陶の家より 

May 13 [Tue], 2008, 16:44
皆様、すっかりご無沙汰しております。

病や大怪我やら「大殺界」の陶の家でしたが
少しずつ落ち着いてまいりました。

風邪すらほとんど引かない美釉でしたが本当に災難続きでした。
ブログも「たわごとブログ」なのか「陶器ブログ」なのか
「オフィシャルブログ」なのかめちゃくちゃになってきましたが
私にとって陶器の話しをみんなで語り合うことが1番の楽しみですので
更新はまばらですがどうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。

怪我ですが階段から転倒し、悲しくも陶器に突っ込んで
今も左手を不自由しております。
11針も縫う大怪我で麻痺が残り、完治には1年ほどかかると言われ
ショックを受けております。

お店の方ですが現在は美濃の「青山貴秀展」を開催中です。
ネットでは「石井隆寛特集」中です。

大事なときに不運続きでしたがのんびり焦らずリハビリしようと
決意しました。

10月末には唐津の「梶原靖元展」を控えておりますので
それに向けても頑張ろうと思っております。

なかなか皆様のところへ遊びに行けずに申し訳ありませんが
どうぞ今後とも宜しくお付き合い頂ければ幸いに思います。

唐津の梶原靖元作品は写真では伝わりにくいですが
育てがいのあるシンプルな作品が多く、私も個展を楽しみに
しております。

また、ブログで御交流させていただいている方からも遊びに
着ていただき感謝しております。

本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも陶の家美釉を宜しくお願い申し上げます。

ふだん桜 

February 15 [Fri], 2008, 16:35
魅せられて

やっぱりポールは...! 

February 08 [Fri], 2008, 7:38
…やっぱりポール。
決められた台本は無視…まぁー台本以上の事を喋ってくれるので、それはそれで良い事なんだけど、
時間がね。
きっと日本から送られてきた台本は、この時間内で!って事なんだろうけど、撮影した時間は、
その数倍の量!…まぁー色んな事も喋ってくれたし、しょうがないか!ね。



撮影が終わると、ベルナデットが用意してくれた夕食の時間。
Kazuyukiは、初の南仏に!初のサンドイッチに!…初のフランス人宅での食事と、初物ずくし。
いつものようにポールは、まずはクレモンで乾杯!だろ…と言って、
地下のカーヴから適度に冷えたボトルを一本持ち込み、グラスに注ぎ始める。
このクレモンと言う飲み物は、シャルドネ種100%のスパークリング(とは言ってはいけない)で、製法自体はシャンパーニュとまったく同じで、その味わいも、
きりっとした柑橘系の味わいが豊かな飲み物です。



サロンでの食前酒(クレモン)も済み、ダイニングに移動!
…まずはペリゴールのフォアグラとイチジクのコンフィチュールにカリカリのトーストが出てくる。
ちなみにポールとベルナデットは、葡萄の収穫が終わり、ちょっと遅めのヴァカンスを取り、
バスク地方やペリゴールを回ってきたらしい…その土産が、このフォアグラです。
ペリゴールと言えばフォアグラやトリュフの産地!…濃厚なフォアグラのパテに、
完熟のイチジクのコンフィチュールが絶妙で、そこにフランスパンのトースト!…
もう完璧な味わい。サラダも口直しに丁度良いし。



そしてメインは、ほくほくのジャガイモと、リヨン名物のソーセージ!…
どでかいソーセージをボイルして、輪切りにして有る。
いやー…このジャガイモも旨いし、ソーセージの味わいも最高!です。
食後には、バスクの郷土菓子まで出て来て、満腹の夕食。
AyaもSachicoもKazuyukiも同じく満腹?かと思いきや???…
Kazuyukiはまだ腹6分状態のようで、ベルナデットが残していたソーセージもしっかりと完食。
しかしKazuyukiは良く食べる。もしかして、胃が4つあるのかも???
やっぱベルナデットが作る家庭料理は最高です。
いつものように満腹状態でリヨンへの帰路に着く。けど、今日も一日、
SachicoとKazuyukiに取っては、フランスの文化を少しだけ感じられた一日になったでしょうね。

くそばーばと旦那と息子と自分とくそじ〜じ 

January 30 [Wed], 2008, 7:59
さっきスヤスヤ眠る息子を見て、しみじみ可愛いと思うと同時にくそばーばも旦那のことをこんな風に思ってたんだろうな〜と思ってみた。
そう思ったとたん、旦那にはやはり私より、くそば〜ばを大切にして欲しいというか、
そもそも夫婦なんか他人なんだから嫁対姑になったときに嫁の味方にたって欲しいと思う事じたいナンセンスな気がしてきた。。

まあ実際、それされたら相当むかついて即別れようと思うんだろうけど、そういう事態がなくて頭で考えれば、どうぞあなたはくそばーばと生きて欲しいとか思ってしまった。
そんなんで、早速旦那に「母親と息子の間に他人が入り込むなんて無理だと思うから、これからはくそば〜ばと二人で仲良く生きてくれ。私はヨッチャンと生きていくから」と言ってみた。

そしたら「なんで母親なんだよ!うちは父親だろう。父子密着に決まってるだろう」とか言って終わってしまった。
ようは、「母親と息子の間」がそもそも違ってるっていう主張なのである。
そうきたか・・・
それで、同じセリフをくそば〜ばに言ったらどうなるか考えてみた。
きっと「(息子なんか)いらないわよ。バ〜バはヨッチャン(孫)と生きていく。ムフッ」って感じだね。
じゃあ、私のこの素敵な考え→「息子は奥さんより親が大切」を喜んで受け取る人間を考えてみた。
いたいたくそじ〜じ。初登場のくそじ〜じ。
もし、私が同じセリフを言ったら「そうりゃそうですよ。当たり前じゃないか」と嬉しそうに受け取るんじゃないかと。

ちなみに私は友達の紹介で旦那と結婚したんだけど、友達は旦那の父親に頼まれて紹介した経緯がある。
それで、この間、くそじ〜じが妙に威圧的に私に、
「私は●●さんに、ただ一つ、長男の嫁にくるってことだけは分かって来る人にして下さいよ。と言ったんですよ」と・・・
「は〜聞いてないけど〜」と思って、普通に「それ聞いてないです」と言ってみたけど都合の悪いことは聞こえないふりなのか無視されちゃった。
ちなみに、次の日、早速その紹介された友達に聞いてみたけど、もちろん「言われてな〜い」とのことだった。ま、間違いなく言ってないのである。
なので早速、「お義父さん、●●さんに聞いたけど・・・」と言おうかと思ったけど、やめました。
多分、昨日、自分がそんなこと言ったことすら覚えてないし、あまり追求しても可哀想だしね。

まあ、あの時は別なことでテンションが高かったから、ちょっと凄い自分を演出してみたんだと思う。
そう義父は基本かなりの見栄っ張。そして、結構ビッグマウス。誉められるの大好き。息子も大好き。
でもかなり小心者なのである。なので、攻撃してくる割には反撃には弱い。
多分、今まで地位的にもあまり反撃されることなく、言いたい放題で強気に攻撃しかしてこなかったため、言い返されることに慣れていない。
てなことで、「は〜??」って思うと、言い返す私に少し怯えてるのである。
最近は本当に逃げ上手。さりげなく嫌みを言って私に反撃されると、聞こえないふり、言わなかったふり、何事もなかったふりして消えていくのである。。
私もまあ出来た嫁!なのでそれ以上は深追いしないのであるが。。。あまり調子にのらないよう3度に1度くらいは威嚇しておくのである。

うん。本当、なんやかんやいってくそば〜ばとくそじ〜じと本当良くやってる私なのである(パチパチ)。誉めて栗栗栗←夜中頑張ってやっと終わったとこですたい(渋皮煮)!

にゃんこの手術日! 

January 15 [Tue], 2008, 20:20
かわいい黒猫ちゃんが、避妊手術を終えて帰ってきました!
実は昨日のお昼が手術だったんです。

意外に早く終わったみたいで、夕方には獣医さんから「終わりましたよ〜」と連絡がありました。
術直後から歩いていたらしく「もう連れて帰ってもらっても大丈夫かも」と言われましたが・・

いやいやいや・・・なんかあったら困るし!
人間はともかくネコは分からないし!

