育児イベントに行って疲弊した件

June 22 [Wed], 2016, 18:34
今日は市で開催している育児イベントに行ってみた。

もちおを外に連れ出すようになって何かと用事を見つけては出かけるのがひそかな楽しみになっていたので,このイベントもかなり早くに申込みをしてやる気まんまんで行った。

…のはいいんだけど。


ここ1・2週間でパイ全拒否したり理由なき号泣(たぶん眠いだけ)をすることが増えた息子をこのタイミングで連れていくのはちょっと厳しかったな,と…

ぐずったので授乳室でパイあげようとしたら,静かな室内で魔のギャン泣きが始まってしまい,
他の赤ちゃんつられて泣くし周りのママさんに白い目で見られるしパイ丸出しの汗だくで半泣きだったし。
結局その後落ち着いてパイ飲んだけど,ちょっとした手遊びのイベントまるまる逃したし。
なんか面倒な営業かけられるし。
人見知りの私にママ友なんかできるはずもなく。


首座ってない赤ちゃんがほとんどおらず,周りのママさんたちが楽しく育児をしているように見えて,
なんだか自分だけが大変な思いしているんじゃないか,なんで私はこんなに余裕が持てないんだろう…とか変にへこんでしまって。

ずっと抱っこしていたこともあって,心身共に疲れてしまいとっとと帰ってきました。。。

 
唯一よかったのは,保健師との個別相談かなぁ…
特に実のあるアドバイスがあったわけではないけど(ぇ),
最近の変化が成長の証だと言ってもらえたことで少し楽になったような… 
あとみんなに言っているんだろうけど,やっぱり褒められると嬉しいものですね。
「上手に育てていますよ」と言われて少し泣きそうになってしまった。


まぁ成長の過程とはいえ辛いものは辛いんですが…

緊急帝王切開の記録

May 03 [Tue], 2016, 12:27
記憶が鮮明なうちに…




私は陣痛がもう本当に辛すぎて、帝王切開してる最中と術後の痛みや気持ち悪さはあまり気にならなかった。
あの陣痛に比べれば全然、というのがよかったのかも。
今思うと結構怖いことしてたから、2人目で予定帝王切開になったらたぶんパニクると思う

緊急帝王切開決定から20分ほど待たされ、
21時頃?
手術室にストレッチャーで運ばれる。

なんかすごいハイテクだった…
荷物検査の台みたいのに乗せられて手術室の中に運ばれていった笑


担当看護師さん(若い男性だった)から挨拶される。
さっきまで話してた産科医や麻酔科医の先生はみんな手術用のキャップかぶってて、
誰が誰だかよく分からなかった。


ドラマとかでよく見る手術室だ…と少し冷静さを取り戻したせいか緊張し始める。
そして頭上で頼んでおいたのに部屋が温まってない、設備が古いからだとか言ってるのが聞こえてちょっと不安になる。


服を脱がされたりいろんな器具をつけられたり、
完全にまな板の鯉状態で手際よく準備が進められていく。
わ〜効率いいなぁとか他人事のように思ってた。
今思うと素っ裸で恥ずかしい…

背中を消毒され、
身体をエビのように丸め、背中に麻酔を打っていく。

この直前も陣痛が来てて…
「あ〜ちょっと待ってくださいすみません…」と陣痛をやり過ごしてから麻酔入れてもらった。

背中にズンっと響き、その後冷たいようなのがすうーっと流れていく。
痛いけど我慢してねーと言われたけど、この時点で全て陣痛に比べたら…に脳内変換されてあまり痛いとは思わなかった。
脊髄を押される感じ?
思わず「おぉ〜」って声が出てしまった。

私は持病のため一般的に入れる痛み止めの麻酔がかけられないので、代わりにモルヒネを打ってもらったんだけどこの時に一緒に打ったのかな?


少し息が苦しい気がして麻酔科医の先生に訴える。
酸素マスクしてるから大丈夫だよ〜と言われ安心する。
やっぱり緊張してたのかな?

