高尾山へ再び・・・

November 26 [Fri], 2010, 14:15
月初旬に、の玲樺さん、ぐさん、あれくさん、ネロリスターさんと高尾山へご一緒させて頂きましたその日の私の辞書には、ペース配分とか大人の配慮等の言葉はなぜか消えており、はしゃぐ疲れて無口休憩はしゃぐの繰り返しで、小学年生の男子レベルで大変楽しませて頂きました。大人の皆さん、その節は甘えさせて頂き、本当にありがとうございましたがしかし、精進料理でお腹一杯だったことや、大人のみなさんにご迷惑をおかけしないようにということで買い食いは自粛しており、次回に備えて物色だけ。今度は歩かず、ケーブルカーでリベンジじゃとの決意を胸に下山したのでした。おおげざそして昨日、いにリベンジの日が訪れたのですビールを飲みたい為、電車で行こうという主人に甘え、たまには車がいいなぁということで、めちゃくちゃ久々のドライブ雨が上がったのを確認し、に出発進行今乗っている車は、なんとCDが聴けない状態ということで、私がジュークボックスとなり、いろんな歌を歌ってあげました。まぁ、CDが聴ける車であっても、いも勝手に手のひらを太陽にとか、マイネームイズウマン等、いろんなジャンルを歌うリクエストも受付道すがら気になった看板を変な声顔で読むいも主人を楽しませています本人が楽しいと言っているので、思い込みではございませんそして頃到着。あ、駐車場がどこも満車トップシーズンだもんね。そんな気はしていたけどでも、そろそろ帰る人達が出てくるだろうということで、少し周囲をぐるぐる車で回っているうちに、空きがチラホラ出て参りました。今回も、ケーブルカーではなく、自分の足で休み休み登りましたよお腹が激空きの状態だった為、チョコレートを一口、二口。かなりの頻度で休憩をえへっさぁて、薬王院に到着です茶屋の道案内はお任せを登山は相変わらずゼィゼィのヨチヨチだったのに、茶屋付近から急にピッチがあがり、スキップしそうなくらいのテンションアップまず、数件の茶屋を二人で物色し、とりあえず肉まんとカステラまんじゅうを半分こしました。正直言って、あまり美味しくなかったです正直言って、苦しかったですと涙ながらに語った時の斉藤仁選手柔道のように読むことそしてお参りをし、私だけおみくじをまさの凶でしたが、括りけてきたのでもう厄は去った、大丈夫と気を取り直し、さらに天然石入り開運おみくじも。わぁい、大吉だ大吉だしかも天然石入りだそう書いてあったのだから、当たり前。円の凶より円の大吉の方がなんとなく効力がある気がしたので、良しとすることにその後は待ちに待った食べ歩きタイム。力だんごという小粒のお団子黒ごまのお団子に、きなこと黒蜜がかかってますを半分こし、権現力ソフト葡萄酢、炭火焼団子みんな食べている大きなお団子。黒ゴマのお団子を炭火焼で焼いたもので、買うとその場で甘辛のタレをけ、さらに炙ってから渡してくれます。と次々に制覇どれも美味しかったですが、力団子と炭火焼団子は大変おすすめです。だが、腹ペコ虫達は、それでは当然納まらず最後は、山菜そばと山ウドの油炒めをこんな素敵な風景の中で頂きました帰りのケーブルカーは大混雑で、待っている間に途中から少し雨が降り出しました。そんな中、ラッキーなことに満員のケーブルカーの中で座ることができて、大吉に感謝したのでした。あぁ、満喫満喫いえ、満腹満腹そんなこんなで、あまりの満腹さ加減により、夕飯は食べられませんでしたとさ。めでたしめでたし。あ、めでたくない紅葉に全く触れてない紅葉は写真のように大変美しく、雨上がりの山道に並ぶ木々達は、癒し効果抜群で、心が洗われました車で片道約時間半と思っていたより近かったので、また行きたいと思うのでした。めでたし、めでたし。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ao81d63qvm
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ao81d63qvm/index1_0.rdf