男同士」のような関係性

January 16 [Mon], 2012, 12:45
とある男友達と私のお話です。
彼とは長い間「男同士」のような関係性を築いてきました。

2人で無言で焼肉をたべていたり
車の話をしたり
時にはロボットアニメに夢中になって話をしたり・・・。
本当に「男同士」の付き合い方ですよね(笑)

周りの男性は
「どうして○○ちゃん(私)を女性として見ずに済むんだろう」

そんな嬉しい事を言ってくれる人もいました。

しかしながら、彼と私の関係はそれでよかったんです。
むしろ体験談それが心地よいものでした。
こんな関係性を続けていられる男性が居る。
その事に感謝をしていました。

しかし所詮は「男と女」なんだと気が付いた出来事がありました。

その日、彼の家で対戦型のゲームに夢中になっていた私達。
気が付くと終電を逃していました。
お互いにお酒を飲んでいた事もあり、車もつかえない状況。

結局は、彼の家に泊まらせてもらうことになりました。
1人暮らしの彼の家は当然ながらシングルベッド1つしかありません。
仕方なく(?)並んで眠る事になった私達。

その事自体に「危機感」は全くありませんでした。
彼が先に寝入ったとき。
ふと寝返りを打った彼は普段から使っている「抱き枕」を
私と間違えたようでした(苦笑)
彼に抱え込まれた瞬間、私は彼に「男性性」を感じてしまったんです。

彼はあくまで無意識の行動だったのですが・・・。
それからというものの、どこかぎこちなくなってしまった私。
彼自身もそんな私の変化に気が付き、それに釣られるように
きごちなくなっていきました。

互いが異性として見え出した瞬間。
私達は「好き」という気持ちを抱くようになっていきました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:坂下政和
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/antwalkrun04f/index1_0.rdf