トレースのスティーブンスツヤクワガタ

May 07 [Sat], 2016, 7:40
今でも、看護師は慢性的に人手が不足しています。この人手不足をどうにかするには、現在、看護師の資格を取得していながら今は看護の職業に就いていない人に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いでしょう。それには、柔軟な働き方が可能なように、すぐにでも、医療機関が直すべきところは直していくべきなのです。



看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、結局のところ、ブランクがあったとしても心配はいらず、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。

その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きな原因といえます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ極端に言えば50代だったとしても、復職が可能です。免許が必要な専門職である看護師は、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。



きっかけが結婚や出産だったり個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職そのものが危ぶまれます。
もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。看護士の働き口は沢山ありますが、自分の希望に合った求人が確実にあるとは限りません。

看護師の資格を持っている方ならば就職すればそれで良いという人は少ないはずです。年収ができるだけ多く環境も整っており、夜ではなく日中の勤務をしたいと考えている人の数は多いものです。

希望にピッタリの転職をするには、多くの情報を入手しなければいけません。看護師の初任給は低いと思います。


実際に病院に入院して一日、看護師をみていると、重い症状の患者が病院にいなければ、一定の業務をこなすだけですが、その仕事量だけでもかなり大変です。
重篤な患者が入院している際には、さらなる激務となってしまい、気持ち的にも相当ストレスが強まるでしょう。

看護師というのは、大変なこともたくさんある仕事ですが、一生継続しやすい仕事であるというふうにも考えられています。妊娠により、一度休みを取ったとしても、復職しやすい職業です。ハイレベルな専門性が産休の後の復帰のしやすさにつながっていると思われます。

就職先に困ることがないとされるわりに、離職の割合が高い職種です。
基本的に、看護師は患者の方の命に影響を与える仕事をしているので、非常に精神を酷使しています。



だけど、それでいて、高給とは言い難い報酬で仕事しています。やはり、看護師の仕事への意欲を向上させるために、是非とも給料を増やしてほしいと考えます。



看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで看護師の中でも小さな子を持つ場合には不安材料となります。
未就学児であれば、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、病院付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。
なので、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も多数存在するようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:望愛
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aofxttkbseheto/index1_0.rdf