最近・・・ 

November 04 [Sun], 2007, 11:57
うれしかったこと


悲しかったこと


びっくりしたこと


ショックだったこと


できるようになったこと


努力していること
■メールは24時間以内に返信
■帰宅するときデスクをきれいに
■早めに出社
■休日の充実度UP

読んだ本
■マンガ 働きマン
■「スタバではグランデを買え」
■「世界がわかる地図帳」
■「コーチングの神様が教える」

よく読む雑誌
■日経ビジネスアソシエ
■日経アーキテクチュア

よく見るテレビ番組
■水曜夜ドラマ
■WBS

見たDVD


好きな色
■青とか水色とか

好きな服
■なんかちょっとかわっててかわいいやつ

よく聴く音楽
■レゲエ

プライベート。 

October 21 [Sun], 2007, 13:39
読み返したら…仕事のことばっか。
なんかやんなった。
だからプライベートいきまーす!




やたら80年代アメリカ的な骨董品屋でみつけた、かざりもの。
店主のおやじさんが、カナダ大使館勤務の人からゆずってもらったものらしい。
白い部分は貝殻です。たぶん手作り。
とてもきれいで一目惚れしちゃった。

てかこの店、めちゃくちゃ広いんだけど。
しかもシカの剥製(全身…)とかだらけで一人で入るの躊躇したんだけど。
店内に踏み入れるとなんだか心臓がどくどくして身がキュっとなった。
ぜったいなんかいるって!!霊とかいるって!!
剥製だらけなだけになんか背後から撃たれるかもだって!!
マジびくびくびくびくびくびくした。
でもまた行きたい。笑
だって日本では見た事ないような風変わりなものとかたくさんあっておもしろいんだもん
チェーン店ではみつからない、昔の素敵な物ってきっと
こういうところで掘り出すものなんだとおもったよ。

「前だれが使っていたかもわからないものを…きもちわるい」という人もいるけど。
私は、
「こういう飾り物をわざわざ骨董品屋にもってくるっていうことは
 それなりの思い入れがあったということなんだろう
 前はどんな人の家で大切に飾られていたんだろう」
「これを作った人はどんな思いを込めてひとつひとつ作り上げていったのかな」
などと考えて、見知らぬ誰かとの縁を感じ、想像し、わくわくします。

 *   *   *


休日はもったいないので8時にはおきます。
といっても前日22時には寝てるので睡眠時間的には十分です。
(夜って起きてても、本読むほど元気残ってる訳でもないから、だらだらしちゃって
 いつも後悔するから)

朝、洗濯機をまわしながら床の拭き掃除してるときが
今はいちばん幸せ。

仕事と肌調子は反比例 

October 20 [Sat], 2007, 22:04
「せっかくだから
 楽しもう」

なんて、書いてたんだ。
いつのまに。
わすれてた。

どんだけ仕事必死なんだよっていう。
もう。


 *   *   *


最近。

会社出て家帰ってビール飲んではじめて仕事おわった実感わく

最高の味をかみしめたらすぐに22時台

んですぐ寝ちゃう

6時におきる

日経アーキよみながら出勤

ひそかに一番出社をねらってる

牛乳1リットルパックを会社冷蔵庫に買い置きカフェオレつくってまずは事務処理



やっと仕事らしくなってきて
毎日の新しい出来事に頑張れて
様々な出会いに感謝してる


こんなに充実してるにもかかわらず

こんなにイキイキしてるにもかかわらず


なんでこんなに肌があれるんだーーーーー

なんでこんなに「疲れてる?」ってきかれるんだーーーー


いままでのあたしが元気すぎたからだよね
そうだよね
そうだと言ってくれ

ほんとに

ほんとにほんとに

「疲れてるぽい人」にはなりたくないんだ

原因つきとめなきゃな

初・愚痴りたい。 

October 18 [Thu], 2007, 21:28
むう。

世のなかってほんとに。

ほんとにほんとに。

いろんな人がいるんだなあ。。




苦々しい思いを抱いてしまった。




明日と明後日は、出勤日。

ホテル泊まり。

もちろん夜は懇親会。



せっかくだから

楽しもう。

巨大ヒラメ 

October 12 [Fri], 2007, 22:04
でかっ!!