「一晩入院でお願いします」とお返事しました。

そして今日、無事に退院してきました☆

最近っておなかの傷を保護するためにパジャマ?を着るんですね〜。
傷を舐めないように。

ラッパみたいなカラーをするだけかと思ってました。

うちのこゆきちゃんも女の子ということで、ピンクのパジャマを着せてもらってました。
しかし!入院ゲージから出てきた途端に、アクロバットまがいの神業でパジャマを脱いでしまったのです!

仕方ないのでカラー装着☆

狭いところには入れず、カラーをぶつけながら歩いています。

しんどいし、痛いし、カラーは重たいだろうし、熱もあるみたいだし・・・
でもちゃんとトイレには行くし、お薬も食べるし・・・

健気だなぁ・・・と思わず泣いてしまいそうになります。

今日は一日休みをもらい、こゆきの看病です!
たとえ足がしびれても膝の上に寝かしてあげよう。
大好きな「チャオの野菜入りネコ缶」食べさせてあげよう。

元気になったらいっぱい遊ぼうね♪

エイトメン・アウト 

January 10 [Thu], 2008, 4:35
473本目。「8マン」の映画じゃないよ。野球の映画。八百長試合がばれた映画。監督は確か・・・ジョン・セイルズだったはず。「希望の街」の監督。
 これは実話らしいよね、「ブラックソックス事件」とか呼ばれたらしい。「ホワイトソックス」の人達が八百長したから、白が黒になったと言うね・・・面白かったなこれは、丁寧だった、なにがどう丁寧ってわかんないけど、わかりやすかった。あの、ワザとエラーするとことかね。もーあきらかにワザとだったからな。ありゃばれるわ。
 何で八百長する事になったのか、それ覚えてないんだよね、あとエイトメンアウトって事は1人だけ関わって無いって事だったから、その人が主人公だったと思うんだけど・・・回想で始まるんだよな、確か・・・。チャーリーシーンがエイトメンの1人で出てたのは覚えてる。あんましゃべんない役だった。

昔はさ、ビデオとかが発達してないから割と八百長とかしやすかったろうなあ、今は難しいだろうな、わざとエラーするのってさ、意外と難しいと思うよ。自然に見せなきゃいけないからね。ま、だからバレたんだろうけど。

 最近は審判が変なのが多いよな。

俺はスポーツでいい思い出がない。だからなんだって話なんだけど。試合に勝った喜びとか、負けた口惜しさとか、無いんだよね。スラムダンクとか翼とか好きだったよ。わかるよ。ロッキーとか好きだもん。でも実際自分がやるとな、オーバーヘッドキックできないしな。生卵飲めないし。
 部活で柔道やってたけど、道場でゴロゴロしてただけだもんな。そんなんじゃ勝つ喜びもくそもないよな。

エイトメンアウト・・・これ、スティーブブシェミとか癖のある役者でまた作って欲しいなあ。

INV-L ANT 再度挑戦 

December 20 [Thu], 2007, 18:01
ローディングコイルの支持方法変更とタワーに取り付けた所

前回 タワーとの間で放電したために使い物にならなかった逆エルですが、コイルホルダーを工夫して
今日午前中にタワーへ上げました。前回の轍を踏まないように200W連続2分間のテストも実施して
異常ないことを確認しました。

垂直部分は16m、タワーから50cm離れているだけです。傾斜部分は8m50cmでした。(再計測実施)
逆エルの共振はちょっと低めで1.6Mhz(デジタル表示のディップメーター借用)でしたので、コイルの
インダクタンスを125μHから90μHに変更して、1.810khzに調製をやり直し。

電界強度もタワードライブと同じか、ちょい上かな?という程度。まあ これで駄目ならWARC3エレを
上げなきゃ仕方がありません。ひょっとしたらと思って42mのカウンターワイヤを張ってみましたが
電界強度は全然変わらず。愛想の無いこと夥しい。

