異常? 

June 20 [Fri], 2008, 9:00
もうすぐ9年がたとうとしているのに
ひとりでいるとき どうしようもなく

思い出して涙がでてくるのは異常なんだろうか。



あのとき



病院にいったほうがよかったのかな。

あんなにつらかったのに
ひとりでどうにかしようと
無理して笑ったり平気なふりをするのは
間違いだったんだ。

心配されるのが嫌だったのも。


ひとりになりたくてたまらなかった
きっとみんなひとりにしないように
してたんだろうけど(監視されてるみたいで嫌だった)

けど
思い切り心配されたほうが
よかったのかもしれない。

いつまで続くのかな。このおもいは。



Mちゃん 

May 29 [Thu], 2008, 5:55
Mちゃんは私の元彼です。
つきあってるときに交通事故にあって
天国へいってしまいました。

あれから9年がたとうとしています。
どれだけ時間がたっても
みかけはもう忘れてしまったかのようにみえていても
忘れてなんかいません。

Tっていうのは私の小学校時の同級生。

Mちゃんのことで
いろいろ助けてもらいました。
3年後におつきあいがはじまりましたが
3ヶ月でお別れしました。もともと遠距離だったのですが
わかっていたくせに さみしさに負けました。

Tはその後結婚して私も新しい彼ができて
時々メールをやりとりしてたんだけど

ある日、彼から奥さんがなくなったとメールが来ました。

今度はわたしが彼を助けてあげなきゃならなかったのに
なにもできなかった。


どうやって彼が
悲しみを乗り越えたのか・・・

自分と重ねてしまってとてもつらい。

なにもできなかったくせに・・・とまた自分を責める。

Mちゃんの夢 

May 25 [Sun], 2008, 5:08
Mちゃんのお葬式の夢をみた。

わたしは火葬される前にもういちど
彼の顔をみたいとおもっていた。

でも列から彼に近づくと
すでに棺は閉められていた。


昨日寝る前に
「おやしー」って

彼と寝るときの挨拶を思い出した。


だからかな?

潔く柔く 

March 07 [Wed], 2007, 18:44
「死んでみてわかりました

いろんな人がかかえてるいろんな思い

ワタシは もうちょっと生きていたかったけど
悲しかったけど

本当は

死んだ人より
残された人のほうが

悲しいんじゃないかって

つらくて
哀れなんじゃないか って

思うんです」

我慢できなくて・・・ 

February 14 [Wed], 2007, 0:40
今日なにげに 彼にメールしてしまいました。

「もう メールしない」という思いで
アドレス削除したのに、前の携帯にのこってたんだな・・・アドレス。

だいたいのメールのアドレスは覚えてたんだけど
組み合わせ、がわからなかった。

じつをいうと

ずっと前から何度か送信して
その都度 ちがっていて戻ってきていた。

往生際わるすぎるな、私。

でも元気そうで安心した。

aitai 

February 13 [Tue], 2007, 8:46
あいたいなぁ・・・

たぶん ここまで 引きずってしまっているのは
「ちゃんとお別れ」していないからだとおもう。

幸せになろう 

February 04 [Sun], 2007, 9:02
あたしの好きな漫画に「僕等がいた」というのがある。

絵もかわいいのだけど
主人公の矢野くんの 過去と私の過去がだぶってしまって
感情移入してしまうのだ。

矢野くんの 前の彼女は事故で亡くなった。

でも七美ちゃんとであって
少しずつ お互いすきになっていって
忘れることができるようになる。

こういう物語はよくみるけど
主人公には 幸せになってもらいたいとおもう。

ずっと暗いトンネルの中をさまよったままでなく
もし スキになれそうな人ができたら
まよわずその胸にとびこんだらいい。

今もときどき
思い出しては涙がでる。


うっかりしていたら そのトンネルにまた引きずりもどされてしまう


忘れたわけじゃない。
忘れられないだけなんだ。

もし 

February 03 [Sat], 2007, 17:06
「あの頃に もどれたら」

なんど思ったことだろう。

でもきっと 戻ったとしても 私は 今の旦那さんを選ぶ。

勝手な言い分だけど 今の旦那さんには 安らぎをかんじる。
わがままな私の 言うことを たいていは 許してくれる。

彼には 私は めったに甘えることが出来なかった。

それを彼が求めていなかったからだ。

そもそも 私が 彼とつきあえた理由がわからない。
彼がわたしを 好きになってくれた 理由がわからない。

彼はわたしにとって あこがれだった。

彼と再会したのは インターネットでの出来事だ。

中学の時に 今住んでるところへ 転校した私は
ふるさとがとても 懐かしかった。

今でいう mixiみたいなもの、に登録していて
私の 投稿に反応してくれたのが 彼だった。

当時 お互い 付き合っていた人がいて
ほんとうに純粋に 懐かしい気持ちでの メールのやりとりが
その日から はじまった。


私にとっては 非現実的で 夢のような出来事だった
インターネットがなかったら きっと再会することもなかったとおもう。
そんな 出会いに 酔いしれていた



もやもやしたきもち 

January 31 [Wed], 2007, 7:54
夢の中で彼にあった。

思わずメールしてみようかとおもったけど 
すぐに もうメールアドレスを消去してしまったことに気づく。

わたしは結婚したのだから
もう彼に会う理由はない。
とゆってももともと 遠距離恋愛だった

そう簡単に会えるはずもない。

だけど なんかすぐにでもあえそうな気がする。

はじめて夜を共にしたあと
次にあったとき 彼がこうゆった

「この2ヶ月すっごく長かった」
「前より近くにかんじる」

「スキ?」甘えたように聞いてくる彼。

それまで
彼の気持ちが分からなくて
私は彼のことが 彼のきもちが
欲しくてほしくてたまらなかった。

色々な事情があって3年もかかった。

今でも時々 会いたい・・・そういうふうに思ってしまうのは
イケナイことだろうか。
もしこれが遠距離じゃなかったら
会ってただろうか。

もやもやした気持ちは
ブログで吐き出すと すこし 楽になる。

結婚したら・・・ 

January 13 [Sat], 2007, 18:20
私は1年前に結婚しました。

結婚しても 前の彼のことが気になる時ってないですか?
あたしは あります。

それは

ひとりで いる時、が多いんですけど

彼とは出会いが 出会いだったので
なんか私にとっては「運命的」なものを かんじていました

彼、とであったのは 小学校のとき。
でもね、 その当時 話したこととかなくって

「存在」だけは しってたの。

なぜか 存在だけ。

私が 今でも鮮明に思い出すのは

誰もいない 廊下で
授業がはじまる 前か なにかのときに
すれ違った時に 軽く目があった時のこと。

彼に話したこと、なかったけど

その時の印象が 今でも忘れられない。


彼と出会って
私は本当に救われた。

でも 私のわがままで
「さよなら」しちゃったんダ。

後悔はしてない。
してないけど・・・・

あんな終わり方をしてしまったために

今でも忘れられずにいる。
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる