17歳の肖像

May 13 [Fri], 2011, 20:18
17歳の肖像
★★★★☆(★4つ)



思春期の少女の危うさを描いている作品。
古典的、典型的な話なのに、繊細で簡単に溶けてなくなる角砂糖のよう。

オックスフォードを目指す受験生ジェニーは、年上のデイビットに出会い、未知の華やかな世界を知り・・・。

いるよね、こういう男。けっこうそこらじゅうに。
(月9の藤木直人みたいな)

しかし、この子は素直に過ちを認めて、頭を下げたのが偉いな、と。

ジェニー役が外国人版宮崎あおいちゃんみたいにかわいい。
お父さん役が、スパイダーマンのタコ人間で笑えた。
  • URL:http://yaplog.jp/anothersky/archive/354
Trackback
Trackback URL
17歳の肖像 :: 食はすべての源なり。|yaplog!(ヤプログ!)byGMO
Vibram Five Fingers Shoes  July 05 [Fri], 2013, 11:17
17歳の肖像 :: 食はすべての源なり。|yaplog!(ヤプログ!)byGMO
BcrahRuJ  July 05 [Fri], 2013, 11:13
17歳の肖像 :: 食はすべての源なり。|yaplog!(ヤプログ!)byGMO
フェラガモ バッグ  July 05 [Fri], 2013, 10:06


キャリー・マリガン主演。なんとも可愛らしくてとても初々しい。
1961年、ジェ二ーはオックスフォード大学を目指す16歳。苦手なラテン語もチェロの練習も進学のために頑張り、味気ない日々。ある大雨の日、チェロを抱えてずぶ濡れのジェ二―は高級車に乗った30代のデイヴィッドに話しかけられるが…。
お金に余裕がある大人の男に翻弄される少女ジェニー。クラシックコンサートやナイトクラブ、絵画のオークションなど、今まで経験したことのない世界に連れまわさせて刺激的な大人の社交の世界に浸っていくが、彼にはある秘密があって…。
ジェニーは、結局さまざまな背伸びを経験しつつも、オックスフォードへ合格し普通の道へと戻っていった。この一件すべてが一種の青春の通過点だったわけですね。大人のつもりだけれどまだまだ子供、ただ、デイヴィッドは彼女が憧れていた大人の世界の扉を開けてくれる男性であった。
多感な純粋性はこの年頃の特権のようだし、ちょっと道を踏み外しそうになるけど、ちゃんと周囲の大人が見ててくれるところに好感を持ちました。失敗から学ぶ人生ってものもある。やり直すチャンスを与えられたジェニーは本当にラッキーです。
...
いやいやえん  December 22 [Sat], 2012, 9:06
16歳の少女が、ある年上の男性と出会い、恋をしながら大人になって行く姿を描く映画『17歳の肖像』。

17歳まではバージンを守ると決めていた彼女、17歳になって以降は本格的な“大人の恋”に突き進みます。


でも、大人の恋に潜むリスクを見ぬけるほど、17歳はオトナじゃな
1960年代のイギリスを舞台に多感な年頃の女子高生のある青春を描いた作品です。 アカデミー賞で話題になった時から、観たいなあと思っていました。 青春と挫折の物語を生き生きと演じているキャリー・マリガンの笑顔が心に残る作品でした。
とりあえず、コメントです  May 22 [Sun], 2011, 0:32

★★★


オヤジの肖像


「学校では教えてくれないこと」を経験したいの。
親や先生への反発と少しの好奇心から大人の世界を覗いた少女が、大人でもなかなか経験できない事に巻き込まれ、ひとまわりど...

<17歳の肖像 を観ました>

原題:An Education
製作:2009年イギリス

←クリックしてね。ランキング参加中♪

観たいみたいと思いながらも機会を逃してしまっていた作品。
主演のキャリー・マリガンは第82回アカデミー賞で主演女優賞にノミネートしました。最年少だっけ?

1961年ロンドン郊外に住むジェニー。裕福ではないが、オックスフォード大学を目指す優等生。
雨の降るある日、彼女は自分の倍も年のはなれた男性デイビッドと出会う。
彼と親しくなるうち、やがて彼と共にクラシックコンサートやディナーなどを体験し、今までの退屈な生活に疑問を持ち始める。

主演のキャリー・マリガンは21世紀のオードリー・ヘップバーンとも言われている才能のある女優さん。
あどけなさと大人の女性の二つの顔を上手く使い分けていて、危なっかしさを感じさせません。どっしりと演じているのが観てとれます。
彼女と恋仲になってしまう大人の男性デイビッドを演じるのはピーター・サースガード。「エスター」でダメダメなお父さんを演じていました。イメージが全然違うな!



利発で美人で、才能のある高校生ジェニー。大学に進学することが良しとされ、女...
★紅茶屋ロンド★  May 17 [Tue], 2011, 23:02
《17歳の肖像》 2009年 イギリス映画 − 原題 − AN EDCATION
Diarydiary!   May 17 [Tue], 2011, 21:14

舞台はビートルズもまだデビューしていない1961年、ロンドン郊外の町トゥイッケナム。
聡明で美貌にも恵まれ、保守的な両親の元オックスフォード大を目指す16歳の少女がふとしたことから35歳の男と知り合いやがて恋に落ちることで知ることとなる「大人」の世界。
普段...
俺の明日はどっちだ  May 17 [Tue], 2011, 18:16



 AN EDUCATION

 1961年、ビートルズ登場以前の英国、ロンドン郊外。女子高生ジェニー(キャ
リー・マリガン)は、オックスフォード大を目指す優等生。ある雨の午後、彼女は
シックな車に乗った見...
真紅のthinkingdays  May 17 [Tue], 2011, 9:22
評価:★★★★【4点】

危ういなー!背伸びする少女の行きつく先は・・・。
1961年。 ロンドン。 オックスフォード大学の英文学を目指す、17歳間近のジェニー(キャリー・ミリガン)。
I am invincible !  May 16 [Mon], 2011, 19:00
イギリスの人気記者リン・バーバーの回想録を基に、ベストセラー作家のニック・ホーンビィが脚本を手掛けた注目の青春ムービー。年上の男性と劇的な恋に落ち、それまでの人生が一転する少女の変化と成長を描く。賢くキュートなヒロインを演じるのは『プライドと偏見』のキ...
サーカスな日々  May 16 [Mon], 2011, 14:06
監督:ロネ・シェルフィグ
出演:キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、エマ・トンプソン、ドミニク・クーパー、ロザムンド・パイク

 あの頃に戻っても、私は私を止めたりしない。

「1961年、ロンドン郊外に住む成績優秀な高校生のジェニーはオクスフォー
日々のつぶやき  May 16 [Mon], 2011, 12:12
あまりのあほ娘に目が点・・。
迷宮映画館  May 16 [Mon], 2011, 10:21
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞3部門にノミネートされた注目作。 監督は「幸せになるためのイタリア語講座」のデンマーク人女性、ロネ・シャルウィグ。 脚本は「アバウト・ア・ボーイ」「ハイ・フィデリテ...
我想一個人映画美的女人blog  May 16 [Mon], 2011, 8:41
『 17歳の肖像 』 (2009)  監  督 :ロネ・シェルフィグキャ スト :キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、ドミニク・クーパー、ロザムンド・ パイク、エマ・トンプソン、アルフレッド・モ...
 前回は、アメリカの貧しい少女が直面した選択肢と、その決断について触れた(「『プレシャス』 貧乏人と金持ちを分けるもの」参照)。

 さて、今回は米国でも日本でも、『プレシャス』とほぼ同時期に公開...
映画のブログ  May 16 [Mon], 2011, 1:59
原題「AN EDUCATION」という言葉からわかるようになんのために勉強するのかという根本的な人間のあり方に、真正面から答えを示してくれた傑作だ。すべての方に自信を持ってお勧めする。
イギリスの女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録をベースとした青春ドラマだ。『プライドと偏見』のキャリー・マリガンが知的でキュートな女子高生役を演じている。恋のお相手となる30代の男性を演じるのは『エスター』のピーター・サースガード。監督はデンマークのロネ・シェルフィグ。思春期のちょっと背伸びしたがる女の子の心情を描いた甘酸っぱさが初々しい。
LOVE Cinemas 調布  May 16 [Mon], 2011, 0:24
手痛い教育


【Story】
成績優秀で親の願うオックスフォード大学を目指す16歳のジェニー(キャリー・マリガン)はある日、デイヴィッド(ピーター・サースガード)という年上の男性と出会う…。

評価 ★...
Memoirs_of_dai  May 16 [Mon], 2011, 0:00
デンマーク出身の女性監督で、「幸せになるためのイタリア語講座」で知られるロネ・シェルフィグがメガホンを執った青春ラブ・ロマンス「17歳の肖像」(09年、英、100分、BBCフィルム)。この映画は、英国女性ジャーナリストの回顧録を基にしており、60年代初頭のロンドンを舞台に、多感な16歳の女子高生が、30歳代の男性と恋に落ちたことで体験する心の軌跡を瑞々しいタッチで描く。主演の少女には、新星キャリー・マリガンが演じた。本作は第82回アカデミー賞(09年全米公開)で、作品・主演女優・脚色賞の3...
シネマ・ワンダーランド  May 15 [Sun], 2011, 23:32
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
かこ
>sakuraiさん
わざわざご返信ありがとうございます!!
あ〜 確かに・・・。そういう見方も。
成功したから言えるっていうのもありますよね(普通だったら、そのままドロップアウトして、過去の栄光にすがりながら後悔する負け犬人生ですよ。)

余談ですが、月9しっぺ返しがきそうですね。ざまーみろ
May 17 [Tue], 2011, 10:12
sakurai
女性側です!
May 17 [Tue], 2011, 9:21
かこ
>ひしさん
コメントありがとうございます!
そして、情報ありがとうございます!監督もさることながら、自叙伝らしいので本読んでみたいですね〜
May 16 [Mon], 2011, 12:14
かこ
>sakuraiさん
コメントありがとうございます!
武勇伝て男側?女側?
いや、この子は良い勉強になりましたよね。原題「An Education」もすごい納得です!!
May 16 [Mon], 2011, 12:10
>月9の藤木直人みたいな
ここ、超受けました!
やな男ですよね。でもいるいる。
どこか武勇伝を見ているみたいで、あまり好きな作品じゃなかったのですが、世の評判は高いですね。
May 16 [Mon], 2011, 10:21
ひし
TBどうもです。

この監督の新作が海外では公開待機中ですね。
May 16 [Mon], 2011, 0:28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画鑑賞-自己ノルマは週1本!(評価は満足度5段階★)
    ・旅行-国内外を問わず!
    ・食べ歩き-Cafe&Bar巡り
読者になる
出没エリア 新宿・渋谷・恵比寿・銀座・神楽坂・吉祥寺


TBはお気軽に♪ 基本的にこちらからも貼らせていただきますので、よろしくお願いします。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

広告
新たな遮熱概念『消熱』

夏は涼しく!冬は暖かい!節電対策塗料
2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
コメント
アイコン画像dancingandy
» 【築地】うに虎喰 (2015年10月17日)
アイコン画像かこ
» イン・ザ・ヒーロー (2014年09月15日)
アイコン画像yutarou
» イン・ザ・ヒーロー (2014年09月15日)
アイコン画像yutarou
» 2013年 マイベスト映画 (2013年12月31日)
アイコン画像かこ
» ウォールフラワー (2013年11月24日)
アイコン画像yutarou
» ウォールフラワー (2013年11月24日)
アイコン画像かこ
» デッドマン・ダウン (2013年10月28日)