞬子どもの手を離した隙に猛ダッシュ。
後先見ずに走り出して、そのすぐ先に道路がある、線路がある、川がある…。
こういう状況で肝を潰したことのある人も多いはずです。

「ちゃんと言い聞かせるのがしつけ」と言われたとのことですが、いくら事前に言い聞かせても、こういうことは起こります。
何度約束しても、そのときになると忘れてしまう子もたくさんいるのです。
子育て経験者で、「自分が子育てするときは、そんなものは使わなかった」と言う人もいます。
でも、一口に子どもと言ってもその個人差はものすごく大きいので、自分の子育て経験だけで結論づけてはいけないのです。

たぶん、その人の子どもは行儀がよくて親の言い付けをしっかり守るタイプだったので、ハーネスの必要性を感じなかったのでしょう。
でも、そういう子ばかりではありませんので。
わが子に必要かどうかなどは他人にはわからないことです。
ですから、他人が何と言おうがわが子のために必要なら使うべきです。

「平成24年人口動態調査 不慮の事故の種類別にみた年齢別死亡数」(厚生労働省の調査)によると、1歳〜4歳の子どもが不慮の事故で亡くなる場合、その原因のトップは交通事故で、実に38%にものぼりました。

この年代の子どもは身体機能が発達して行動範囲が一気に広がります。
でも、その一方で、危険を予知するための知能は十分に発達していません。
ですから、ハーネスは命の綱なのです。

次に、ハーネスを選ぶときの注意点です。
中には粗悪品もあるかも知れませんので、気をつけてください。
子どもが猛ダッシュしたときに、留め具が外れたりしては意味がありませんので。

ですから、本当は、ハーネスの安全基準も作って欲しいですね。
自動車のチャイルドシートと同じく、子どもの命を守るための物なのですから。
そして、厚生労働省などがもっと積極的にハーネスの効果とその必要性を世間に啓発するとよいと思います。
そうすれば、「犬じゃあるまいし」「子どもがかわいそう」などの偏見もなくなるでしょう。
子どものためにも、親のためにも、ドライバーのためにも、そうなって欲しいものです。

もっと多くのママ・パパが、普通に当たり前のように使うようになれば、子育てがほんの少しは楽になります。
チャイルドシートにしても、出始めた頃は、「窮屈で子どもがかわいそう」「そんなもので子どもを縛り付けるより、親が抱っこした方がいい」などと言う人もいました。
でも、今は当たり前になっています。
ハーネスもそうなるといいと思います。

私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。
少しでもご参考になれば幸いです。
皆さんに幸多かれとお祈り申し上げます。



【以上転載】

昔はこんな事をする親はいなかった

あはははは・・・
いたんだなぁ・・・それが!

ママはおねぇちゃんにハーネスつけてた
葵は見てないけどね
今から30年は昔の話

40数年前から大型犬を家の中で しかも3頭!

今なら当たり前になっちゃった犬の室内飼い
その頃はバカだと思われるくらい特異なことだったらしい

時代を先取りっていうか ママはいろんなことが「突拍子もない」って言われる人間だったらしい

最近は子供の事故が多い気がする
「なんで?」「親は何してたの?」っていう言うな事故が結構新聞に載る
何かに夢中になると子供は周りなんか見ないで突っ走ったりするしね
わが子の命を守るのに 恥も外聞もないんじゃないかな?


内緒だけどね・・・
ママって 本当に人の目とかを気にしない
否 気にならない人間らしい

だからやりたいよーにやるし 生きたいよーに生きてる
そんな人だから犬や猫も好きに生きればいいって思ってる

今なぜかみんな「抜け毛期」らしくて 暇がなくても掃除に明け暮れてる
ママは 犬猫の毛がつくのが嫌いなヒト

旅行とかカフェなんかに連れ歩くなってことはしたくない
犬だって迷惑でしょ
おいしいものならお家で作ってあげるし お外ならいくらでも連れ歩く
わざわざ人混みで窮屈な思いさせなくたって 楽しい生活はいっぱいできる

お庭カフェだって 車庫カフェだって バルコニーカフェだって 年中楽しんじゃってるよ
そーゆーユニークな取り組みが 好きな人らしい

野良猫保護も要注意@マダニ用心 

2017年07月24日(月) 18時41分
マダニ感染症、野良猫にかまれ保護しようとした50代女性が死亡 
世界初、厚労省が注意喚起
産経新聞 7/24(月) 17:38配信


厚生労働省は24日、草むらなど野外に生息するマダニが媒介する感染症に感染した猫にかまれた女性が死亡していたことを明らかにした。
厚労省は同日、都道府県や医師会などに注意を喚起する通達を出した。
ダニ媒介の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、哺乳類を介して人が死亡したことが判明したのは世界で初めてという。

 国立感染症研究所によると、平成28年5月〜7月、弱った野良猫を保護しようとした西日本在住の50代女性が猫にかまれた。
女性に重大な持病などはなく、約10日後に死亡した。
半年後に感染研が女性の検体を受けて精査したところ、猫を介してSFTSを発症した可能性が高いことが分かった。

 SFTSは国内で初めて感染が判明した23年から今年6月末までに266人の発症例があり、そのうち57人が死亡。
致死率は21%に上る。


【以上転載】

マダニの媒介力・感染力恐るべし!

他人事だって思っちゃダメですよ
最近は予防薬なんかも普及してるから犬猫の足にくっついて来るなんて事も減ってるけど 昔は結構草むらや空き地で遊んだあとはちゃんと見ないとダニがくっついてる事がよくあったんだって
最初はちっちゃくてわからないんだけど 血を吸って膨らむと 小豆~大豆ぐらいになるから判り易い
上手に捕らないと爪が体内に残っちゃって炎症を起こすし 潰すと卵が散るとか言われてて ママは漂白剤の原液につけて殺してたらしい
ピンセット必須
絶対素手で触っちゃダメらしい

だけど 猫の捕獲も気を付けなきゃいけないって事だよね
TNRとかで捕獲した猫に咬まれたらちゃんと病院に行かないといけないんだね
咬まれるなんて よくある事だからチョチョッと消毒して・・・なんて気楽なものじゃない事もあるって頭に入れておかなくちゃね

ママは捕獲したらすぐレボリューションを垂らしてから病院に連れて行く
やっぱりこれって必要な作業なんだよね

多頭飼養崩壊の不衛生な環境にだってダニは生息する訳だから 今まで何事も起きなかったのは奇跡に近いのかも・・・

保護して犬猫の命を守る事も大切かも知れないけど 自分の体調もしっかり管理しないとネ
何しろ保護なんてものは体力と根気で成り立ってるようなもんだから!

ところでママですが・・・
昨日はほぼ徹夜だったようで・・・
世界水泳がなかなか始まらなくて全部見てたら お外が明るくなってきちゃったんで そのまま起きちゃった
サッサか お掃除開始!
いつ寝るんだ?
プールのウォーターベッドがあるじゃん!って泳ぎに行きましたけど!
大丈夫なんでしょーか?



世界水泳 競泳始まる 

2017年07月23日(日) 18時20分
夜中にシンクロを見てて お疲れモードのママ
最後の方は昼間に放映があったけど 眠気との戦いは変わらず

んで 今日からはいよいよ競泳
TOBIUO JAPAN Journal


4時ごろ眠さに勝てずに 気分転換に犬の散歩
帰って来てささみを茹でたり 犬さん猫さんチームのご飯を用意したり・・・
ママも腹ペコだったんで稲庭うどんをいっぱい茹でてお肉とカイワレ&お野菜たちで晩御飯
お腹いっぱいになったらきっとまた眠気が襲ってくると思うんだけど・・・

縞の処方食やサプリの用意もして 9時には補液・・・
大丈夫か?

スイマー見ながら睡魔と闘うママなのでした


あっちこっちの愛護さん達が多頭飼養崩壊に関わっている間にもセンター収容の犬達は命の危機に怯える毎日
長い間センターに収容されたままのコッカ―が 段々皮膚の状態が怪しくなってくる
単なる皮膚炎から脂漏性湿疹やマラセチアなんかに移行しないといいんだけど・・・
純粋種でも 厄介な皮膚病を抱えてると保護して貰えないのかな?
コッカ―は外耳炎やチェリーアイの子も結構いるしね


今日は猫チームまとめてブラッシング
すごい抜け毛!
にゃん毛布団ができちゃうかも!


