IEの解放済みメモリを使用する脆弱性の検証レポートを更新(NTTデータ・セキュリティ) / 2010年04月05日(月)
NTTデータ・セキュリティ株式会社は3月31日、同社が3月12日に発表した「Microsoft Internet Explorer(IE)に発見された、解放済みメモリを使用する脆弱性(CVE-2010-0806)に関する検証レポート」を更新した。これは、マイクロソフトが本脆弱性の修正プログラム(MS10-018)を公開したことを受けたもの。本脆弱性は、細工されたWebページの閲覧などでローカルユーザと同じ権限が奪取されるというものであったが、修正プログラムを適用した上で再度検証を行った結果、脆弱性の再現ができなかったことをレポートに追加した。


【関連リンク】
IEにおける解放済みメモリを使用する脆弱性(CVE-2010-0806)に関する検証レポート(PDFファイル) 4月2日15時42分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000001-vgb-secu
 
   
Posted at 11:20/ この記事のURL
F1マレーシアGP決勝はレッドブルが1-2。スタートを制したベッテルが今季初V。可夢偉はまたもリタイア / 2010年04月05日(月)

 F1第3戦マレーシアGPの決勝は、レッドブルのセバスチャン・ベッテルが今季初優勝し、2位も僚友マーク・ウエーバーが入って、レッドブル勢が1-2フィニッシュを決めた。3位はニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)。BMWザウバーの小林可夢偉はまたしてもリタイアに終わった。

 雨の予選から一転、決勝日のセパン・インターナショナル・サーキットは晴れ間が広がり、レースはドライコンディションでのスタートを迎える。気温32度、路面温度は42度。
 予選がウエットコンディションだったため、決勝スタート時のタイヤは自由に選択できることになり、フロントロウの2台をはじめ上位陣はオプションと呼ばれるソフトタイヤを選択し、後方スタートのフェラーリ勢などはハードタイヤをチョイスした。

 注目のスタートでは、3番グリッドのベッテルが1コーナーでトップを奪い、ポールのウエーバーが2番手で続く。ロズベルグが3番手となり、その後方にはロバート・クビカ(ルノー)、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、ミハエル・シューマッハー(メルセデスGP)と続いた。

 するとレース序盤はベッテル、ウエーバーのレッドブル勢が早々と1-2態勢を築き、10周目には3番手ロズベルグとの差を5秒近くに広げる。なおも快調に周回を重ねるレッドブル勢はそのリードをさらに広げていき、20周目には11秒のマージンを築いて早くもレースの主導権を握った。

 レッドブルが1-2でレースを進めるなか、各車1回目のピットインはタイヤ選択が分かれたこともありジェンソン・バトン(マクラーレン)が10周目と早めだったのに対し、上位勢は20周を過ぎてからとなる。4番手クビカが22周目、翌周に3番手ロズベルグが入り、先頭のベッテルは24周目にピットインしてタイヤをハードタイヤに交換した。
 ベッテルの翌周にピットインした2番手ウエーバーはタイヤ交換の際に右フロントのジャッキが一瞬外れず数秒をロス。コース復帰は、ピットインがまだのルイス・ハミルトン(マクラーレン)を挟んで3番手となり、ベッテルとの差も5秒近くまで広がってしまった。

 しかしピットイン以降もレッドブル勢の優位は動かず、30周目を過ぎてもトップ2台と3番手ロズベルグとの差は10秒以上。心配された天候も雨の降る気配はなく、レースの注目は後方のポジション争いに移った。

 後方スタートからポジションアップを図るマクラーレンとフェラーリ勢はハミルトンが前述のように一時2番手を走るなど、レース序盤から徐々にポジションを上げ31周目のピットイン以降は暫定6番手を走行。終盤は5番手のスーティルを激しくプッシュした。
 また、フェリペ・マッサが27周目、フェルナンド・アロンソは37周目と1回目のピットインを遅らせたフェラーリ勢も、終盤は7番手を走るバトンと激しいバトルを繰り広げ、44周目の1コーナーでマッサがバトンをオーバーテイクする。しかしアロンソはトラブルを抱えながらバトルを繰り広げた末にマシンから白煙を吹いてストップ。レース残り2周という55周目のリタイア(完走扱い)はランキングトップだったアロンソにとって悔やまれる結果となった。

 レースは後方のバトルをよそにレッドブルが終盤も危なげない走りでファイナルラップを迎え、そのままベッテルが今季初のトップチェッカーを受けた。レッドブルは2位もウエーバーが入り、1-2フィニッシュを達成。3位はロズベルグとなり、4位以降にはクビカ、スーティル、ハミルトン、マッサ、バトン。9位トロロッソのハイミ・アルグエルスアリと10位ニコ・ヒュルケンベルグ(ウイリアムズ)は今季初ポイントを獲得した。

 9番手スタートで期待された可夢偉はオープニングラップでひとつポジションを落とすと、9周目に白煙を吹いてストップし、これで3戦連続となるリタイア。エンジントラブルからスタートをきれなかったペドロ・デ・ラ・ロサとともにBMWザウバーはまたもトラブルでレースを失う結果となった。またメルセデスのシューマッハーも10周目にマシントラブルに見舞われこちらもリタイアに終わっている。

[オートスポーツweb 2010年4月4日] 4月4日21時11分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000002-rcg-moto
 
   
Posted at 11:19/ この記事のURL
<自転車>シドニー五輪代表の阿部良之がマトリックス移籍 / 2010年04月05日(月)
 国内最高峰のジャパンカップの唯一日本人優勝者、シドニー五輪代表の阿部良之(40)が、4月1日付けでシマノレーシングからマトリックスパワータグコラテックに移籍した。阿部の加入により、マトリックスはこれまでの7人と合わせて8人体制(テスト生2人を除く)で2010シーズンを戦っていく。

阿部良之
1969年8月15日生まれ 40歳
2010年4月1日よりチーム加入。
2000年のシドニーオリンピック出場を筆頭に、1995年のアジア選手権優勝、1997年のジャパンカップ優勝、全日本選手権優勝など数多くのリザルトを持つロード界の重鎮。また1997年には当時世界最強といわれたマペイGPチームに移籍、本場ヨーロッパでも輝かしい成績を残す。

★主な戦歴★
1997 ジャパンカップ優勝、全日本選手権ロード優勝
2000 全日本選手権ロード優勝、シドニーオリンピックロード出場
2006 アジア大会チームタイムトライアル3位 4月1日11時58分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000000-cyc-spo
 
   
Posted at 11:18/ この記事のURL
目の毒!?人気モデルのビアンカ・バイ、セクシーコスプレで「絶世の美女」に―台湾 / 2010年04月05日(月)
2010年4月2日、人気モデルのビアンカ・バイ(白[音欠]恵)が、オンラインゲーム「三国群英伝2」のCM撮影で、人気キャラのセクシーコスプレ姿を見せた。自由時報が伝えた。

キュートな美貌で男女を問わず人気のビアンカ・バイだが、このほどオンラインゲーム「三国群英伝2」のイメージキャラクターに。CM撮影では、ゲームのテーマになっている三国志演義に登場する絶世の美女「大喬」「貂蝉」のキャラに扮し、セクシーなコスプレ姿を披露した。

【その他の写真】

現在は出演中のドラマ「偸心大聖P.S.男」が、放送時間帯の視聴率1位を独走するなど、女優としても活躍中。多忙な仕事の中での貴重なオフは、家にひきこもってゲームをしているといい、「もともと三国群英伝の大ファンで、イメキャラに選ばれるのはすごくラッキー」とうれしそうに語っていた。(翻訳・編集/Mathilda)

【4月5日0時32分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000000-rcdc-ent
 
   
Posted at 11:17/ この記事のURL
大泉洋、37歳の誕生日に愛の質問で頭かきむしる / 2010年04月05日(月)
大泉洋が4月3日(土)、東京・シネセゾン渋谷で行われた出演映画『半分の月がのぼる空』(深川栄洋監督)の初日舞台挨拶で、同日迎えた37歳の誕生日を主演の池松壮亮、ヒロイン役の忽那汐里ら共演者らからサプライズで祝福された。

【関連写真】この記事のほかの写真


登場するなり、熱烈なファンから「洋ちゃんおめでとー」の大声援を浴び、「37歳になってしまいました」と照れくさそうに頭を垂れたが、男性ファンから「洋ちゃん、かわいい!」の野太い声援が飛ぶと、「ありがとうございます! かわいさだけは、汐里ちゃんに負けたくないです」と愛嬌タップリ。

タイトルに因んだ月の形の特大ケーキが登場し、盛大に「おめでとー」と客席からコールされると「何年か前は、行きたくもないジャングルに行き、好きでもない男3人に誕生日を祝ってもらったことがありましたが、37歳はいいスタートが切れました」と大喜び。だが司会者から同作のテーマ、“ずっと愛し続ける”についてどう思う? の質問が飛ぶと、「明らかに僕だけ難しい質問ですよね、さすがに舞台挨拶職人の僕でも…」と答えが見つからずトレードマークのモジャモジャ頭を何度もかきむしる仕草。「37歳になりましたが、精神的には小学校高学年なもので『屁が臭い』で笑い転げたりしていますから」と開き直り、満場の観客を笑わせた。

同作は心臓病を患った少女(忽那さん)と男子高校生(池松さん)のラブストーリーで、大泉さんは少女の入院先の医者役。池松さんは「(同日公開の)『ソラニン』よりこっちを選んで正解です。昨日の夜、眠れず、夜道を散歩していたら半分じゃない月を見つけてしまいました。あれ? 何でこんな話をしているんだか…」と初日を迎えたことに興奮気味。忽那さんは劇中で披露した白無垢姿について「(角隠しなどの衣装の)あまりの重さにビックリしました」苦笑いを浮かべていた。

『半分の月がのぼる空』はシネセゾン渋谷、池袋テアトルダイヤほか全国にて公開中。

(photo/text:Yoko Saito)


【関連作品情報】
半分の月がのぼる空
 2010年4月3日よりシネセゾン渋谷、池袋テアトルダイヤほか全国にて公開
 © HANBUN NO TSUKI GA NOBORU SORA.ALL RIGHTS RESERVED

【関連ニュース記事】
忽那汐里、始球式登板! 池松壮亮がしっかりと“愛のボール”を受け止める
池松壮亮×忽那汐里インタビュー 伊勢の街で、2人でひとつずつ積み上げた想い
大泉洋×深川栄洋監督インタビュー 怖いもの見たさ? 純愛映画で開いた“新しい扉”
ポッキーガール忽那汐里が『半分の月がのぼる空』でしっとり白無垢花嫁姿を披露! 4月3日19時35分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000003-cine-movi
 
   
Posted at 11:16/ この記事のURL
黒崎播磨が07年10月以来の400円台回復、“踏み上げ”相場の様相に / 2010年04月05日(月)
 黒崎播磨 <5352> が新値追いに07年10月末以来の400円台を回復。年初からの株価上昇は収益改善期待が背景だが、ここにきてはむしろ信用需給を巡る思惑が売り買いの材料となっている。

 2日現在の貸借倍率は0.38倍と大幅な売り長。売り方の締め上げを狙った買いが流入することで、売り方に買い戻しを迫る“踏み上げ相場”の様相となっている。(編集担当:山田一)

【4月5日11時2分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000022-scn-biz
 
   
Posted at 11:15/ この記事のURL
対郵政 地銀連携の起爆剤 競争力強化へシステム統合加速 / 2010年04月05日(月)
 郵政事業の見直し案に郵貯銀行の預入限度額の引き上げが盛り込まれるなど、地域金融機関への“圧力”が強まる中、地方銀行がシステム統合を加速している。横浜銀行など3行は来年5月、共同開発したシステムを本格稼働。長野県の八十二銀行など6行も今月中旬から、融資関連の新システムを立ち上げる。あくまでも主眼に置いているのは業務効率化の推進だが、郵政見直しに伴う預金流出などに備えた、競争力強化の意味合いもありそうだ。システム統合はさらに踏み込んだ業務連携にも進みやすい。このため、ゆうちょ銀の大きな対抗軸になるのかという点でも注目が集まる。

