罪と涙 

February 16 [Sat], 2008, 11:48
あなたの愛は 私の肌を滑らかにする

どちらがどちらかわからないほど溶け合って

呼吸が重なり合う時 私は消える

私はあなたの柔らかい指が首に掛かるのを感じた



死なないために始まる殺し合い

傷付けること 裏切ることでしか生き延びられない愛がある



優しさの中で溺れ死ぬ前に 私はあなたを憎むと叫ぶ

言葉は剃刀の刃 

そして血



しばしの後 私たちはまた陽光の中で寄り添っている

静かに涙を流しながら

罪の中に 涙の中に 私の生がある

心ひとつで全てが変わる 

February 11 [Mon], 2008, 5:41
こんにちはメルモです。

今日も北海道は朝凄く冷え込みました。



もういつ雪が降ってもおかしくない気温です。



北海道の中でも寒さがとても厳しい地方に住んでいるメルモは
雪が降ると気が重たいです。



北見もメルモが転勤で来た前の年に100年に1度と言う記録的な大雪が1日で降って、
その雪の量は1メーター50センチ近く1日で降ったらしいです。



春先に町内会の公園で町内の焼肉大会があるんだけど・・・

北海道は公園が沢山あるのは、冬場はそこが雪貯めになるからです。

その年は、夏まで雪捨て場の公園の雪が解けなくて、
焼肉大会は秋にやったと聞きました。


そんな100年に1度の雪が降らなくても、毎年凄い量の雪が降るので、
家の周りの雪はねを考えただけでブルーになります。



北海道は四季がハッキリとした地域です。


冬が厳しい分、春の喜びはどの地域よりも嬉しい物です。



四季の移り変わりで、秋から冬に掛けては皆気持ちが寂しくなって
重たい気持ちになっちゃいます。


人生も四季に譬えられます。



冬 = 不幸


なんとな〜くそんな雰囲気がありますよね。

でも、心ひとつでどんな環境も素敵に変化します。


雪が降っても、嫌だと感じるのひとつだし・・・
あぁぁ〜なんて綺麗な雪なんだろう。
大地が雪でお化粧しているわ。

って感じるの、その人の感じ方だと思います。



釈迦が説いた、法華経二十四品の妙法連華経如来寿量品(みょうほうれんげきょうにょらいじゅりょうぼん)第16に、


『一心欲見佛・不自惜身命』  (いっしんようけんぶつ・ふじしゃくしんみょう)
 と言うお経の一節があります。


貴乃花が横綱昇進の時に、『不自惜身命』と言う言葉を使って有名になりました。



この『一心欲見佛・不自惜身命』と意味は、
 一心に自分の命を惜しむ事なく、仏を見たいと願っていると言う意味ですが。




この一文を日蓮が、解説しています。


『一心欲見佛・不自惜身命』の『一心』を説いています。

一心の一を見て、仏を見たいと言う一心が仏なり。

ちょっと難しいんですが、簡単に訳せば


一心(留まる事の無い心の移り変わりの中の一瞬の心の中)で仏を見たいと求める
その心自体が仏なんですよ。

仏とは、あなたの仏を求める心そのものが仏なんですよ・・・って事です。



どんな生き仏の様な人の心の中にも、怒りの心・悲しみの心もあります。
でも、どんな悪人の心の中にも菩薩の様な心も仏の心もあります。


心って凄いんです。


自分の人生に起きる全ての現象。
森羅万象・自分を取り巻く人や物も出来事も


実は、自分の心を投影しているだけの物なんです。




富士山を見て、『綺麗だなぁ〜』と思うのは、富士山が綺麗なんじゃなくて・・・
富士山を見て綺麗だと思うこちらの心が綺麗なんです。



富士山を見てもゴミの山にしか見えない人だっている。
それはその人の心のレベルで見ている富士山です。



日本は狭くて、嫌な国だなぁ〜と思う人もいるし・・・

ほかの発展途上国と比べたら、なんて幸せに満ちた先進国に生まれてこれて幸せだって
思うのも、全部その人の心(魂)のレベルです。


家族だってそうです。


パピロ君の父親は十度のアルコール依存症・母はうつ病です。


そんな家庭に生まれて嫌じゃないか聞いた事がありました。

実際にパピロ君の姉はそんな家族が嫌で、25の時うつ病から自殺しました。


でも、パピロ君は『世の中であれだけ素晴らしい親はいない』って言います。

『あの両親がいなかったら、今の自分の幸せなかった』と。



自殺した姉とパピロ君は同じ親の元で、同じ生活をして育ちました。


長女は親が嫌で、高校を卒業してすぐに家を捨てて都会に出て行きました。



同じ環境でも、幸せを感じられるかどうかはその人の心です。


