高岡市伏木古国府の国重要文化財・勝興寺に伝わる七不思議の一つ

April 12 [Fri], 2013, 22:30
 高岡市伏木古国府の国重要文化財・勝興寺に伝わる七不思議の一つ「実ならずのイチョウ」の5年にわたる樹勢回復事業が11日、全ての工程を終えた傷んだ木の根を救うため、土の入れ替えを行ってきた関係者によると葉の色が濃くなり、新しい根が出るなどの効果が表れてきたという

 勝興寺には、たたくと金属音がする「天から降った石」や、3枚の葉を付ける松の木「三葉の松」など七つの伝承が残る実ならずのイチョウは、実をめぐるけんかをやめさせようと、住職が読経すると翌年から一粒の実も付けなくなったといわれる

 イチョウの樹齢は300年以上とされ、根元近くの幹回りは約5メートルある巨木2008年、葉が黄緑色になるなど樹勢の衰えに気付いた勝興寺文化財保存・活用事業団が対処を検討した樹木医の調べで、土が踏み固められ、根が窒息状態になっていたことが分かった根の先端は腐り、葉の量は本来の6割程度に減っていた
映画好きの人ならご承知のとおり、ここ数年、邦画が元気だ作品の質が劇的に上がったかどうかという問題はまた別として、2008年から昨年まで5年連続で、邦画全体の興行収入(以下、興収)が洋画全体を上回っているその“邦高洋低”の状況がとくに顕著だったのが昨年で、興収全体の65.7%を邦画が占めるという圧倒的な勝利を収めた約2/3というのは、驚異的な数字! テレビドラマと連動した作品の成功や、若者の字幕離れ(=洋画離れ)、洋画におけるスター不足、シネコンの普及による気楽に観られる作品の人気など、その原因はいくつも挙げられるが、では2013年もこの傾向はさらに加速するのか? どうやら、そう単純ではなさそうだ

邦画の中心は宮崎駿、5年ぶりの新作
2012年の邦画大勝の要因のひとつは、夏映画2作の大ヒットで、「海猿」と「踊る大捜査線」の最新作が、それぞれ73.3億円、59.7億円を稼ぎ出した人気シリーズなのでこの数字は物足りないくらいでもあるのだが、他の作品に比べ、飛び抜けた数字なのは間違いないでは2013年、夏の邦画は、何がメガヒットを確実視されているかというと、爆発的なパワーをもった作品が存在しないのである「海猿」「踊る」と同じ、フジテレビ×東宝のパターンで、福山雅治の「ガリレオ」シリーズ最新作『真夏の方程式』(6月29日公開)があるが、「海猿」や「踊る」ほどの爆発力は望めない原作が人気の『少年H』(8月10日公開)も若い層に広くアピールするのは難しそうだし、『ガッチャマン』(8月24日公開)も過去の同種の作品を考えると特大ヒットに至るかどうかは予想がつかない

当初、2013年の夏は、スタジオジブリの作品が2本同時に公開されることが話題だったが、結局、宮崎駿監督作『風立ちぬ』(7月20日公開)の1本になり、邦画はこのアニメが中心の興行になるだろう『風立ちぬ』も、宮崎駿5年ぶりの作品とはいえ、ファミリー映画というより大人のラブストーリーなので、興収は未知数だ

夏のスタートダッシュはウィル・スミス!?
いっぽうで洋画は、年明けから『レ・ミゼラブル』『テッド』と、予想外の作品が興収を伸ばしている配給会社には「うれしい誤算」だが、内容と宣伝方法によっては、まだまだ洋画ヒットのポテンシャルは無限だと言えることを証明した例年ほど邦画の威力が大きくなさそうな今年の夏は、洋画にとって躍進のチャンスだろう言い方を変えれば、観客の洋画離れを食い止めるために、今年の夏を逃したら、ますます洋画の立場は危うくなるかもしれないその勢いをつけるための、試金石となりそうな作品は何だろうか


『アフター・アース』
まず、夏の初めに勢いをつけそうなのが、6月21日公開の『アフター・アース』だ人類が地球を捨てた1000年後の未来を舞台にしたSFアドベンチャー超大作で、ハリウッドスターの中ではその主演作が日本でもコンスタントに数字を稼ぐウィル・スミス主演であるうえ、実の息子ジェイデンと共演するなど話題も豊富ウィル親子+想像を超えた映像の組み合わせは、夏映画スタートダッシュの牽引役としてふさわしい