 地銀の共同システムは、外部のIT企業へ開発を外部委託している点が特徴だ。横浜銀は、ほくほくフィナンシャルグループ(富山市)傘下の北陸銀(富山市)や北海道銀(札幌市)と組んで、今年1月から先行して単独で稼働を始めた。開発コストについては、2割以上の削減効果があったという。

 京都銀は青森銀、千葉興業銀など13行とシステムを共同開発。八十二銀行が山形銀など6行で稼働する共同システムについては、来年1月から、宮崎銀も乗り入れる予定だ。

 システムの共通化について、地銀の関係者は「マニュアル作りなどで互いの気心が知れることもあって、さらに進んだ業務連携の動機になりやすい」と指摘する。事実、京都銀のグループは、共通の投資信託商品を発売するなどしている。

 システム統合を地銀の広域再編の起爆剤に期待する声も上がり始めた。メガバンクがシステム導入をめぐりトラブルを起こした経緯もあり、金融機関の関係者は「統合の有利な前提条件はそろいつつある」と語る。

 一方、地域が隣接していないと「うまみがない」との声もある。だが、持ち株会社方式なら地域特性を残せる。実際、山口銀ともみじ銀(広島)を傘下に置く山口フィナンシャルグループ(FG)が、11年度にも北九州市に新銀行を設立するなど“越境再編”の動きも出てきた。

 郵政事業の見直し案は、金融事業への依存が強まる内容となる。景気の不透明感によって企業融資が細るなど、地銀を取り巻く経営環境は厳しさを増しているだけに、地銀にとって郵政事業の肥大化は驚異の的。地銀のシステム統合は結果的に、対郵政を見据えた広域連携の起爆剤になる可能性を秘めている。(山口暢彦)

【4月5日8時15分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000003-fsi-bus_all
 
   
Posted at 11:14/ この記事のURL
メコン川の異常渇水、中国による上流へのダム建設は無関係―メコン川委員会 / 2010年04月05日(月)
2010年4月4日、中国のテレビ局「鳳凰衛視」によると、メコン川委員会のバード事務局長は、同委員会が独自に調査した結果、メコン川上流に中国が建設したダムは、09年末から起きている異常渇水、また08年に起こった洪水の原因ではなかったことがわかった、と発表した。

それだけでなく、同事務局長は、中国によるダム建設によって今年1月には起こるはずだった干害を、むしろ現在にまで遅らせる効果があったこともわかった、とした。中国によるダム建設と今回の干害との間には何ら因果関係は認められず、干害の原因は降水量の減少と高温が続いた気候によるもの、と強調した形だ。

【その他の写真】

同事務局長はまた、中国が5月に同委員会を雲南省のダム視察に招待したこと、各委員会参加国が要求したダムの貯水・放水に関するデータの提出にも応じる姿勢を見せたことを評価した。(翻訳・編集/津野尾)

【4月5日11時5分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000006-rcdc-cn
 
   
Posted at 11:13/ この記事のURL
人間空気いすの日本記録に挑戦、841人が参加/相模原 / 2010年04月05日(月)
 ステージ発表やパレードなど、さまざまな催しがめじろ押しの「相模原市民桜まつり」が3、4の両日、同市中央区の市役所周辺で開かれた。満開の桜が咲き誇る中、昨年に引き続き、人間空気いすで日本記録に挑むイベントなどが行われ、2日間で過去最高の計約46万人の人出でにぎわった。

 人間空気いすは、参加者が一つの輪をつくって並び、後ろの人のひざに座っていくもので、ことしは昨年の2倍近い841人が参加した。静岡県で樹立された1048人のギネス世界記録には及ばなかったものの、参加者はお互いに声を掛けながら果敢にチャレンジしていた。

 市役所周辺では、力強い和太鼓演奏のほか、阿波おどりやよさこい踊りを披露するパレードも実施され、会場を盛り上げた。同市の政令指定都市移行を記念し、全国の政令市の特産品を紹介するコーナーも設けられ、たくさんの人が立ち寄っていた。

 友人と一緒に空気いすにチャレンジしていた市立もえぎ台小6年の番匠健治君(11)は「初めて会った人と力を合わせて頑張るのが楽しかった。日本記録に届かなくて残念だから、来年も参加したい」と笑顔で話していた。

【4月5日11時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000003-kana-l14
 
   
Posted at 11:11/ この記事のURL
セカンドライフ「企業利用ゼロ」 土地のレンタル事業大幅縮小 / 2010年04月05日(月)
 一時ブームになったネット上の3D仮想空間「セカンドライフ」。過疎化が進んだと報じられたこともあり、日本企業の利用はほぼゼロになっている。このあおりで、国内最大のセカンドライフ事業者が、土地のレンタル事業を大幅に縮小させることになった。

 このセカンドライフ事業者「マグスル」は、仮想空間上のSIM(島)にある土地をレンタルに出したり、セカンドライフを運営する米リンデン・ラボ社が発行する仮想通貨のリンデンドルを販売したりするサービスをしている。

■ブログ上で「セカンドライフ事業縮小のお知らせ」

 それが、2010年3月31日になって、同社のブログ上で、「セカンドライフ事業縮小のお知らせ」を出した。お知らせによると、セカンドライフでは、企業利用はほとんどなくなり、企業向け土地レンタル事業の収益が確保できなくなったというのだ。

 セカンドライフは、07年初めに日本でも盛んに報道され、ネット上で爆発的なブームになった。京都を模した日本的な街並み「NAGAYA」が人気スポットになり、大手企業も製品PRの仮想店舗を構えたり、仮想社屋を建てて採用活動をしたりした。

 ところが、この年の暮れ近くになって、早くも「過疎化」が報じられる事態に。3D空間に対応できるパソコンがあまりなく、イベントなしには何をしていいかわからないことなどが理由とされた。そして、その余波で、08年になると撤退する企業が相次いだ。

 最近になると、もう企業利用もほとんどなくなり、マグスルでは、「Yurakucho SIM」など5地区を4月30日で閉鎖することにした。リンデン・ラボ社との方針の違いもあったという。今後も、稼働率が60%を下回る場合は、順次閉鎖していく。

 とはいえ、セカンドライフ自体は、根強いファンがいて、世界的に個人ユーザーは増えていく傾向にあり、リンデン・ラボ社もすでに黒字化を達成したという。日本では現在も、個人ユーザー2〜3万人がセカンドライフを利用しており、オンラインゲームなら十分な数だとしている。

■「日本で今後見直す動きが出る」と断言

 日本で批判的な人が増えていることについて、マグスルの新谷卓也社長は、マスコミの影響もあると指摘する。

 事業縮小のお知らせでは、「個人の思い」として異例の長文を掲載した。それによると、ブームのころは、楽しさよりビジネスに報道の力点が置かれ、「お金が儲かる次世代インターネット」と盛んに流された。セカンドライフには、友だちとチャットを楽しみ、様々な教室で新しいことを学ぶなどの楽しみがあるという。それが先入観で歪められてしまって批判的な見方が広がり、セカンドライフを見たり理解したりしていないのに「もう終わった」と報じられたというのだ。

 新谷社長は、取材に対し、セカンドライフには楽しい部分がたくさんあるとして、「日本で今後見直す動きが出る」と断言した。

  「ケータイの各種サービスでも、最初はアバターを作るだけだった個人ユーザーが、それを動かしてコミュニケーションを楽しむようになっています。慣れてきてアバター利用への要求は高度化すると予想され、いずれパソコンでも楽しむと考えています」

 セカンドライフ事業も撤退を決めたわけではなく、個人ユーザーへのリンデンドル販売は落ち込んでおらず、今後も続けていくという。同社によると、この部門は、事業の8〜9割を占めている。レンタル事業についても、「Shinjuku SIM」など3地区を建物付きレンタル中心にするなど、様々な方向性を試す。

 もっとも、エロやギャンブルのスポットさえ利用が低迷していただけに、どのようにして盛り上げるというのか。新谷社長はこう説明する。

  「ツイッターなどリアルタイムのネットコミュニケーションが普及してきたので、3Dアバターの選択肢も今後大きくなるはずです。例えば、インディーズミュージシャンのライブは限られた人たちのものでしたが、アバターなら時間や距離を超えてライブを楽しめるようになります。アバターが身近になれば、その楽しみが自然に分かってくると思っています」


■4月3日10時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000000-jct-sci
 
   
Posted at 11:10/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!