ある犬の死 

2017年07月22日(土) 18時28分
センターのワンコさんは他のお家に行きました。
2017年05月18日(木) 12時38分


犬達の運命は人が握ってる
2017年06月01日(木) 16時46分


・・・でその犬が死んだ
子宮蓄膿症
両肩関節脱臼
右股関節脱臼
両膝蓋骨脱臼
クッシング症候群の疑
副腎腫瘍の疑
過去に骨盤と背骨の連結部分が脱臼した可能性あり
骨の曲がりはホルモンの影響かも

と言う診断を受けながら ブログでは通院治療の記載は全くない
7月18日 23時46分・・・虹の橋特派員となる

ブログには70を超えるコメントがある
最後は愛されて看取って貰えてよかった!の連発
絶対得忘れないよって・・・

先住中型犬犬3ワン
保護犬1
おまけに後から仔犬が7ワン参入

この環境に傷病犬が置かれていた
愛護は寄付を募ったんだろうから医療費明細ぐら提示しなくちゃならないだろうけどそれも見当たらない

お伺いを立てて病院にかからなければならないのが愛護に収容された犬の宿命みたいなもの
ママだったら自分の判断でいくらでも医療をかけてやったと思う

絶対忘れられないのはママだよ
家に来たからって死んでしまう運命に変わりはなかったかもしれない
高度医療が必ずしもベストであるとも言えない

でもね・・・
命なんだよ
ワイワイガヤガヤ楽しい暮らしって・・・
仲間が一杯って・・・

ストレスもいっぱいだったんじゃないかって思う
ただ傍にいて可愛がって看取るのも1つの方法ではある
医療にお金をかける事が必ずしも正しいとも言えない

突然の体調不良はあってもおかしくない
命の護り方・・・
何が正しいって言い切れない事が いっぱいあるんだよね・・・


ママはどう納得して死んでいくか
どう納得して死なせてやれるか・・・
いつもそんな事を考えて『個』と対峙している


49日・・・思うこと一杯! 

2017年07月21日(金) 19時18分
はやいもんだねぇ〜
もう バルドの49日なんだって!

ママはこのところ夜中に世界水泳のシンクロなんか見てるから 超寝不足らしい
睡眠時間は2~3時間
この暑いのによく持つよねぇ~
もう年なんだからさ・・・

今の子達は 足長いねぇ~ ってツマンナイこと感心してないで しっかり演技をみましょうよ

ママも昔々その昔・・・
シンクロの基礎は叩き込まれた
だから今でも足上げたり  逆さのまま泳いだりはできる・・・って言うか無くしたくないらしくって基本中の基本だけは毎日やってるらしい

足とかに『美』が無くなっちゃって自分でガッカリしてる

ママが元気でいてくれれば 葵達皆が安心して暮らせる
昨日なんか炎天下草むしりしてたし・・・
『蚊がいない』って理由でね


この暑いのに多頭飼養の崩壊に着手してる所は大変
でも 救いを待ってる犬猫はもっと大変な思いをしてるんだよね
きっと!

今3ワン ママ的に受け入れられる状態だけど 愛護が着手したなら命の保証ができたわけで・・・
婆ぁ引っ込んでろっ!って自分で言ってる

バルドもブシャールも 地元警察からの保護依頼
半ば強引なのは双方同じかな?

こんな風に救いを求める犬達の為に キャパはあけておくらしい
秋の家賃更新もママならない・・・明日のフードも支援頼みのところが 仔犬をいっぱい連れて行った
ママの知り合いがここでボラを始めたんだけど もう大人が判断して決めた事だから余計な差し出口はしないでおいた
その知り合いの性格をよく知ってるから のめり込まないでいてくれることを祈るだけ・・・って

早目の更新  平野区崩壊猫救援隊 

2017年07月20日(木) 15時52分
笑顔全開‼‼ たんちゃんでぇ~~~す





もーね 元気なもんですつ~か ゲンキンナもんですつ~か
しょぼくれた顔はすっかり忘れて この暑いのにすっ飛び回っておりますよ♪

ママは脱臼とかはめるの上手いわ
だちぇも拾った時 肩やひじを脱臼してて おまけに骨折もあって
でも65Gじゃ 獣医さんはこのままにしておくより仕方ないって
んで ママはお家ではめて テーピング
体ごとじゃないとちっちゃなお手々は固定ができない
締めちゃうと呼吸できなくなるし 妥協点が大変だったみたいだけど
その甲斐あってだちぇは 今じゃそんな事があったのすら忘れるくらいしっかり歩ける