刺身のしゃぶしゃぶなんて人生初でした。
めちゃ旨です。

かっこええよサッチャー 

October 04 [Thu], 2007, 23:24
来週から、
私がずっと関わりたかった仕事に
すごく近い環境を与えられることになった。

上司が期待するところの、私がその仕事に関わる労力は、
全体の割合からすると 8:2 くらいの、
2の方だけど。

8をこなしつつ、2のためにこそこそ動き回って。
2のほうで成果を上げてきたら、
2を3、3を4に引き上げていっても 誰も文句はなかろう。



   幸運だったのではない。
   私はそれだけの努力をしてきた。



あ、これ、
マーガレット・サッチャーの言葉ね。

少々かわいげがないが。
かっこええ。
 



選ぶほうの側に、人間の感情が関わる余地ある以上、
すべての人に同じ確率で
「よいこと」が巡ってくるわけではないことは自明。

たとえその、選ばれるチャンスが巡ってくる確率は同じだとしても、
自分に向いてくるベクトルにどのような力を加えるかは
完全なる自由。

力の加え方次で、得られる結果がまるで異なってくる。
それはつまり、
努力が結果に反映されるということ。
ああなんて公平な世界なんだろ。


私が仕事に関してサッチャーみたいなことをいえる日は
まーだまーーだまーーーーだまーだ遠い。
もしかしたら、
生涯こないかも。

けど。
それぐらいの気概を持って、取り組んでいければ。
と思う。

うつった。 

October 04 [Thu], 2007, 21:22
友人の引越の手伝いにいった。
大好きな彼とやっと、一緒に暮らせる準備が整ったって。

その彼が、ひたすら部屋を片付けて。
友人はあっちへいったりこっちへきたりそわそわ落ち着かず。
そんな様子が自然でした。

人の幸せをみるとき、
こっちまで幸せな気分になれる。
暖かみを思い出せる。
街行く家族連れとか、恋人同士とかをみてもそうだけど
親しい人たちならなおさらです。

境界点線 

October 02 [Tue], 2007, 21:25
仕事の日はプライベートはあきらめてます最近
今はそれが嫌じゃないです
せっかく働いているからには結果出したいからです
中途半端なところに結果なんてついてこないことわかってるから
今はとりあえずがむしゃら。


とはいっても週休2日、祝日もちろん休み、有給もちろん取得、
だと
全体の三分の一は休日なのです


三分の一って結構な時間あるよ
すんごい働いてるように思えるけど所詮三分の二しか働いてないよ




しかし
普段ほとんどイライラしない私が
上司の小言に(はいはいわかったわかった)
教育係の長い話に(要点まとめてからにしてくんないかな)


とか思ってて 
あわてて打ち消し無理矢理反省しなきゃ苦々しさが消えない始末



こんな自分すきじゃないなあ

つかれてるのかなあ



次の休日は、静岡にて
バランス取り直し。

ゆるやかなこだわりをとっぱらった自由をつかってみた 

September 29 [Sat], 2007, 22:31
今日 
自分と真っ向から対立することを2つもした


ひとつは、漫画を買った 
しかも50代の恋愛漫画であった

「漫画って作者が意図する絵がすべて揃っててつまんない」  そんな思いを忘れてみた
50代しかも離婚しかも再婚への恋愛なんて考えた事がない  そんな未知をイチ話としてみてみた



もうひとつは、ブラザートムのコラムを読んだ 
彼に対する 好<嫌 な気持ちを無視してみた




ちなみに読んだのは  弘兼憲史 『黄昏流星群』第一巻
&巻末コラム


漫画も悪くないかもな ていうのが感想
で、ブラザートムを見直した ていうのも感想

なぜにこだわり 

September 29 [Sat], 2007, 22:26
好きなことときらいなこと
それが特徴
それが傾向
それが結果的にこだわり

だとしたら


こだわりのない人はつまんない

だって何をきいても「なんでもいい」っていう人はつまんない



けど「絶対これじゃなきゃやだ」っていうのもつまんない



ならば、わかった。

こうすればいい。

ゆるやかなこだわりと
それをたまにはとっぱらってみる自由





ブラザートムの文章を読んで感じたことは以上。
P R
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像なぎ
» 初心にかえる (2007年08月27日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ao-i-sora
読者になる
某企業総合職の新入社員。 女。 つらつらと。 書くかも。
Yapme!一覧
読者になる