左下にして麻酔を入れたから、左足から暖かくなってきますよ〜と言われ本当に暖かくなってく。
麻酔が効いているかの確認で氷をあてられる。
完全に感覚がなくなると思ってた私は、めっちゃ感覚あります!とか焦ったんだけど、
冷たい感じがなければオッケーとのこと。
触られてる感覚は消えないのね…
?
右下腹部の突っ張った感じも麻酔が効くにつれ消えて、陣痛は完全に消失。
もうこれであのいきみに耐えなくていいんだと安堵した。


麻酔が効いてきて、導尿される。
もう自分では足が動かせないので、ガニ股っぽくされて導尿されてたみたい。
これまた恥ずかしい、、


ちなみにずっと有線?みたいのが流れてて結構懐かしい曲が流れてきてた…
私の世代にドンピシャだったんだけど、執刀医が同世代だったのかな?
ヒズブルとか流れてた笑


そして最後に内診もしていたらしい(全く感覚がなかったけど)。
8センチ、惜しかったね〜という声が聞こえてちょっと萎える…


途中で小児科医のドクターが横から挨拶しに来てくれる。
この人に任せるしかない、と思いどうぞよろしくお願いいたします、と手術台の上から丁寧に挨拶。




そして帝王切開手術。
先生たちの「帝王切開術を始めます、よろしくお願いします」という挨拶がまたドラマっぽくて、ここでもお〜とか思ってた。

視界を遮られてるので何がなんだかわけわからず、
触られてる感覚もあまりなくて…
産科医のドクターたちがお腹をあれこれしながら「ここにしようか」とか話してるのが聞こえたような。
看護師と麻酔科医のドクターに「いま結構痛いことされてますよ笑」って言われたので、お腹つまんだり引っ張ったりしてるのかなぁ、
いつ切るんだろう?と思ってたら「もうすぐ赤ちゃん出ますよ」と言われてびっくりした。
「え、もう切ってるんですか?!」とか言って笑われる私。
お腹押すけど我慢してね〜と言われて、
またもや陣痛に比べたら全然…の精神で乗り切る。
でも結構な力でぐいぐい押されて、思わずうっうっと声が出る。

そして…


オギャァ、オギャァ!!と赤ちゃんの泣き声が響き渡った。


「21時21分…いや、22分」との声が聞こえる。


頭上にいた麻酔科医のドクターが「でけぇ!」と言ってた笑。


本当に赤ちゃんいたんだ、とかこれで終わったんだ、とかよかった〜とかよくわからない気持ちで、私も号泣した。
仕切りがでかすぎて全く見えなかったけど笑。
両腕が拘束されてたので看護師さんが代わりに涙を拭いてくれる。

早く赤ちゃん見たい、と楽しみに処置を待つ。

赤ちゃんはずっとすごく元気に泣いていた。

その間も処置が続いているけど、何をしているのか全く分からず…
赤ちゃんの処置も結構時間かかって、だいぶ待たされた気がする。

その間頭に血がのぼる感じがして台を傾けてもらったのかな?
(後で顔真っ赤でしたよと言われる)
なんか眠くて(なんせ前駆陣痛から丸3日寝てない…)目を閉じてたら心配されたり。
あと麻酔科医のドクターとどうでもいい話をしてた…なんであの状況で医療訴訟の話してたんだろう笑。
子供にも同じ職業についてほしいか、って聞かれて絶対嫌です、先生だって嫌じゃないですか?と答えて同意されたり。

だいぶ待って赤ちゃんと顔の横から初対面。
予想以上に人間で(当たり前)かわいくて、また号泣。
「ごめんね、ありがとうね、頑張ったね」と泣きながら話しかけた。
助産師さんが「ママ頑張ったよ〜」と言ってくれる。
今思えばここで抱っこさせてもらえばよかったな…
「パパに抱っこさせてあげてください」と助産師さんに伝えたのに、後から聞いたらパパがビビって抱っこしなかったという…かわいそうすぎる



その後も処置が続いて、気づいたら終了してた。

またベルトコンベアみたいな台に乗せられて病棟に帰っていく。
ここでも医療訴訟の話題を持ちかけられた…
患者側が全然儲からないという話をしたら驚かれた。
だって協力してくれる先生もいないし、勝率低いですもん〜とか言っちゃったけど、
よく考えるとちょっと気まずい笑。


手術室から帰る途中、お腹をそっと触ってみたらへこんでた。


ナースステーションの前で夫が心配そうな顔で待ってくれてた。
また少し涙ぐんでしまい、「(心配させて)ごめんね」と謝った。


病室で着替えさせてもらって、夫を呼んできてもらった。

この後赤ちゃんと対面。
なんだか疲れすぎて、産んだ実感もあまりなくて、写真だけ撮って早々と新生児室に預けた。
あと夜遅くだったのでとにかく同室の人に申し訳なくて…




夫とおつかれ!と言って帰ってもらったあともなかなか眠れなくて…
メール打ったりしながら夜は更けていくのであった、、

もやもやもや

April 21 [Thu], 2016, 15:27
実母と義母に対して…




手伝いにも来ないくせにいちいち連絡してくんなー!!
大丈夫?って聞いてどうすんだ!
大丈夫じゃないって答えたらおまえらは何してくれるんだ?!
質問攻めにしてんじゃねええぇぇ
本当に私たちのためを思うならそれに対応する疲労を考えろーー!
朝早くから電話してきてんじゃねえぇえ
出勤前の1番忙しい時間を邪魔してんじゃねーよ!
あんたのくだらない電話に対応する時間で夫に他に頼めることあったかもしれないのに!


