[untitled] 

January 10 [Wed], 2007, 22:20
なんだ。なんで電話?

しかも自分。なんででた?

おととい、リビングで寝てたとき
SomewhereIBlongがなって。
びっくりしてでれなくて。
心臓バクバクで。
でも20分後にワン切りして。
あの時なら何か話せた気がしたのに。
何か話したいことがあったんなら
聞かなきゃと思っただけだったのに。

昨日はなんもなくて。忘れてて。
今日になって、お風呂入る直前。
マナーになってて、最初気づかなかったけど。
水色光ってて、メールがきたんだと思った。
でも、開いたら保留とメニューがでてて。
電話だって分かった。
出るかすごい迷った。
でも、でなきゃって思ってでた。
もしもしってこっちから言えなかった。
言える訳なかった。

もしもしって。
電話くれたでしょって。
履歴があったからって言い訳して。
あれ間違いって。
あぁって思った。
でも違うって。
意味分からん。やめてよそーゆーの。
どうしてるかなって思ってって。
あけおめって。
あいさつぐらいしなきゃって思ってって。
年越しちゃったねって。
ぼそぼそしてたら
あいかわらずつんけんしてるって。
こっちはいっぱいいっぱいじゃ、ぼけ。

心の底が、前みたいになるのを感じた。
あきれながらも、いとしく思う気持ち。
くすぐったくて、苦しい気持ち。


だめなんだって。この気持ちになるのは。
これのせいで、私はあんたから離れたのに。
ねえ。なんで電話くれたの?
ねぇ。なんで自分電話でたさ。

意味分からん。

ぐるぐるする。

[untitled] 

November 30 [Thu], 2006, 16:58
泣くぐらいなら

手を離さなければよかった



自分からふりほどいた手



もう戻らないと知ってて

思い出だけが追ってくる



ぐんぐん暗くなっていく空

そっと終わりゆく一日

いつかみたあの場所

捨てられない包み紙

外せないストラップ

あなたはもう忘れただろうけど

私はひとつも忘れずに覚えてるよ









大好きだった人



でも



大嫌いだった人







一番会いたい



けど



一番会いたくない







一番近くにいた人



でも



一番遠かった人









恋愛感情を捨てられたら

どんなに楽だろう

好きとか嫌いとか

めんどくさい

人を傷つけるのも

自分が傷つくのも

もうやだよ

[untitled] 

November 10 [Fri], 2006, 18:00
私がこれから向かうところは、きっと、思い出の場所の一つだ。車だったからよくわかってなかったけど。でも、電車はベイサイドマリーナも通り越したし、地図にはシーパラが記されてる。二人で肉まん食べながら見た八景島。日産の工場が光ってて。少し寒くって。ただ食べながら、ろくに話もせずにベンチに座ってたっけ。


一緒に行きたかったな。
シーパラ。

[untitled] 

November 06 [Mon], 2006, 20:02
また日記かいてもいいのかなぁ。でもダメだよね。かまってほしいからって,誰かに嫌な思いをさせたらダメだよね。あー。連絡がほしい。かまってもらいたい。心配してもらいたい。好きになってもらいたい。ぁたしが特別に想っているように、あなたにとっても特別な存在になりたいよ。

[untitled] 

November 06 [Mon], 2006, 0:34
泣くぐらいなら、見なければいいのにね。
彼が寄せるコメントも。
彼女が寄せるコメントも。
嫉妬の心が生まれるばかり。
私だけに寄せてよ。あなたの優しい言葉。
私だけに注いでよ。あなたのその眼差し。

醜い自分が嫌になる。

[untitled] 

October 31 [Tue], 2006, 19:25
あー。この場所にいたなぁとか。
あー。ここ一緒にいったなぁとか。
あー。あそこ一緒に行きたかったなぁとか。


あのとき見せてくれたあの表情。
一度だけつないでくれたあったかい手。
いつもおごってくれたあのミルクティー。
朝一番にみたあのクリスマスツリー。
車からみたあの景色。
一番かわいくいられた自分。
選んであげたあのネックレス。
お土産にもらったお揃いの沖縄のストラップ。
お土産にあげたお揃いのキティーちゃん。
専用にしてたあのメロディー。
いつの日か仕事でやってきた大学の近く。




    もう一度


を待ち望んでしまう。

[untitled] 

October 29 [Sun], 2006, 12:43
無駄な嫉妬心
期待する気持ち

自分バカだなぁ

[untitled] 

October 27 [Fri], 2006, 16:57

  三日月が
  ひっそりと
  息を殺して
  ぼんやりと
  輝いていた

[untitled] 

October 20 [Fri], 2006, 9:26
この気持ちよさは

どこからくるのかしら



昨日あの人が電話くれたから?

それとも昨日あの人が手紙をくれたから?

それともそれともこの素敵な音楽のせい?



足取りも軽い

日曜日の朝







この前の日曜日の気持ち。

今はもう、あんな素敵な気持ちにはなれない。





想いが通じあい始めたのに

離れなきゃいけないなんて



離れたこと自体には

後悔していないけど

でも もっと違う形で

お別れできたらよかったな

あなたと出会えたことで

神さまと真剣に向き合うことができました

ありがとう



勝手なことばかり

ごめんね



弁明したいこと たくさん

感じたい温もり 苦しいほど

もう一度聞きたい声 ひとつだけ

私の知らない景色 あなたの見る景色





重なり始めた気持ちは

もう触れ合うことはなくて

思い出のかけらが

胸を傷つける





彼に 悪いことしちゃった

彼を 傷つけた

彼を 怒らせた



彼はきっと

もう私のことが

嫌いになったと思う

意味わかんない奴だと

思ってると思う



それが すごく 悲しい

私は好きなのに

彼を 大切に 想っているのに

[untitled] 

October 03 [Tue], 2006, 18:17
乙女心は秋の空

とかなんとか言いますが

乙女だって
頑張って
色々考えてるんだよ

二人の間で
勝手に心揺れる姿は
見苦しくて


【失いたくない】

【そばにきてほしい】



自分勝手な感情