メルモから見てもパピロ君の両親は困った人間のぶるいです。


でも、そんな親を素晴らしいと思えるパピロ君の心が素晴らしいんだと思います。



パピロ君と結婚を考えている時に、周りから反対する声もありました。

『本人は真面目でいい人だけど・・・  あんな親がいたらね』って。



でも、他人さまが反対する中、障害を持って女一人でメルモを育ててくれた母は言いました。



『素晴らしいご両親だね。  きっとパピロ君とメルモが出会うまで
 あんな風にしてパピロ君が他の人と結婚しないように守ってくれていたんだよ』

『メルモの為にアル中やうつ病のふりしてるのかもよ』って。
『メルモにとっては、最高の伴侶を与えてくれる恩人たちだよ』って。


その言葉の意味が分かりませんでした。




母に真意を尋ねると、

あんな今時女性経験も無くて、真面目で将来が安定している仕事に付いてる人が
あんな年まで独身で残っていたって言うのもあの親がいたからこそでしょ???

もし、まともな親だったら・・・
子宮がんを患って、片親のお嫁さんなんて絶対に反対されて結婚なんてできないでしょって。



そう言われたら、そうかも。


それで結婚しました。


メルモの母も普通は、そんな両親がいる人となら結婚を反対するはずなのに、
母の物の捕らえ方も凄いです。


もの事を見るのには、その人のものの見方の尺度って違うですよね。


最悪の事態や最悪の事にも意味があると捉えられる
その心の中には、必ず仏がいます。


どんな人の心の中にも仏様はいるけど・・・
いつもいつもそんな尊い心で、現実を見られないからこそ凡夫なんですよね。



よく、不幸は幸せの仮面をかぶって来ると言います。
幸せは、不幸の仮面をかぶってくると言います。


それを察知できるかは、いつも自分の心を仏モードのチャンネルに合わせて
なくては、感じ取る事が出来ないんだと言います。




メルモと同じ信仰をしてる大先輩が、当時失明寸前で貧乏で栄養失調の子供を連れて
一家心中しようと思って、最後に仏の教えを聞いてから死にたいと、
信仰の会合に来て、質問した事がありました。

貧乏が治りますか?? 病気治りますか??って・・・


ある人が言いました。


あなたの心の境涯(レベル)が変われば、外の落ち葉が全部あなたのお札に変わると。
そして、あなたが変われば、あなたは日本で一番高いビルを建てて地位も名誉も備わって
皇居さえ見下ろすであろうって・・・・


その人は当時、日本で一番高いサン○ャイン60と言うビルを建てました。

彼は、当時の建築業界・最大手の鹿○建設副社長・三苫 司さん。




彼は、サン○ャインが経った時にビルを見ておいおい泣いたと言います。

『本当にビルが建った。  本当に皇居が見えた』と。



もしも今、あなたの心が少しだけ変わったなら
その先の人生であなたは何を見るのだろう???    どんな人生を眺めるのだろう??



この世は、心の反映。

自分の心のキャンパスに描いた下絵に、色を付けていくのが人生。




人生の最終章に、あなたはこの世でたった一枚のどんな素敵な絵を仕上げているのだろう??
だから一番大事な事は、まずとんな下絵を描けるかって事です。
人生はこの段階で決まってしまいます。



『一心欲見佛・不自惜身命』



心さえ変われば・全てがいい方に回りだす。

朝起きると・・・ 

January 21 [Mon], 2008, 5:25
今朝、目が覚めて布団から起きようかと思ったら・・・



背中に痛みが走って悶え苦しみました。



横を向いてもうつぶせになっても丸くなっても痛いものは痛い><



運転中も右左折で左右を確認するときに痛みが・・・

カーブを曲がるときに痛みが・・・


会社でも振り向く動作で痛みが・・・


とりあえず真っ直ぐ歩いて直角に曲がってます^^;

上司を管理する(5) 

January 15 [Tue], 2008, 3:56
上司を管理する(5)
Managing Up (5)
The phrase is “over step one’s bounds” because this phrase refers to whether a person knows whether boundary should be.
It’s about knowing what’s appropriate or inappropriate in various situations
and not crossing that line.

