プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:anpan_machine
読者になる
名古屋人


好:落書き
好:動物
好:仏像
好:紅茶
好:演劇
好:オーリス
好:車の中で大音量music
好:映画
好:絵本
好:印税
好:目玉焼き
好:おすし
好:そろっているもの
好:用事のない休日の午後の雨
好:向上心

嫌:骨のある魚
嫌:辛いもの
嫌:煙草
嫌:本を開いてうつぶせに置いておくこと
嫌:分からず屋
嫌:無駄な規則
嫌:部屋の中の虫
嫌:歯医者
嫌:高いガソリン
風林火山灰 / 2010年11月25日(木)
疾きこと風の如し
徐かなること林の如し
侵掠すること火の如し
動かざること山の如し
つぶやくこと灰の如し

はじめました。@9tar0
 
   
Posted at 00:21/ この記事のURL
神様 / 2009年11月22日(日)
“言葉”好きな私の好きな言葉に「神様」があります。

かみさま

いい言葉です。
あなたはこの言葉を聞いたとき、何を思い浮かべますか?
考えやすいところで聞くと、どんな姿を思い浮かべますか?
真白い布の服を身に着けていて、白いひげ。
髪の毛は禿げているか、やたらと長いか。
光る輪っかが頭の上に浮かんでいるような。
そんな神様が一番多くの人が納得する姿かと思われます。
ではどこにいますか?
天国だの高天原だのヴァルハラだのいろいろありますが、
どっちかと言われれば多くの人はなんとなく上の方を指すと思われます。

もちろんこれは人それぞれのものなので、
それぞれの姿をした“私の神様”がいて良いと思います。
むしろ今回はその話。

中には宗教を持ち出して“私の神様”を語る人もいます。
それが悪いとはいいません。
宗教はそれぞれの文化に合わせた道徳をわかりやすく都合よく示してくれるものです。良しと悪しが教本を開けばすぐにわかるのは便利ですよね。

でも、私の好きな“神様”はそーゆーのではないんです。
「神様、どうか明日の運動会でかけっこ1等賞になれますように。」
と、願う子どもの頭に浮かんでいるのはどの神様でしょうか。
「神様、パパの飛行機をちゃんと安全に着陸させてください。」
同じことです。
その人にしか感じられないその人の“神様”です。
とらえようのない強く大きな存在。
それが本当の“神様”だと思います。


さて、先日BSで放送された舞台。
「神様とその他の変種」を観ました。
http://www.cubeinc.co.jp/stage/info/kamisama.html

動物と話をすることができる選ばれた子どもである主人公。
その息子の邪魔になると思った人を次々に殺していく両親。
ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品はあまり観たことはなかったのですが、
不思議な設定で不思議な展開から不思議な結末に導く素敵な作品だと感じました。
登場人物はみんなそれぞれ不幸な境遇で、なかなかそこから抜け出せないでいます。
そして自分たちを不幸な運命の真っただ中に落とした“神様”に逆らおうとします。

この作品で表現している“神様”はもちろん私の好きな概念的な存在の方です。
舞台のチラシの裏には作品の基となった歌の歌詞が書かれています。
歌の中では“神様”への考え方が徐々に変わっていきます。

「神様、お願い。もしもちゃんといるなら、世の中に平和をもうちょっとください。」

「神様にあきれた動物たちの声が夜空にこだまする。流れ星落ちる。
また生まれてはまた死んでゆく。時は経つ。繰り返す。戻れない。」

「泣き叫ぶもの、高笑うもの、君の眼からは涙がポロリ。じゃあ僕たちは神が片手落ち誤魔化す前に先回りしよう。」

「過剰なるもの、不足なるもの、できそこないが神を出し抜く。ほら、届かない。神様の華奢な短い腕じゃ僕らの場所には。」

「長すぎるもの太すぎるもの、鼻を伸ばして象がつぶやく『今更だけど神よ、気まぐれを誤るならば許してやるぜ』と。」




私の好きな原始的で概念的な“神様”ってば一体なんなのか。
私の中では答えが出ているのですが、あえて言葉にしないで締めくくろうと思います。


で、そっちの神様はどうよ。
 
   
Posted at 07:43/ この記事のURL
なくもんか / 2009年11月22日(日)
日本の美の一つに「察する」があります。
1から10まで説明されてわかるのではなく、
5や6、関係によっては1や2を知っただけで
10を理解する世にも美しい技です。
「察する」ことができるということは、
それだけ相手のことを考えているということです。

だから俺は1から10まで説明しないことが好きです。
親しくなればなるほどその傾向が見られると思います。
一挙手一投足の裏に、一言一句の裏に潜ませた思い。
日々、察していただいてありがとうございます。

さて、
そんな全ては語らない人間は大きく2つのタイプに分けられます。

ひとつは、
全ては語らないけど、陰の意味を察してねタイプ。
そしてもうひとつは、
語りが少ないだけで意味とか別にないですよタイプ。

前者のタイプの人間としては、厄介なのは後者のタイプです。

そんな後者の人間が脚本など書こうものなら、
張られていない伏線が気になりすぎて大変です。

長くなりましたが、そんな映画

「なくもんか」


クドカンの脚本の適当さには寒気がします(笑
起承転結しない豪気さ。
オチがつかなくても気にしないとか小心者の俺には無理です。

前作は舞妓というわかりやすい軸があったので大円団できましたが。
その前の弥次喜多の後半のグダグダさは酷かった…
原作のしりあがり先生が可哀想でした。

そして今回。

バカみたいに人が良い主人公が様々な問題をなんだかんだで乗り越えていく人情活劇です。
阿部サダヲのテンションあっての話でしょうね。
話の展開自体はどの主線も伏線も中途半端でビツクリ。

特に登場人物の気持ちの切り替えが早過ぎて興ざめでした。

まぁ、
用意されてない伏線を気にしすぎて、見終わっても全然スッキリしませんでしたとさ。

あー、

ただ笑える作品として観るのが正解です。


クドカン作品の今後の扱いは「少年メリケンサック」を観てから決めることにします、(笑)
 
   
Posted at 07:43/ この記事のURL
日月休みとスペル / 2009年11月22日(日)
土曜日に文化祭があったせいで日月とお休みでした。

日曜日はクリエーターズマーケットへ行きました。
友人のソファ探しにファニチャードームへ行くついででしたが、
思いの外楽しくて困りました。
たくさんの新しいアイデアについた高額の値札。
50万円を越えるオブジェもチラホラ。
才能を買うと思えば安いものですか?
まずは手頃な額で世に広めませんか?

ファニチャードームではコーディネートの魔術師として
友人の部屋を俺好みに組み変えてみました。

そしてその後は狩り狩り狩り♪
4人で出るのは楽しいわ。

今日は今日で名駅うろついてペッパーランチ食べたり、
ジュンク堂で「世界失言全集」読みふけったり、
ハンズで教材のゴム鉄砲用の強いゴム探したりでした。
念願の「朱肉」も買いました。もう他人に借りませんw

で、久々に映画の話ですが「スペル」観ました。

おばあさんから呪いを受けたある女の悲劇。

あのスパイダーマンの監督サム・ライミが
どんなホラー作品を作ったかと思えば、
ただの“子どもの悪ふざけ”でした。

初期のホラー映画に対するオマージュでしょうか、
全体的に少しオールドタイプな映像と音になっています。
そして恐怖というよりは“でかい音”と“突然”による
ビツクリムービーです。その酷さに笑ってしまいました。

まぁ、とにかくいろんなものが主人公の口に入る映画です。
ハンカチやハエに始まり、おばあさんの体液や腕や目が入る入る。
そして、
おばあさんと主人公とのスパイダーマンを超える肉弾戦。
そして頭に十字架が落ちるドリフのような展開。
恐怖を糧に成長した後半の主人公の行動と言動は圧巻。
以上が見所の面白映画でしたー
全然恐くありませんー
観に行く必要もありませんー
 
   
Posted at 07:42/ この記事のURL
遅れてきた神様 / 2009年11月22日(日)
「遅れてきた神様」

遅れてきた神様は大慌て。
自分が作った人間と最初から一緒にやるつもりが、
いろいろあって遅れてきてしまったのだから。

神様は張り切って人間たちに本当のやり方を教えました。

世界中で通じる本当の言葉の話し方とか、
誰も欲を出さない本当のお金の使い方とか、
本当の愛と平和のつくり方とか、

片手ひとつで火をおこす方法や車より便利な移動方法まで、
それはまだ人間が考えつかないような本当に完璧なものばかりでした。

「君たち人間に最初に教えなきゃいけないことを
私が遅れてきたばっかりに今頃になってすまない。
きっとたくさん失敗してしまっただろう。
これからは私がずっと一緒にいて、
君たちの本当の能力を全部教えてあげるから安心しなさい。」

すると一番年寄りの人間が神様にゆっくりと言いました。

「神様、本当にありがとうございます。
きっと私たち人間だけでは、あなたがいない時のように
上手に進めないことも間違えることもあるでしょう。
でも神様、私たちはこれまでのように自分たちで考えて
自分たちで進んでいきたいのです。

作ってもらっておいてこんな勝手なことを言って申し訳ありません。」



神様は少しさびしそうな顔をしましたが、
すぐに笑ってみせてくれました。
そしてとても優しい光とともに
どこかへ消えてしまいました。
 
   
Posted at 07:41/ この記事のURL
おかざきおかざきどんなまち? / 2009年03月07日(土)
さて、ここ数日
「サカナクション」の“ネガティブダンサー”が
脳内リピートされています、おれです。
アジカンの廉価版みたいなヤツらと思っていますが、
どうにも離れません。お試しあれ。

さてさて、ご存知のように、5年の間、
ここ辺境の地“半田”で働いてきたわけですが、
4月からは舞台を“岡崎”へと移します。
名古屋っこの私にはやはり辺境。
未踏の地ではないのですが、どうなんでしょう。
引っ越すべきか電車でガタゴト通うべきか。
悩みます。


あ、そういえば
「チェンジリング」ですが、意外におもしろいです。
ジャンルが移ることでわかりづらいという評判も
ありましたが、実話の持つ力は強いです。
実際の当人がジョリーのような容姿をしていた
ということは絶対にないと思いますが。75点
 
   
Posted at 12:48/ この記事のURL
the last day of the year / 2008年12月31日(水)
私の生活はとても規則正しい。
それはもう、ツバメも平謝りするほどの規則正しさだ。

まず、朝は9時頃起きて何か食べる。


・・・・・・・・・・・・


自分で自分をツボらせた、最近のフレーズです。
つくづくシュールなヤツです。

自分が何を面白いと思うのか。
なかなかアバウトなところだとは思いますが、
あなたはあなたのツボをわかっていますか。

2009年の初笑いはいったい誰の何でしょう。


追伸:近所にある著作権にうるさい店の看板をupします。
 
   
Posted at 15:16/ この記事のURL
結果、娯楽50%OFF / 2008年12月31日(水)
ん〜

パソコンでレンタルDVDが再生できなくなった…

DVDが悪いのか
WMPが悪いのか
TPOが悪いのか…



師走め…
 
   
Posted at 15:15/ この記事のURL
地球が静止する日 / 2008年12月18日(木)
観てきました。

「地球が静止する日」

思ったよりよかったですよ。
映画的で。大味で。
■73点■

オリジナルの方を是非観たいと思います。

薄目の内容に関しては、
最終的にどうこうより、

なんというか、


人間て、いゃーね

まったく

て感じですた。
 
   
Posted at 15:14/ この記事のURL
ウォーリーです。 / 2008年12月13日(土)
さて、
師走に入り、少しだけバタバタしましたが、
なんとなく落ち着いて、PSPにも身が入るように
なってきました、おれです。

年賀状の季節です。が、
生徒の年賀状の合成写真に時間がかかり、
ちっとも自分の年賀状に取り掛かれません。
我が子を牛と合成されても笑ってくれる
冗談の通じる保護者ばかりです(予)

とりわけ書くことはないのですが、
そういえば先日「ウォーリー」を見てきました。

さすがピクサーのCG技術。毎回うなります。
でもその技術自体を結果にしないところこそが、
燦然と輝くピクサーのピクサーたる所以だと思っています。

さて、そこまでほめておいてなんですが、
映画…途中で寝てしまいました...zzZ

なにせ土曜日とは言え、朝5時起きで、
丸1日仕事だった日のレイトショーだったもので、
それであれだけ見れたのだからすごいもんです。

寝たのは宇宙行ってすぐの中だるみのとこです(笑)

でも、ほら、
今他に見る映画なんてないし、これは別格だと思いますよ。
おれもまた観に行くし。

見て後悔するような作品だったらと心配しているなら、

Don't ウォーリーです…


それとも先日、GEOで見つけたコレにしますか?
「ブッシュマン キョンシーアフリカへ行く」

あのニカウさんとキョンシーのコラボです。
まだ借りてませんが、見たいかたがいれば是非一緒に。

「ブッシュマン ニカウさん中国へ行く」との
最強メガパックもamazonで発売しています。
そっちはパンダとコラボラボ。

非常にウォーリーです…
 
   
Posted at 15:13/ この記事のURL
P R
2010年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.