渡邉の宗像

January 02 [Mon], 2017, 20:21
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。
日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
日常的に運動を続けている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。
あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。
障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。
インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。
この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。
他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココナ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/anstgh1iinteer/index1_0.rdf