National Boss Day, Administrative Professional’s Day (National Secretary’s Day)
Both of these observances were stated in the 50s.
National Boss Day was started by a woman who admired her father who was
a manager and she wanted to honor him by starting this National boss’s day.
National Secretary’s Day is a bit older.
It was started in 1952.
But both of them are looked at by some people as more of an opportunity
for companies to sell cars, rather than really a good opportunity to honor
these various kinds of workers.
I think the Administrative Professional’s Day is far more accepted
because the kind of job they do is often in a background even though
it’s very important.

Just around the corner
There’s a similar phrase “in the offing.”
But that tends to mean visible and has very strong visible meaning.
Offing is the part of ocean between where ship’s dock and the furthest
point you can see from land.
So something that's nearby or coming soon as long as you can see
it you can say "it's in the offing".

pooh-pooh
I think most people probably learned this word when they were
a little kid because if you use it just once,
it has the meaning of excrement, it's a kids' word.
Usually they don't learn the verb "pooh-pooh" until
they get quite a bit older.

”So that's the ticket” means “I've discovered the key point.
I know what's most important.”

You could also describe such a person as “on a short fuse”
Although “on a short fuse” could describe someone who's not always
that way but is having a really bad day.
And that's why when you say it you have to put the emphasis or focus
on the word ”go” rather than the word “places”

”Go all the way” is very similar to “go places”.
But "go places" focuses a bit more on being generally successful.
While "go all the way" focuses more on really a goal.
So sometimes they can be used for the same thing.
A similar phrase is "when all is set and down",

scare the(living) daylights out of someone
This is the pretty old phrase in English.
Originally “daylights” meant eyes and the meaning broadened
to mean any important organ and then even to include consciousness.
So you can scare the living daylights out of someone,
you can make them unconscious from fear.
Or you can also use this phrase with the verb “beat”,
“beat” the living daylights out of someone".

新生!! 

January 03 [Thu], 2008, 11:59
最近はうざいやつが多くてまじ困ってる
私は
ブログの中身を
4つに分けて
かこうかなぁ
って思ってます!!

その最近うざぁい
やつの紹介をしていくねぇ
まず
手っ取り早く
193
なんだけどさぁ
これは主にやってくよ!!
これを主にして
サイドにあと4人プラス
しながらやっていくつもりぃ!!
まぁ193のきもさは
知ってると思うからさぁ
あんまりふかく紹介はしないよぉ!!
ではこれからは
新生193ヤリマンブログよろしくぅ

あり得る? 

December 18 [Tue], 2007, 12:13
旅行に行って来ました。
宿の外に野生の猿の群れがが出てきました。
地域では何十年ぶりの事だそうで、
安全のためにパトカーまで来ていました。
でも宿泊者にとっては、めずらしい風景でした。
動物園で見るだけの猿が目の前にいるのですから!!
ガラス越しに見る猿は?
私には?とても!かわいく思えました。
ボクとも、訪れた事のある宿ですが・・・
その時は、もちろん!!
猿は出てこなかった_(._.)_
今から思うと残念です。
ボクには、この事は言っていません。
また、一緒にこの宿を訪れたいと思いました。
その時にも?猿はやって来てくれるでしょうか?
一年に?何度かボクとも旅行に出かけますが、
野生の猿には出会った事はありません。
依然、野生のシカには九州で出会いました。(ボクが覚えているかどうかは不明)
そこにも?随分出かけていません(-_-;)
こんな話をすると?
自宅はとっても都会?
でも?野生のタヌキは、家の側にもしょちゅう出てくるのですが・・
この家は?きっと都会ではない?のでしょうね(^o^)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:anuisa971
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像真那斗
» 罪と涙 (2008年10月17日)
アイコン画像猫男爵
» 罪と涙 (2008年10月14日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 罪と涙 (2008年10月14日)
アイコン画像めーたん
» 罪と涙 (2008年10月09日)
アイコン画像りぃこ
» 罪と涙 (2008年10月05日)
アイコン画像チャーリー
» 罪と涙 (2008年10月02日)
アイコン画像火星の後継者
» 罪と涙 (2008年09月16日)
アイコン画像ヌレ夫
» 罪と涙 (2008年04月03日)
アイコン画像佳奈美
» 罪と涙 (2008年02月20日)
アイコン画像たむら
» 朝起きると・・・ (2008年01月28日)
Yapme!一覧
読者になる