血圧が高いと自覚していましたが、、、

February 27 [Mon], 2017, 16:05
血圧が高いと自覚していましたが、妊娠と出産を経験した後は血圧が普通の人よりも高くなり、高血圧という病気であることが判明しました。



病院から離れてまる一ヶ月は薬を続けていましたが、夜眠れない事が多く疲れがとれず、朝食後に意識が飛ぶことが多く、一時間はゴロリと寝ているのが日課でした。



薬を別のものにすると、意識不明になる頻度は低下しましたが、血圧が下がらないまま今に至ります。



生活習慣病にかかっている人の大半は高血圧です。



誰もが気にしている気をつけなければと思っている病気です。



データでさらに詳細が判明したのがうつ病の原因にもなっていることでしょう。



高血圧の薬の成分に問題があるのかうつ病が高血圧を引き起こすのか断定的なことは言えませんが、高血圧の治療法が進めば、うつ病の人にも朗報となりそうです。



高血圧は元来2つの種類に分けられます。



常時150くらいで安定している人と通常120くらいの血圧がたまに150以上の高血圧になるなど血圧に急激な変化のある人です。



特に気を付けなければならないのは後者で、常時一定して高血圧の人に急な異変のあることは多くはないのではないでしょうか。



血圧が高いから息苦しいのではなくて心臓や肺の異常などが引き起こした息苦しさのために正常範囲を超えた高血圧になっている状態だととらえるべきだと思います。



タウリンは、高血圧の人に効果を発揮します。



タウリンと聞いて、まず思い浮かべるのは栄養ドリンクに含まれている成分であると、よく知られている事ですが、栄養ドリンク中にはタウリンだけではなく、カフェインやアルコールなど、色々な成分なども入っていますので、高血圧の人には、逆効果になってしまうかもしれません。



タウリンを摂取していきたいと思ったら、歯ごたえのある、イカやサザエなどの魚介類にはたくさん含まれていますのでもし摂取しようと思うのならば、そちらからが良いでしょう。



疾患には遺伝性のものと非遺伝性のものがありますが、高血圧はその限りではありません。



ただし、高血圧体質に関して言えば、遺伝が関連している場合もあります。



もしも両親ともに高血圧であれば、生まれる子供は50%の確率で高血圧を罹患すると言われています。



父親のみまたは母親のみが高血圧であれば、30%の確率で子供が高血圧となる可能性があります。



生活習慣は高血圧改善に大いに影響するので、健康のために整った生活習慣を身につけるとよいでしょう。



サイレントキラー、それが高血圧の通称です。



その通り名は大げさではなく、自覚症状が起きにくいという特徴があるのですが、大病に繋がる可能性を充分に秘めているのです。



高血圧と生活習慣病の発症に繋がる原因はほとんど同じなので、肥満気味の人は、その脂肪量から暑がりで、高血圧患者の割合が多くても、ある意味当たり前だと感じます。



また、血圧が急に上がることで興奮を促し、交感神経の働きが過剰になることで体温上昇や発汗などが起こりやすいので、一般的に暑がりと呼ばれる人が多くなります。



気持ちの良いお風呂も冬場は危険な場合があります。



特に血圧が高いと医者から言われている方は注意しなければなりません。



寒い時ほど熱いお湯につかりたくなります。



しかし、血圧の急上昇をまねくこととなり脳卒中をおこしたり、血栓が詰まることにより心筋梗塞をおこし死んでしまう場合もあります。



一般的には、お湯の温度が42度を超えた場合、血栓が出来る危険性が高まると言われていることから湯音は少しぬるめの40度までで我慢し温めておいた浴室に入ることがお勧めです。



お酒は適量であれば無害とも言われますが、毎日たくさん飲酒すると血圧が上昇すると言われています。



血圧が高い人は飲酒の量に注意する必要があり、禁酒日を設けるなどの心掛けが大切です。



また、飲酒で顔が赤くなる人がいますが、アルコールの代謝にかかる機能が低く、血圧が急激に上昇する可能性があるので自覚した上で飲みましょう。



高血圧か調べる時はほとんどの場合2つの段階を踏んで行きます。



最初に普通の検査(問診、肥満度測定、尿と血液と眼底の検査、心電図、胸部X線検査)がなされます。



このようにして、血圧が高い原因が何かや、その他に合併症があるかどうか調べます。



これが怪しい場合は精密検査という段階に移ります。



精密検査において、CTやMRI、超音波による検査や血液検査や尿検査を再び行い、血圧が高くなる理由を調べます。



高血圧の問題点と言えば自覚症状が少ないことですが、そんな高血圧の発見に繋がる症状として稀に頭痛を感じることがあります。



しかし、そもそも高血圧は頭痛を引き起す因果関係はないため、高血圧の症状として表れる頭痛は高血圧性脳症や脳梗塞などの深刻な病気が隠れている危険があるかもしれません。



高血圧の人が頭痛を感じるというのならたかが頭痛と油断せずに、一種の前兆として捉えて、早めに診察を受けることが推奨されています。



高血圧対策をはじめよう!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:anpn123
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/anpn123/index1_0.rdf