続いての“中押し”は、7月6日公開の『モンスターズ・ユニバーシティ』と、8月2日公開の『ローン・レンジャー』前者は、あの『モンスターズ・インク』の続編で、キャラクターの知名度からいって大ヒットは確実前作の興収が95億円なので、ひょっとしたらこの夏の稼ぎ頭になる可能性もある「ポケモン」「アンパンマン」といった邦画アニメとの激戦をどこまで勝ち残れるか楽しみだ後者は、主演ジョニー・デップ、監督ゴア・ヴァービンスキー、製作ジェリー・ブラッカイマーという「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの黄金トリオジョニーはジャック・スパロウも超える奇抜な容姿で登場するディズニーランドのアトラクションを原案にした「パイレーツ」に比べ、なじみのない題材とはいえ、『アリス・イン・ワンダーランド』も含め、ジョニーの過激キャラ=特大ヒットという神話の威力があれば、期待以上の数字も夢ではない

スーパーマンはどこまで日本にアピールできるか
そして夏映画の“とどめ”として挙げたいのが、8月30日公開の『マン・オブ・スティール』タイトルからはピンとこないが、あの「スーパーマン」を主人公にした新作だ日本ではなかなか当たらないと言われてきた、アメコミヒーロー映画も、ここ数年、バットマンの「ダークナイト」3部作、ヒーロー集結の『アベンジャーズ』などで、その評価が一般観客にもじわじわ浸透してきた感があるこの新スーパーマンは、「ダークナイト」シリーズの監督、クリストファー・ノーランが製作を務め、キャストにも、スーパーマンの実の父親と地球での親を、それぞれラッセル・クロウ、ケヴィン・コスナーが演じるなど、一般にアピールするポイントは多いスーパーマンというキャラクターが他のヒーローに比べ、いまだに日本でも知名度が高いという点は有利だし、一部完成した映像を観た人からは、すでに大傑作になるとの声も高まっているあとは、日本の観客に向けて、どんな宣伝が展開されるかにかかってくるだろう
“邦高洋低”の現状が今後、どう変わっていくのかこれらの注目作品の動向により、この夏の興行はひとつのターニングポイントになるのではないか

『マン・オブ・スティールテクトロニクス社は4月10日、パワーアナライザ市場に新たに参入すること、ならびに同市場向け第1弾製品となる高精度プレシジョン・パワーアナライザ「PA4000シリーズ」の提供開始を発表した

【拡大画像や他の画像】

パワーアナライザは、パワー・エレクトロニクスのエンジニアによって、主に多相のパワー・エレクトロニクス・デバイスの設計、テスト、検証向けにモータ駆動回路、電気推進、バックアップ電源、代替エネルギー、高効率照明などの分野で用いられているが、近年の世界的な省エネへの要望の高まり、自動車のエレクトロニクス化の加速、SiCやGaNといった新デバイスの台頭などがあり、急速に市場が拡大しているテクトロニクス社のマーケティング部部長である田中雅彦氏は、「エネルギー関連、特に電気自動車や再生可能エネルギー分野でのパワー解析のニーズが世界的に高まっているこれまで我々もパワープローブやオシロスコープを提供することで対応を図ってきたが、カスタマからトータルソリューションで同分野をカバーしてもらいたいというニーズを受けて、パワーアナライザへの参入を決定した」と、その背景を説明した

新市場への参入をする場合、すべてを自前で用意するか、すでに参入している企業を買収するなどしてその資産を継承するといった2種類の方法があるが、今回同社は後者を選択Voltechの持つ知的財産、パテントおよび製品デザインを含むパワーアナライザ技術全般を取得(Voltechは2013年9月30日付でパワーアナライザビジネスより撤退)して、同市場への参入を果たした

これにより同社が提供するオシロスコープとパワープローブ、パワーアナライザと、同社子会社のケースレーインスツルメンツが提供するパラメトリックカーブトレーサーとソースメータ(SMU)を組み合わせることで、パワー解析に向けたすべてのソリューションが提供できるようになった

