不妊を考えるときストレスは無視でき

February 26 [Fri], 2016, 7:37
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。体内のホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)を崩すだけでなく、ストレスは排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。妊娠を望む家族の声や、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに高じてくるということもあって、悪循環から抜け出せない人もいます。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが不妊治療には大いに助けになると思います。妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。効率的な摂取のタイミングは、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。



通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きを十分にいかすことが出来るでしょう。



では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。
胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食生活以外に、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。

葉酸は多様な食材にふくまれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。
葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。
その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、天然素材の葉酸サプリメントにすることが心掛けたいですね。妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。実際に日本の行政機関である厚生労働省も妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿、汗といっしょに体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。
ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるみたいです。
葉酸サプリは食事での摂取にくらべると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。

葉酸サプリを飲む場合には、提示された規定量を必ず守るようにしてください。妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。葉酸は赤ちゃんが元気に育つために最も大事な成分ですが、もし葉酸が不足してしまった場合、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。
葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。

これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害などを発症するリスクが高まると報告されています。こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を心がけてください。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心音
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/anthe9ciul55ht/index1_0.rdf