【 更新情報 】

スポンサードリンク

クレジットカードの安全対策

クレジットカードの安全対策

まず、カードの種類をきちっと把握しましょう。

カードの中には、クレジットカードを作ろうとして作ったものと
会員カードを作ったときについてきたクレジットカードなどがあります。

どちらにしても、ご自分で所有しているクレジットカード、銀行の預金カード
ただのポイントカードなど、その枚数と内容はきちんと把握しておきましょう。

そして、万一のときに備えて
各カードの連絡先や名称などを記録、保管しておくのが
最良です。

いくらカードに保険が付いていても、
何か起きればその責任はあるのですから速やかにことを解決させるためにも
クレジットカードの記録の保管と十分な安全管理をお勧めします。

便利に安全にクレジットカードを使っていきましょう。

クレジットカードの安全対策

クレジットカードの安全対策をとっていますか?

最近クレジットカードの被害がまた増えているようです。
あなたのカードの安全対策をもう一度見直しましょう。

★使用に関する注意事項

・銀行の張り紙にもある「暗証番号を自分の生年月日、電話番号にしない」
これは基本中の基本ですね。他人に悟られやすい暗証番号はとても危険です。

・支払いの際、店員や係員にカードを渡す際は、別室へ持っていくとかカウンターの下で
スキミング(カード情報を機械でコピーする)されないように、目をはなさないようにする。

・暗証番号を打ち込む際は、他の人から見えないように操作をする。

・大きな金額と同じ価値があると認識して保管、使用する。

これは、ほんの基本的なクレジットカードの安全対策、防御対策です。
暗証番号に生年月日などの誰にでもわかりやすい番号を使っていた場合に、
盗難被害がでても保証が下りなかったケースがあるようです。

あなたのカードは大丈夫ですか?