実際のパワーアナライザはシステムやコンプライアンスの計測に用いられ、高調波や位相角、効率などの測定を行うオシロスコープでも測定できるものがあるが、パワーアナライザの方が測定に対する精度が高いほか、各規格に対するコンプライアンス試験への対応がなされているといった特徴がある

対象アプリケーションは電源関連すべて今、注目を集めているのはグリーンエナジー、省電力/高効率電源、電気自動車の3つのアプリケーション

今回発表されたPA4000シリーズでは、パワーアナライザで最も重要なスペックである測定確度として電圧/電流基本測定確度0.04%を実現しているこの測定確度は実環境下でも同程度の確度を安定して提供することが可能であり、決してスペックシート上のものであったり、校正期間も1年と実用に耐えるものになっている

また、1〜4ch(各chごとに14ビットA/Dコンバータを搭載し、1MHzの周波数帯域)の入力に対応し、外部インタフェースとしてもUSB、LAN、RS-232Cを標準装備しており、さまざまな用途に対応することが可能となっている

さらに特許申請中の独自技術「スパイラル・シャント(Spiral Shunt)技術」を用いることで、多くのアプリケーションで一般的に見られる歪みが大きい電力波形であっても、安定した正確な電流測定を実現することが可能となっているまたチャネルごとに2つのスパイラル・シャント(最大1Aの正確な低電流測定用と最大30Aの大電流測定用)を内蔵することで、最大測定電圧は1000VRMS、2000Vpeakを実現している

加えて独自のDSPアルゴリズムを採用することで、ノイズや瞬時変動のある被測定信号に対しても安定した周波数トラッキングを実現できるほか、クレスト・ファクタ(波高率:波形)として従来のパワーアナライザが6などだったのが10まで対応可能としており、SiCやGaNなどの次世代パワーデバイスへの対応が可能となっている

このほか、GUIとしては、電圧や電流の実効値や有効/無効電力、皮相電力、クレスト・ファクタ、周波数、位相角度、積算有効電力量などの表示が可能なほか、高調波測定では100次まで対応しているまた、オートレンジ機能を搭載しているため、信号が変化しても高速に追従して、漏れなく測定することが可能なほか、特定アプリケーション向けのテストモードも用意例えばPWMモータ駆動テスト、待機電流テスト、電子バラストテスト、積分モードなどが用意されており、こうした各種操作はフロントパネルに配置されたボタンを1タッチするだけで切り換えることが可能となっている

外部のPCを用いて解析するソフト「PERVIEW」も用意されており、測定データのダウンロードや特定アプリケーション用テスト、レポート作成などを行うことも可能だ

なお、同シリーズはすでに受注・出荷を開始しており、価格は1入力品が108万円(税別)、2入力品が143万円(同)、3入力品が168万円(同)、4入力品が198万円(同)となっている「かなり戦略的な価格に設定した」と同社では説明しており、特に次世代パワーデバイス(SiCやGaN)による歪みでこまっているカスタマを中心とした、今のパワーアナライザによる測定で困っている分野への参入を皮切りに市場シェアの拡大を目指していきたいとしている
』(C)2012 Warner Bros. All Rights Reserved.
 同事業団は、造園・造林業の富山興業(同市博労町)に樹勢回復事業を依頼し、09年春に作業が始まった

 作業では根元に近付けないよう、木を囲う柵を5メートル広げた回りを放射状に5区画に区切り、木に負担を掛けないように年1区画ずつ土入れ替えて堆肥を混ぜたこの日は、作業員が最後の区画の土を入れ替えて工程を終えた

 富山興業の担当者は「土をほぐした部分に新しい根が伸びている葉の色も良くなり、量も増えた」としている同事業団の山崎孝之理事長は「木が元気になってきた今後も何かあれば、対処していきたい」と話している

 勝興寺には、たたくと金属音がする「天から降った石」や、3枚の葉を付ける松の木「三葉の松」など七つの伝承が残るルイヴィトン財布 2013

 勝興寺には、たたくと金属音がする「天から降った石」や、3枚の葉を付ける松の木「三葉の松」など七つの伝承が残るヴィトン 新作

 勝興寺には、たたくと金属音がする「天から降った石」や、3枚の葉を付ける松の木「三葉の松」など七つの伝承が残るルイヴィトン財布 2013
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aofiowe88/index1_0.rdf