いずれにせよ うちでやれるアンテナはこれが最後でしょう。同時比較が出来ないのが残念ですが
仕方がありません。さて どんな結果になりますやら、テスト期間は月末で終了する予定です。

文化祭2日目 

December 14 [Fri], 2007, 12:53
今日は文化祭2日目でした〜


今日は一般公開でバザーがあったので、バザーに出すものを作るために
朝7時半頃に学校に行って作りました

でも作る人が、生徒3人+先生一人だったので、
開会式や午前の出し物は見れませんでした;;

ちなみに作ったものは、クッキー,ワッフル,パウンドケーキ,ポテトの4つでした。
4人しか作る人いないのに、種類が多かったので大変でした^^;;


クッキーが、9〜11個作るのに10分くらいで、3枚で50円
ワッフルが1個作るのに30秒くらいで、2枚で100円
パウンドケーキが2個作るのに30分くらいで、1個200円だったので、
時間の長いパウンドケーキは食券を買った人のみ販売で、
特にたくさん食券の売れていたポテトを優先で作りました。

ちなみに、ポテトは食券が90枚くらい売れていて、
1個50円なので、買う人がたくさんいたので、
たくさん揚げてもおいつきませんでした;;

今年はバザーをやるクラスが少ないというのと、
値段が高めなクラスが多いということで、安いポテトやクッキー,ワッフルが売れたので、
忙しかったのかな?と思います^^;

でも、忙しかったけど楽しかったですね〜^^
疲れましたけどね^^;

内定式に。 

December 08 [Sat], 2007, 10:34
 昨日、内定式に行ってきた。
 社長をはじめ専務、名古屋支店長、大阪のマネジャーと勢揃いだった。

 同期となる人は、まだ学生気分の抜けない面々でなぜ、こいつを採用したのだろう、と首をかしげてしまう人もいたがしょうがないだろう。

 今の自分は、バイト(ほとんど仕事)社長と付き合うなかで、かなりしごかれたから、違うだけで、同期に連中はまだ学生で自分の時間を過ごしたい盛りである。

 まあ、入社のころになると、格好から変わってくるのだろうが。


 懇親会のテーブルでは、社長と一緒になり、どんな人なのだろうと思って見ていた。

 仕事の場面ではないので、あまり判断材料にならないかもしれないが、「裏のない人」かなと感じた。
 内定式で学生気分の抜けない内定者の相手をしているので、大人の対応であるのは見えたのだが、それを感じさせないオーラの消し方がうまいように思った。
 これが、経験の差だろう。

 他の内定者がそれを感じていれば、同期として仕事がしやすいかなと思うのだが。


 専務がこの会社を管理していることがわかった。

組織を管理・運営するうえで、肝心な「嫌われ役」をしている人と思った。口調も厳しく、社長の足りない部分を専務で補っているか、わざとそうしているか、と見ていてそう思った。
 だから、若い会社でここまで成長できているのだろう。


 早速、ノルマも出されており、改めて、営業に力を入れている会社だということもわかった。
 会社としてゲーム感覚でやっていこうとしているが、社会はそんな甘いもんじゃないだろう。

 これから、入社まで、どれだけ知識や経験を蓄えることができるかが勝負であると考えている。

BARAKA 

December 03 [Mon], 2007, 7:11
自然美。





美しい。。




すべてが美しい。そして大きい。




私は巨大なものが好きです。滝、岩、大地。



私という存在は所詮ちっぽけなものなんだと再確認できる。



そうすると、私の周りで日常起こっていることなんか、どーでもいいことじゃないかと思える。




そんな気分にさせてくれる映画でした。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:anonan1476
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像KAMI
» 陶の家より (2008年10月22日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 陶の家より (2008年10月18日)
アイコン画像ヨシオ
» 陶の家より (2008年10月17日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 陶の家より (2008年10月11日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 陶の家より (2008年10月07日)
アイコン画像りぃこ
» 陶の家より (2008年10月05日)
アイコン画像きりひと
» 陶の家より (2008年10月02日)
アイコン画像チャーリー
» 陶の家より (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» 陶の家より (2008年09月23日)
アイコン画像えびふりゃー
» 陶の家より (2008年09月17日)
Yapme!一覧
読者になる