みんな自分勝手すぎんだよ!
こっちは腹切って体ボロボロなのに頑張ってるんじゃい!
無責任に心配するふりだけしてんじゃねーよ!
それで自分の責任を果たした気になってんじゃねーぞ!


なんでも言ってなんでも言ってってしつけーんだよ!
じゃ犬苦手なの我慢して手伝いに来てくれよ!
できないくせに!
できもしないくせに気にする姿勢だけ見せてるのむかつくんだよ!


あんたたちの思い出話なんてどーーーでもいいんだよ!
いちいち自分の経験談に持っていってんじゃねーよ!
話題泥棒が!!
あんたと一緒にしてんじゃねーよ!
あんたと一緒にされんのが1番むかつくわ!!








…と言ってやりたい。。
里帰りも産後の手伝いもない上に、
ばばぁの相手しなきゃいけないってどんな罰ゲーム?
手伝いがないならせめて煩わしい対応しなくていいから気楽〜ってさせてほしいのに…
なんでダブルで背負わないといけないんだ?

ごめんという気持ち

April 19 [Tue], 2016, 17:47
夫は「18時に帰る」という約束を律儀に果たそうとしてくれてる。
仕事すごく忙しいのに。
入院中も、毎日来てくれたし、洗濯物も要望以上にちゃんとやってくれたし、
融通も利かせてくれた。


そういうのに対して、ごめんねって思ってしまう。
出産前は、どうせ口だけだろうと思っていたせいか、
やってくれて当たり前のはずなのに!って思ってたのに。
予想以上に約束をきちんと果たしてくれてる。


私がなかなか動けないのも、料理なんて作れないのも当たり前なはずなのに、
(開腹してるし…)
なんか申し訳なくなってしまう。
彼の頑張りに比して私がサボってばかりな気がしちゃって…
陣痛経験したり帝王切開受けたり、赤ちゃんの世話をしたり、
私は体を動かさない(目に見えない?)大変さだけど、
彼は仕事の合間に病院通ったり洗濯したり掃除したり料理したり、
目に見える行動が大変そうだから?


ごめんねじゃなくてありがとうだけがいっぱい感じられたらいいのに。
なにこの罪悪感、、、

産まれた

April 12 [Tue], 2016, 12:40
すごく元気で、私にそっくりな男の子。
泣いたり暴れたりしてうひゃーって焦るけど、寝てる時やおっぱい飲んでる時は本当に天使だ…


前駆陣痛なんだか本陣痛だか分からない痛みに耐え、一度木曜の夕方に病院に行ったものの追い返され…
その夜から次の日もあまりにも痛いのでまた昼に受診して入院(今思うと前駆から本陣痛に繋がったのでは…)、そのままお産突入。
うまくいけば今夜中に生まれるかも?とか希望的観測を言ったドクターを呪いたい…
全然子宮口が開かず、でも陣痛はどんどんいたくなる。
夜通し寝ないで頑張って明け方には9センチ!日中には産まれるよ!と言われたのになぜか陣痛が遠のき逆戻り…
(子宮口って戻るものなの?!)
昼から促進剤を入れて次々と訪れるいきみ感。痛いのといきみたいのと力みたいのとでずっと叫んでた…前駆陣痛の時から寝てなくて途中意識を失ったり…
いま思い出しても本当に辛かった。
促進剤使っても痛いのが酷くなるだけで赤ちゃん全然降りてこないとのこと。
子宮口は頑張ったのにたったの6、7センチ…おい、9センチであと少しって言ったやつ出てこい。
産道が狭いのかもとかわけわからんこと言われて、もう眠いし疲れたし、すんごい痛いのに疲れてるせいか陣痛遠のいてるとか言われてどうしたらいいか分からなくなった。
結局夜の内診で進んでないねって言われて帝王切開してくださいと泣きついたらあっさりオッケーされ、あれよあれよというまに手術へ。
なんかもう陣痛痛いし手術怖いしわけわからなくて、本当に赤ちゃんいるの?とか考え出す。


