大きな物件の賃貸をするならば信用調査をした方がより良い 

2013年09月28日(土) 20時29分
家やマンションやアパートなどの賃貸ならば保証人を立てて貰うなどして、何かあった時に信用できるようにと考えて契約をするでしょう。

倉庫やオフィスなどの大きな物件の賃貸でも、同じように保証人を立てて貰うかもしれませんが、保証人だけでは何かの時に対応ができないような物件の場合もありますよね。

そう言う場合は、借り主がどのような信用状況なのか信用調査をした方がより安心でしょう。

借り主は個人かもしれませんし、会社かもしれません。

どちらであったとしても、本当に貸しても大丈夫なのかと言う信頼があった方が安心でしょう。

信用調査ならば探偵や興信所などでおこなうことができるでしょう。

実際のところ私の祖父も大きな物件の賃貸をする際、広島県で探偵社に信用調査を依頼したことがあるそうです。

個人であれば多額のお金を借りていないか、会社であれば資金繰りには問題がないのか、そういう面でもしっかりと信用できるのか分かってから賃貸したいものです。

大きな物件であれば、家賃収入はかなりなものになるでしょう。

大きなお金が動くからこそ、毎月きちんと家賃を納めてもらえる人に貸したいと願うでしょう。

信用調査では信用できるかどうかは断定はしてくれません。

様々な事実を前にして、この人を信用するのかどうか、最終的な判断を下すのは自分なのです。

その判断の為の材料の1つが調査結果なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nagase
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる