杉野の祈愛

June 30 [Thu], 2016, 13:05
家庭で使える脱毛器には、Vライン脱毛(アンダーヘア脱毛)が可能な脱毛器があります。
脱毛サロンでも施術可能な部位ですが、お店でアンダーヘアの脱毛と受けるとなると抵抗があるという方は、家庭用の脱毛器を使用して自分で処理するのも良いでしょう。
痛みに弱い部位ですし、ほかの部位のように保冷剤等で冷やすのも難しいですから、もしこれから購入するのであれば、出力調整できる製品を購入するのが良いでしょう。指さっと脱毛したいならカミソリがお奨めですが、強い刺激はお肌にとってマイナスです。
きちんとジェルなどで保護してから剃る、使用するカミソリの清潔さ保つなど、肌のためにできることをしましょう。剃り終わったらボディソープなどの使用は避けて、お風呂に浸かるのは我慢して、乾燥させないように、保湿しましょう。脱毛をしても、すぐにまた生えてくるムダ毛ですが、何度も繰り返し剃っていると、やっかいな色素沈着を引き起こします。このごろでは、暑さ寒さに関係なく、薄手の格好の女性をみかける事が増えています。
女の人達は、スネ毛などの脱毛のやり方に常に悩みのたねであることでしょう。スネ毛などの余計な毛を抜く方法はあらゆる方法がありますが、ベストでらくなやり方は、確実に家での脱毛処理になりますよね。脱毛エステへ行って施術を受けたその後ですが、自分自身でもケアを怠らないようにするのが大切です。


そのひと手間のアフターケアをしておくことで、やっかいな肌トラブルの起こる率が減ります。
自分で行なうアフターケアの具体的な方法についてはお店でスタッフから教えて貰えますが、施術後は冷やしてあげる、保湿に努める、刺激をさける、といった点が基本になります。

中でも保湿に関しては大変重要になります。脱毛サロンに足を運ぶ前には、やはり肌を見られる訳だからきれいに毛を剃っていかないとと思って、しっかりとムダ毛を剃って行きました。
しかし、いざ見てもらう時になると剃りのこしがあちこちにあって、恥ずかしく思いました。



そのうえ、体毛の量や生え方を確かめるために、剃らないで行ったほうがよかったそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shota
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/anpl270eurmmca/index1_0.rdf