久々に 

2004年11月08日(月) 2時04分
とっても久々の更新です。
はい。すいません。忙しいんですね_| ̄|○
ってか見てる人少ないっぽいなぁ〜・・・・











_| ̄|○ソウダ

























これやめればいいんでないだろうか
さぁ、がんばりますか〜。
日々のことをツラツラ書くと書ききれないほどになるのでやっぱりRO。
入れてもらったギルドもいいところですし〜
中々馴染んできた気がします(私の勘違いだと悲しい

ギルド狩りは毎日やってるくらいで中々活発でとても楽いですたい(だれ



そんなこんなで初めてなところに行ったのですよ〜
そこは〜GD!
いやぁ。プリがいると中々戦闘が違うものです役立たずをしえんしてもらって感謝感謝











ニーハオ シェイシェイ ハオハオ


























煤i゜□゜;)ハッいけない
取り乱しました。







そんなこんなで3Fで狩っているわけですが
ここで運命的な出会いが!!!!!!!






















































( Д)       ゚ ゚









































DOP師匠キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

ついに師匠と出会うことが出来ました!
感無量です><














































































周りが屍の山だらけなのはあえて伏せておきましょう。

あヴァー 

2004年10月27日(水) 18時32分
・・・・・・・・・・・・・_| ̄|○














_| ̄|、○ ポロ

















ギャー!!!!!














文化祭は忙しいです_| ̄|○













もうダメぽなクピポ










学園祭メンドイな〜楽しみだな〜♪

木琴。。。 

2004年10月24日(日) 17時41分
まぁ、実はチマチマとモンクを育成していたりしてます。はい。
しっかしホントに木琴ホスィです(´Д`;)アヴァー





ポポリンと戦闘。



ガスッ!



ドカッ!(くはっ



miss



ドカッ!(くはっ




miss




ドカッ!(ま、待ってくださいポポリンさん!





miss





ドカッ!・・・・・・



















おーい!!!!!!!!!!!!(;゜□゜)ノ




なんでこんなボコボコ当たるんですか!!!!!!(゜□゜;=;゜□゜)





なぜこのような力尽きる時 酷く醜くく 飛び散る輩に・・・

ポポリン「今日はこのぐらいで許してやる。」(勿論とびきりの渋い声で)

そんなステキな言葉を投げかけられた気分でございます




もうだれか

「君ぃ〜可愛そうに・・・僕の木琴を貸してあげるよ」
「まぁ、ありがとうステキな方、有り難くお借りいたしますわ」
とかそんなステキな出会いがある・・・・・
















わけないですけどね

そんなこんなでjob50を目指してコッソリと狩ってるアコでした まる

あーうー;;; 

2004年10月20日(水) 23時18分
大変なことに中々ROやれません;;;
学校のことが忙しいです うがぁ〜。

ドキドキ 

2004年10月15日(金) 14時56分
今回試しに行ってみたい場所がありましてを覚悟で行ってまいりました。

んで着いた瞬間








この有様。あ。ちなみにこの下と左側に更に五体づつ彷徨っておりました
こら堪りません・・・直ぐにハエで飛びました。
んでもって最初のアイテムが

これなわけです幸先が(・∀・)イイ

と思ったら死にました

ははは。まだ早かったようです_| ̄|○

久々のRO 

2004年10月14日(木) 20時58分
えぇ。ヤル気がなくてあんまやらなくなったんですが。
やっぱり楽しいです( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ / \
そして今回の狩場は
伊豆です☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
今回っていうか転職してからずっとここなんですけどね_| ̄|○

んまそんなこんなでまったり狩りをしてるんですが
ちょっ・・・つよっ。゜(つД`)゜。
ヘタレAgi騎士には中々厳しいです。ハイ



ましてや・・・












おい!!!おっさん!!!(゜Д゜;)
歩いてたら一撃で葬られました。
こんなおっさんが普通に闊歩されては困りますよ〜(´Д`;)

早く木琴を手に入れて平穏な狩りがしたいです(−−;)

イキナリこんなんですが 

2004年10月13日(水) 20時31分
「贋作は時には本物を上回る」
そういう言葉をよく聞く
機械的に作られたものでさえもそれは有り得る
それ以前に同じものを作るということはこの世界で生きている限りぜったいないのだ
クローンでありおかしであり同じ条件同じ環境が揃ったとしてもそれは不可能なのだ
簡単なことだ「それそのものじゃないから」と言ってしまえばそれまでなのである
だからこそ人の手で創られた贋作は上回るのだ
絵にしろそれとは違うわけで
どんなに腕のいい絵師であろうが、どんなに細部まで一緒だろうが
贋作という時点で「それ」ではないのだ
「自分が真似したものはいつしか自分のものになる」
こういうのもそれと同じ意味を持つものであるのだろう
それは「個性」というものが存在するからだろう
人は一人一人考え方も思うことも行動することも全てにおいて違うわけであり
何一つ一緒のことはない

「あなたは自殺しようとしてる人を止めてその人の人生を保障できますか?」
と聞かれたことがあった
勿論出来るわけがない
だったら救わないのか?ということにある
そうすると周りから社会的差別の目でみられるのかもしれない
その人たちに
「だったら貴方は他人の人生保障できますか?」
といったら多くの人がNOと答えるだろう
だから無責任な発言はできない
それはその人の人生を決める一言なのかもしれないんだから

「相手の精神が自分の精神より強いと思うな」
という言葉が最近よく理解できるようになったと思う
自分は自分で相手は相手なのだ
勿論好き勝手言うのも人だと思うが
自分はそこで深く迷い悩んで考え抜くことが大事だと思っている
それはどんなことにも適用されると思う
結局答えを出すのは自分なのだ、だったら考えをもったほうがいい
人は迷い挫けることは絶対にあることである
「悩みは時間が解決してくれる」
というのはそういうことなんだと自分は思う
ただ時間が経つのを待つだけなんじゃない
その時間で考えることが大切なんだと思う
こういうのは詭弁なのかもしれない
少なくとも自分はこうして強くなれたらいいと思う
でも上手く出来ないし、前に進まない時もある
だからそこで必要なのは考えて進むことなのではなく
考えて進む気持ちなんだと思う

もちろんこれから不安や苦しさはついて纏うだろう
だからこうやって書き記し自分に厳しく戒めをかけて強い心を育て続けたいと思う
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:anywind4
読者になる
Yapme!一覧
読者になる