こんな薬に味覚異常の副作用が

April 08 [Wed], 2015, 14:08
副作用として味覚異常が知られている薬剤は、ACE阻害薬(降圧薬、山L管拡張薬)、抗パーキンソン病薬、抗リウマチ薬、抗結核薬、抗生物質など多岐にわたります。

薬剤性の味覚異常とわかった場合問題となる構造をもっていない成分に切り替えるなどいろいろな解決法があります。

亜鉛は、生体内にある300種類以上もの酵素の働きに関与していま震その働きは実に多彩ですが細胞の新陳代謝や免疫機能の維持、性ホルモン分泌の調整には不可欠とされているミネラルです。

商品によって含まれる亜鉛の量は異なります。

含有成分や含有量を確かめ、それぞれの商品の摂取目安量を守って、バランスよく亜鉛を摂取するようにしましょう。
P R