気付いたらお腹切られてて、赤ちゃんもうすぐ出ますよーとドクターの声。
すんごいでっかい産声が聞こえて姿は見えないのに号泣してしまった…いま思い出しても泣ける…
そのあとしばらく小児科のドクターにみてもらって、赤ちゃんとご対面。
予想以上にかわいくてまた号泣。
とりあえずごめんね、頑張ってくれてありがとうと。


その夜はクッソ疲れてて眠いはずなのになんか興奮して眠れず…入院自体初めてだったし。
眠剤出してもらっても全く効かず目がギンギン


次の日から導尿外して自力で歩けるようになって、どんだけスパルタやねんと思いつつ…大部屋に部屋移動して赤ちゃんにもちょっと授乳。
その日の夜も預かってもらうものの、同室の赤ちゃんの泣き声やママさんたちのいびき笑でやはり眠れず…


ここでなんか色々考えてしまって、しくしく泣いた。
赤ちゃんがすんごいデカイわけじゃなかったこと、赤ちゃんの心音はずっと元気で出てきた時もすんごい元気だったこと、手術直前に一回内診されて(麻酔かかってて感覚なかったけど)ドクター同士で「惜しかったね〜これが夕方だったら…ぶつぶつ」みたいな会話をしてたこと、いま思うとみんなこのいきみ逃しを頑張ってたのか…?とか、ぐるぐる考えてたらなんというか、痛みに負けたというか、赤ちゃんはまだ頑張れたのに自分が痛いのが嫌で逃げただけなんじゃないかと考えて情けなくなった。
あの時はほぼパニックだったからああいう決断になったけど、2人目も帝王切開になるし、そもそも不妊の原因じゃなかったっけ?
っていうかヘパリンしてる上に帝王切開ってどんだけハイリスクやねん、
とか…
あと1番大きいのは夫に産声を聞かせてあげられなかったこと…ずっと夢見てたのにな、彼の嬉し涙が見たかったなって。
結局私の苦しむ姿しか見せられず、心配させてしまっただけでおわった。


結局なんで赤ちゃんが降りてこなかったのか、もう少し頑張れば経膣でもいけたのかはきっと分からないんだろうな。


でもとにかくこの子がかわいくてかわいくて、見てるだけで泣けてくる。
とりあえず今はそれでいいかな。

不幸せの連鎖

February 29 [Mon], 2016, 19:50
どうしてうちの親は人の幸せを喜べないんだろう、
どうしていちいち他人を憎んだり、妬んだり、貶したり、羨ましがったりしてばかりなんだろう…




と考えてたらまんま自分なことに気づいてゾッとした。


母親の母親もそうだった。


おばあちゃんのことは大好きだけど、
やっぱりいつも人を嫌って、悪口言ったり、
被害妄想に陥ったり…




子供には分からないこともあったんだろう、
大変なこともあったんだろう。
でもそういうの何年も何年も根に持って、
嫌い続けないとだめ?
疲れない?
おめでたいことは素直に祝福できない?




なんだか、孫の誕生もたいして嬉しくなさそうに感じてしまって、
顔を見に来ることに義務感を感じるならもう来ないでほしいって本当に思った。


もうここで断ち切りたい。
親みたいになりたくない。
自分の子供にとってそんな親でありたくない。


実家のことを考えると本当に疲れる。
本当に本当に、疲れる。
1番のストレス源だし、なにもしたくなくなる。
何も楽しくなくなる。


いつまでこの呪縛に縛られなきゃいけないんだろう。
もう私の方から断絶するしかないのかな。
子供生まれたらまた色々連絡するつもりでいたけど、
それもやめた方がいいのかな。

毒親

February 29 [Mon], 2016, 13:23
うちの親は少し毒親な傾向があると思う。


もちろんきちんとした家庭を与えてくれたし、日本一学費の高い学校へ行かせてくれた挙句、大学院にまで行かせてくれたことはすごいと思う。
(大学院の生活費は借金扱いだけど…)


感謝しなくてはいけないと思う。




…あれ、こう思わされてること自体がもう洗脳されてるのかな




親の望む学校へ進学した、高校から大学院までトップクラスに合格した。
親の望むとおり、弁護士になった。
親の望むとおり、結婚した。


実家を離れてからは、親と衝突したくなくて、良い娘でありたくて、怒らせないように気を使ってきた。
長女らしい気遣いをしてきたつもり。


夫の転勤にくっついてきて仕事を辞めた時に思った。
親が私に不満を抱いてる。


本当は弁護士としてバリバリ働いてほしかった、法律事務所が嫌なら有名企業に入ってほしかった、海外転勤がよかった…


直接言われて衝撃だったのは「親としては残念ですが…」ってやつだよね。
どうして私が幸せならそれが1番って言ってくれないの?
どうして肩書きばかりこだわるの?