ところで妥協点って言えば

猫さんの崩壊は専用ブログが立ち上がった
今迄は個人のブログだったんで遠慮したんだけど・・・こちらでっす 

平野区崩壊猫救援隊

犬の方は・・・特定非営利活動法人アルマ
その団体団体で考え方があるけど ママ的には賛同できない事が結構あったんで 敢えてリンクはしないみたい
命に対する考え方って様々だからね
CATNAP と言ってた時代から活動は知ってるけど ママとは多分そりが合わない・・・(らしい)


多頭飼養崩壊が続く・・・ 

2017年07月19日(水) 18時46分
関東甲信東海から中国・四国地方まで 梅雨明けした模様!
なんか 昨日の 土砂降り&雷で 梅雨が終了?

なんかあんまりしとしとって感じの雨が記憶の彼方なんだけど・・・

大阪で猫大人猫30匹くらい・子猫20匹以上 合わせて50匹以上
東京江戸川で犬約70頭

また多頭飼養の崩壊
糞尿屋敷登場!

なんだかねぇ〜
人間ってどーしてこんなことしちゃうんだろ?

昨日2頭で今日いきなり50とか70にはならないわけで・・・
そこまで行く段階でなんで手を打たないんだろ?

葵ん家も褒められたもんじゃないけど ゾロゾロいる
でも 自家繁殖は ママの犬猫との歴史の中で1回もない

拡散 SOSだけど 犬猫にいっくら罪が無いって言ったって 飼い主がちゃんとこの犬猫達の救済資金出すんだろうか?
たいていの場合は愛護に丸投げ!

愛護は愛護で拡散して資金物品提供を募る
結局心優しき一般市民が負担する事になっちゃうんだよね




さて 我が家のドジなたにゅ
あんよ痛いの!
ママにしっかりはめて貰った亜脱臼の足
今日はしっかり歩けてるけど ママはリハビリ程度しか歩かせない
2枚とも昨日の画像なんだけど まだ足が浮いてる

昨日はこんな感じでしかお座りできなかったけど

今日はピシッとできてるしちゃんと足をついて歩いてる

野生の本能としちゃ 弱みを見せたら終わりだもんね
ママが無理しないように監視してる

犬猫を本当に可愛いと思って一緒に暮らそうとしたなら 崩壊なんてゆー 不幸を招かない責任が 人間にあると思う葵でっす






































































































仲良く通院たにゅと縞 

2017年07月18日(火) 18時52分

犬が海で溺れていた子鹿を救助
2017年07月18日 10時28分 TBS


【動画有り】

アメリカ・ニューヨーク州で、1匹の犬が海に入り、あるものをくわえて戻ってきました。
飼い主も驚く、その意外なものとは。
 「良い子だ。こっちに連れて来るんだ!」

 沖から泳いでくるのは、ゴールデン・レトリバーのストーム君。
口に何かをくわえながら、陸に上がってきましたが・・・。
なんと、くわえていたのは子鹿です。
ストーム君は海で溺れていた子鹿に気づき、救助したのです。

 その後、ストーム君は子鹿に寄り添い、鼻でつつくなどし、子鹿を心配する様子を見せます。
子鹿はぐったりとしていますが、幸い命に別状はなく、その後、無事保護され、順調に回復しているということです。

 この種を越えた救出劇、1匹の大きな勇気が小さな命を救いました。(18日07:21)


【以上転載】
日本じゃ小鹿が犬の食料になっちゃったけど・・・
流石レトリバー!
本領発揮ってとこだね

今日は葵地方にも 凄い雷雨がありました
ママは 縞の通院日の今日 午後からは怪しい! って午前中に縞とたにゅを連れて受診に!
おねぇちゃんがお休みだってわかってたから ママは昨晩 たにゅの様子をメールしておいた

