車を業者に買い取ってもらうときは年式と走行

May 03 [Tue], 2016, 0:23

車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で査定額が大幅に変わることを理解しておきましょう。走行距離は一般的に「1年1万キロ」と言われており、それより多いか少ないかが査定額に反映されます。


走行距離だけに限って言えば、短ければ短いほど査定にプラスになるのです。


ただ、10万超だとマイナス査定というより、見た目が良くても、値段がつけにくい車となります。




もちろん車の種類や状態、使い方によっても幅があるようです。車を売る際、ディーラー下取り依頼と、買取業者に売るのは、どちらが得するでしょうか。





今どきは、一括査定などを利用して、買取業者に売りに出す人が増加しています。




でも、いつも買取業者に売る方がいいとは限りません。例えば、決算期やお正月の下取りキャンペーンの際などはディーラーに売った方がメリットが大きいこともあります。




結婚することになったので、車を売りに出すことにしました。旦那様は、普段から車を使わないので、二台持ちである必要はないのです。



ローンで買った車だったのですが、現時点で完済しているため、売って手に入れることができるお金は、へそくりとして、大事に保管しておきたいと思います。




ネットを使って、車査定のおおよその相場が分かります。中古車買取業者の大手のところのサイトなどで、ズバット車買取比較価格の相場を調べることができます。相場を調べておくことで、安く売って損してしまうこともありませんので、予めよく確認をしましょう。





とは言っても、車の状態で変化するため必ずしも相場のままの価格で買い取ってもらえるとは限りません。


自動車の買取り金額に、消費税が含まれているケースと含んでいない場合があるので、最初によく確認なさってください。





それに、買取業者がするべき手続きが遅くて自動車税のお知らせが送られてくることもありますから、売る時々によってはそのような事態に陥った場合の対応についても確かめた方が良いことかもしれません。