(無題)

May 04 [Wed], 2011, 5:30
 

過去の自分では理解出来ない位置に今いるのかもしれない。
それはもちろんいい意味で、なんだけど。


だからこそ、尚更思う。

きっと分かり合えない。
あの人とはこのまま疎遠になるのが必然だったんだろう。
ならば足掻くのも無駄足なだけで。


気にするなと告げる心の声と、心配に思う気持ちは、相反しているからこそ私の人格を形成しているのかもしれない。

(無題)

April 15 [Fri], 2011, 1:16
 

自分が分からない。


何をどうしたいのだろう
何を考えているのだろう
何を思っているのだろう

僕の望みはなんなのだろう




あぁ、そうか

僕の望みは至極単純

一人で泣かないでほしいんだ
無理に笑わないでほしいんだ
全部抱え込まないでほしいんだ



いつか、
僕の大好きな本当の笑顔で
笑ってほしいんだ



そのためになら
僕は如何様にでもなろう

道化師でもペテン師でも
なんでも構わないさ





本当の愛を失った人の
愛が哀に変わりゆく中で

一体どれだけの意味があるかは
永遠に解り得ないのだけど


目に見えるものだけが
真実なんだ




真実は変える為にある

ならば精一杯抗って
君の笑える真実を作ろう



僕はそのために存在する

(無題)

April 12 [Tue], 2011, 0:30
 

叶いもしない願い


一言でいいから、
祝福されたい

きっと彼女は知らないけど

祝って欲しい



なんて、思ったところで
無駄なのだけれど

明日、現実を見るだけ

(無題)

April 11 [Mon], 2011, 3:30
 

愛しい。愛しい。愛しい。


日が経てば忘れられると
消えてくれると
そう思っていたのに。

過ぎていく時の中、
想いは募る一方で。

こんなの認めたくなくて
でも否定する度に苦しくて
目の前が霞んでいって。


あぁ、なんでこんなにも
貴女を必要としているんだろう


気付かなければ良かった?
認識しなければ良かった?

いや、違うか。

これは必然なんだから。
ifじゃない。ifはない。







浅き夢の中で見たものは
色褪せてしまった過去

束の間の幸せなんて
遠い昔に消えていった

今でもまだ
瞳を閉じれば君が浮かぶ
笑顔だけ思い出せない


一度だけでいい
過去に飛べるのなら
君の笑顔を記憶させて
独りでも笑えるように

君の笑顔と生きさせて

(無題)

March 01 [Tue], 2011, 2:39
 

気持ちに蓋をすることが
ここまで困難なことだなんて
過去の僕はきっと知らない

ただなんとなく、
ダメかなって思った時には
既に消えてくれていたから
無理矢理忘れる、なんて
する必要が無かった


それはあくまで今まで


今の僕は愚考に溺れそうだ

ひとつ浮かんでは
消えることもなく留まる
気付けば孤島に取り残されて
助けなんて皆目来る様子もなく
いつ沈んでしまうか
抜け出す手立てはあるのか
それすら見当もつかない




感情なんて邪魔なんだ

僕から冷静な思考を奪って
らしさを壊して
時に、人格すら変えてしまう


どれが僕?

きっとどれも僕



へらへら笑うのも
突飛な事を言うのも
冷酷な思考回路も
無気力なのも

僕であって僕でない



色を失った僕の世界で
見えるものに興味を抱くのは
容易いことではないのだろう

現に今がそうだ



明日なんか、未来なんか、
来なくていい

そんなもの要らない
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あんず飴
読者になる
のーみゅーじっくのーらいふ。
ROCK系がわりと好き。

洋楽ROCKに興味ありなんで詳しい人は教えてくだしあ。

とりまヲタ気質は否めない。



あ、弓道やってる。
ホントは軽音楽に入りたかったのは内緒。

弓道いいよ、うん。
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる