レアンドロのハットトリックを含めた今季最多ゴールで富山に圧勝した

April 23 [Tue], 2013, 23:22
手応えを感じる長谷川健太監督

 レアンドロのハットトリックを含めた今季最多ゴールで富山に圧勝したG大阪決定機を再三作りながらもやや消化不良の感があった前3節と異なり、昨年のJ1最多得点チームの実力を見せつけた格好だ

 J2最強ストライカーのレアンドロや、単なる技巧派からハードワーカーへと変貌を遂げた倉田秋らタレントを擁する前線は脅威の一言だが、今のG大阪の持ち味は必ずしも攻撃力にとどまらない

 連勝を3に伸ばした富山戦を含めて、現在守備陣は4試合連続で相手にゴールを許していない

「ガンバらしくない1対0というスコア」松本山雅戦後の記者会見では、長谷川監督自らがこう切り出したただ、その言葉の裏にあるのは決定機を逃し続けた攻撃陣に対する不満よりも、1点差を守りきれた事に対する手応えだ

 富山戦に向けた練習を終えた後、指揮官は本音を漏らしていた「勝てばもちろん嬉しいが、完封できたことも嬉しい1対0で勝つというのは本当に力がないと出来ないスコアそういう意味では点差こそ少ないが、非常にアグレッシブに戦えている」

 開幕当初は不在だった加地亮が、富山戦でも中央に絞った鋭いカバーリングを見せたり、今野泰幸が幅広い範囲をケアしたりしているとは言え、チーム全体が距離感の良い守りを見せている

■1-0で守りきれるようになったガンバ

 東京V以降、再三決定機を逃してきた攻撃陣に対しても「決定機は作れているし、最後のところだけ今は待つだけ」と辛抱強いところを見せる長谷川監督だが、守備意識のなさやアグレッシブさを欠いたプレーには容赦がない

 前線に求められるタスクを象徴的に語った指揮官の言葉がある「守備をするのは当たり前で、プラスアルファとして点も取れる要になって欲しいそれが出来る二人(レアンドロと倉田)だと思っている家長もそうだ」

そんな長谷川イズムの体現者が富山戦でレアンドロのハットトリックをお膳立てし、自らもだめ押し点を叩き込んだ倉田である「守備を頑張るのはこのチームでは基本」西野朗元監督が率いた当時のG大阪もフォアチェックから芸術的なハーフカウンターを繰り出していた時期はあったものの、当時とは異なる守備の安定感がチームに根付きつつある

 昨年は試合序盤にあっさり失点を許し、前がかりにならざるを得ない展開でさらに加点を許すという悪循環が続いたが、今季先制を許したのは京都戦と千葉戦の2試合のみ3節以降、先発に定着する2年目の西野貴治は「先に点を取られなければ負ける事はない1対0のスコアも、守備陣にとっては気持ちがいい」とさえ言い切る

 長年「攻めダルマ」の哲学を貫いてきた大阪の雄に浸透し始めた確かな守備戦術長丁場のリーグ戦と復帰後のJ1リーグの戦いを考えれば、目指す方向性は至極当然である外国為替証拠金取引(FX)のパソコンソフト購入名目で計1200万円をだまし取られたとして、愛媛県伊予市の無職男性(69)が22日、伊予署に被害届を出した同署は複数の男が絡む特殊詐欺容疑事件として捜査している
 同署によると、3月下旬ごろ、販売仲介会社社員を装う男から男性方に「FXソフトの申込書とパンフレットが届けば連絡してほしい」と電話があった3月25日ごろに販売会社を装う会社から封筒が届いたため連絡すると、男は「購入できるか問い合わせしてほしい」と依頼男性が確認して再度男に電話すると「手数料を上乗せするので、代表で購入してほしい」と言われ、申込書を送った
 その後、販売会社から「購入しないと監査が入り、社内で問題になっている」「違法取引でない証明のために購入してほしい」と電話があり、男性は、市内のコンビニエンスストアから3回に分け、計1200万円を東京都内に郵送商品が届かず、連絡が取れなくなったことから被害に気付いた

 連勝を3に伸ばした富山戦を含めて、現在守備陣は4試合連続で相手にゴールを許していないグッチ iPhone ケース

 連勝を3に伸ばした富山戦を含めて、現在守備陣は4試合連続で相手にゴールを許していないティファニー セット コピー

 連勝を3に伸ばした富山戦を含めて、現在守備陣は4試合連続で相手にゴールを許していないiPhone5ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ansofe68/index1_0.rdf