朝っぱらおねぇちゃんは病院同行する気満々で チャリで来た
縞は体重も2・65kgにUP
たにゅは4・2kg
足が厄介な事になっちゃってたんでトイレも行かないしご飯も食べない
脱臼の可能性が一番高いと思いつつも跛行はしているけど痛がらない
大袈裟子なのでちょっとしたことでもキャンスカ騒ぐのに 何処を触っても鳴かない

内臓か神経かややこしい事になってなきゃいいけどって思いながら レントゲンで確認
膝蓋骨亜脱臼と股関節亜脱臼
ママが確認しながらはめちゃったみたいで外れてはいなかった
外れ・・・じゃなくってズレてた
保護時にかなりのパテラだった
上手に付き合い筋力強化で事なきを得て来たが 流石にシニアとなれば様々支障も出て来る
しかし いっぺんに2か所も亜脱臼しなくたっていいのに・・・
股関節のはまりは正面から見れば異常はないが 横向きに映すと若干はまりが浅い

色々相談の結果 痛み止めを使うと 痛くないと思い動き回ってしまう犬なので 痛いまま安静にさせる事になった
勤務医の獣医師は 脱臼をはめた経験が無く 院長が休みなので・・・と

大丈夫です状態が分かったのでこちらではめて様子をみます
ってママは 自分が脱臼とかいっぱいしてるから 新米のホネツギより上手にはめられる
お家に帰ってちゃんとケアしたらご飯も食べて水をがぶ飲み
オシッコもたっぷり!

折角ちゃんとしたのに 雷に驚いてソファーから飛び降りてまた痛くなっちゃった
んでまたママが点検!

靭帯とかには亀裂も異常もなかったから きっちりはめて安静にしておけば元通り痛みのない生活に戻れる筈

ママは『犬なんて3本足でも暮らせるから!』って暢気なもんだわ

縞のソルラクト3セット お薬2週間分貰って縞を忘れて帰りそうになったママ
でも2~3歩歩いて気が付いた!
重さが一緒ぐらいなんだもん!って オイ!

まぁね おねぇちゃんが赤ちゃんの時 デパートに忘れてきちゃって 駐車場まで行って『なんか持って来てたけど・・・』暫しの思考タイム
『あ! 赤んぼ!』
売り場の店員さん (ママはここの常連だったから) 『ママ気が付いて戻ってきますかねぇ』ってバギー揺すりながら子守してくれてたって
『あ! 気が付いて戻ってきましたねぇ~ 良かったですねぇ~』
ママにしちゃ今迄犬猫忘れて来なかっただけ上出来なのかも!



たにゅ あんよ痛いの!(´・ω・`) 

2017年07月17日(月) 22時22分
寝不足のママの頭は回転するんだろーか?

たにゅがいきなり跛行
足をももから足先までチェック
痛がる箇所はない
爪もチェック 異常なし

内臓か?
素人の触診程度でわかるかどうか・・・
何処を触ってもキャンとも言わない

散歩に行きたがるが無理に歩かせたくはない
ブシャールとアンディを別々に散歩させた後 抱っこで外気浴

地面に置くが動こうとはしない

椅子には飛び上がれる("^ω^)・・・
左後肢・・・

明日までに回復しなければ 縞の通院日なので 一緒に連れて行ってレントゲンでもとってくるか・・・

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:葵
読者になる
サイトオーナー
三毛猫です
東京生まれ 12歳


サイト運営助手
(雇われ管理人)
通りすがりの猫
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像葵&葵ママ
» ハーネスって犬だけ? 人間だって使ったよ (2017年07月26日)
アイコン画像すみれパパ
» ハーネスって犬だけ? 人間だって使ったよ (2017年07月26日)
アイコン画像沙流
» 隣の家の犬に殺虫剤ソーセージ @愛知県 (2017年07月06日)
アイコン画像Liner
» シャトの反応 (2017年07月06日)
アイコン画像
» 19時20分 バルド 逝く (2017年06月05日)
アイコン画像maasa
» 19時20分 バルド 逝く (2017年06月04日)
アイコン画像maasa
» 土・日の色々 (2017年05月28日)
アイコン画像maasa
» 心タンポナーデ (2017年05月27日)
アイコン画像葵 ママ
» 心タンポナーデ (2017年05月27日)
アイコン画像maasa
» 心タンポナーデ (2017年05月27日)
月別アーカイブ