白岩だけど北條

February 27 [Sat], 2016, 19:38
看護師の勤務しているところといえば、病院という考えが普通でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で、保健師の方と協力して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の役目です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為の大半を看護師がやります。高齢化社会が進み、看護師は福祉施設でも需要が増加傾向にあるのです。加えて、大会社になると看護師は医務室にもいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しております。こういったケースは、社員としてその会社や企業に入社することもありうるでしょう。産業看護師は健康に働けるように従業員に保健指導とかメンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業案内所で見つけるのはほぼ不可能です。興味がある人は看護師専用の転職HPを利用してください。転職サイトなら産業看護師の求人も頻繁に載っているでしょう。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊な上に、職場によっても変わってきます。体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。看護師の資格を得るための国家試験は、1年に1度行われます。看護師不足が深刻になっている日本のためには良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を示し続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格を勝ち取ることのできる試験です。看護師の資格を取るには、何通りかのパターンがあるでしょう。看護師免許を手にするためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなりは受験できません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護を学ぶことが必要です。高校に入った時点で進学先が衛生看護科だと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは簡単ではありません。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いことが理由で試験に向けた勉強や実習が不足するために合格するのが難しいともいえます。看護師の夜勤は、16時間などの長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。月に8回までと国の指針では定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活ができなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、離職する看護師が多い理由の一部と思われます。看護士を目指す理由は本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えれば良い印象になります。転職の時の理由は今までに培ったスキルを活かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。今までの勤務先についての良くないことは口にしないことが大切です。修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、子供がいたりする人は土日を休みにできたり、夜勤がないという職場を希望しているものです。病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リカ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/anyaboednehryd/index1_0.rdf