親がそんなだから私も学歴や肩書きで人を判断してしまってると思う。
そんなのすごくイライラするし疲れるのに。




認めてほしい、満足してほしい。
大人になっても消えない。


うちの親は満足することなんてない。
子供ができたらさすがに…と思ったけどそれもだめ。
もう自分が誰のために生きてるのかよく分からなくなる。
親を満足させるために生きてるのか?
親が他人に「うちの娘こうなんですよ」って自慢できるために生きてるの?
ふと気づくとそういう物差しで考えてしまってる自分がいる。
これやったら喜ぶかな、が
これやったら自慢できて嬉しいかな
になってる。
よく考えたら昔からそうだ。




そんなふうに育ったからか自分のためだけの幸せが分からない。
私の幸せ=他人に自慢できるかどうか、になっちゃってる。
これはすごくすごく疲れる…本当に。
実際に自慢できるような生活を送ってると思う。夫のおかげだけど。
でもそれを誰に自慢するの?自慢してどうするの?
全然嬉しくないよ。もやもやする。


自分自身が何をしたいのか、どう生きたいのかが本当に分からない。
ただなんとなく日々ゴロゴロして、あ〜あの人は留学してて羨ましいな、あの人はパワフルでいいな、バリバリ仕事できてすごいなーって思うだけ。
私自身には何かをする力はない。
そんな気持ちがもうない。頑張りたくない。
違う、頑張れない…






もうすぐ産まれてくるこの子を幸せにしたい。
それだけじゃだめなのかな?


いつになったら親の呪縛から解けるんだろう。
もう絶縁したいよ。








今のぬくぬく生活すごく幸せで理想的なのに、
時々考えてしまう、
もし東京に残って転職活動続けてたら…
もし最初から企業に入社していれば…
もし、もし、もし、、、
考えたって仕方ないのにね。




夫から愛されてるこの安心な環境で、
親のことなんか気にすることなく過ごしたい。
自分自身の幸せが分かる人間になりたいのに。

9ヶ月!

February 23 [Tue], 2016, 14:26



ここ1週間くらいでお腹がどんどん出てきたような。
ほんと、あっという間に未知の世界突入だな…
だんだん、「私出産するんだ、この子を産むんだ」って気持ちが現実味を帯びてきた。
夢みたいだ…


最近は調子の良い日と悪い日の落差が激しい。
ダメな日はほんと何やってもダメ。ずっとイライラするし、モヤモヤするし。
簿記のせいかな?とも思ったけど、調子良い日は勉強もスイスイ進むんだよね。
これがホルモンの影響なのかなぁ。
自分でコントロールできなくてただただモヤモヤする…
少しずつ赤ちゃん迎える準備が進めば落ち着くのかな。、

妊婦は和食で!という人たちへ

February 22 [Mon], 2016, 12:56
その根拠はなんなの?
アメリカやヨーロッパの妊婦さんたちはみんな不健康なの?
洋食ってそんなに体に悪い?
醤油のほうが塩分高いの知ってる?
もしかして洋食ってパスタだけ!とかお惣菜パンだけ!とか思ってる?
ろくな洋食食べたことないの?


特に納得できる根拠もないのに、
なんとなく昔から言われてるから和食がいい!って押し付けられるのが本当に嫌い。
しかも医療従事者ならまだしも素人だからタチが悪い。




あと必要以上に体重管理ガーとか塩分摂取量ガーと言われるのもイラつく。
病院で言われてますから。
栄養士と話してますから。
専門外のあなたは黙っててほしい。


もちろん、増えすぎてはいけないし、
食事制限が必要な人もいると思う。
でも元々痩せ気味とか背が高いとか、食が細いとか各人の事情も加味せずに一概に何かを決めつけるのは好きじゃない。
無理な体重制限が正しいとはどうしても思えない。
体重管理が必要かどうか決めるのは病院の仕事。
素人は黙っててほしい。

28週

January 27 [Wed], 2016, 0:16



あっという間に8ヶ月!!


とにかくずーっと、本当に無事に生まれてきてくれるのか?そればっかり心配していて、
実際に赤ちゃんを迎える準備が全くできておらず…物理的にも精神的にも


どんどん近づいてきて、
お産が怖いのと、
赤ちゃんに会える嬉しさと、
2人きりの生活が終わることの寂しさとで、
よくわからない。


幸せだったな、と思う。
この人と結婚してよかった。
2人の赤ちゃんを迎えられて本当に嬉しい。


みんな君を待ってるよ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:うみねこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30