♡ディディディーッノ♡ 

February 27 [Wed], 2008, 20:23
 

日本シリーズここまでとこれから 

February 16 [Sat], 2008, 17:20
正直、この展開は予想外だった。ここまで日本ハム打線が不調とも思わなかったし、予想以上に当たっている中日打線(特に中村紀)も予想以上だった。正直日ハムは厳しい戦いになると思う。第5戦の日ハムの先発はおそらくダルビッシュであろうが・・・、個人的にはベテラン金村でいってほしい。

理由はある。正直ダルビッシュで5戦目を勝てたとしても、このままだと5戦目でよほどのことがない限り(ex.岩瀬、岡本、平井の同時故障とか)中日が勝つだろう。日ハムはあと3つ勝たないといけない。それなら、第7戦に勝てないと意味がない。なら、採るべき戦法はなにか。7戦目までダルビッシュを温存し、5戦目、6戦目をそれこそ死に物狂いでとりにいくべきであると私は考える。確か、日本シリーズでマイケルの当番は0のはずである。勝っている試合は8回から投入するぐらいの采配でもいいと思うので、とにかく先発、中継ぎ関係なく、ダルビッシュを使うことなく5、6戦目を取れれば俄然日ハムが有利になる。ダルビッシュは今年No.1のピッチャー。エースクラスでもまず勝てないだろう。中日は5戦目で決めに来る。ここでしのがないといけないと思うのも当然だが、ここで「切り札」を使うのはあまり賢いとは言えないだろう。

そこで、今年不調なのは気がかりだが、長年エースで投手陣を引っ張ってきた金村の経験にかけてみるべきだと考える。6戦目は2戦目の負け投手だが、シーズン2桁勝利を挙げたグリンでいけるだろう。金村、グリンは中日の昨日のような継投を考えながら使っていき、ダルビッシュ以外を継ぎこみ、意地でも取る。そして、7戦目を万全の体制でダルビッシュで取りに行く。これが最善だと思うのだが。さて、ヒルマン氏はどんな起用をしてくるのであろうか?

☆はじめまして☆ 

February 10 [Sun], 2008, 19:15
【 只今、あなたを、ヒーリング中です。。。近所迷惑に ご注意してお聴き下さい。】
(ヒーリングとは心身に働きかけて生命力・自己治癒力を引き出し、冶癒・回復を促す活動。癒し の事です。)

題名の無い記事 

January 20 [Sun], 2008, 21:12
BY出光

ノリック 好きでした。 

January 13 [Sun], 2008, 0:38
みんないなくなってしまう。

バイクってやっぱり危険な乗り物。

これは事実です。

でも・・



ノリックの見せる表情。

いつも共感できるものでした。

日本GPで勝って大泣きする姿。

最初GP参戦時に250CCで戸惑っていた姿。

トークショーでいつまでの子供っぽいコメントをする姿。

GPライダーなのに「セッティングってどんなことをするのかよくわからないんですよね」

なんて平気で言っていたり。



無念だったよね、日本のファンのみんなにかっこいい姿を見せて

「ノリック〜!!」って応援されたかったよね。

それが公道で事故なんて。


天国でどんなカテゴリーのレースに参戦するのかな。


ご冥福をお祈りします。

★ はなこと 早稲田 ★ 

December 28 [Fri], 2007, 23:14
みなさん、こんにちわ。はなこパパです。
今日はパパもママもお休みです。
昨晩ははなこに「スペシャルごはん」←とは云ってもいつものゴハンにみじん切りの茹でた砂肝のトッピング。
はなこは、お皿ピカピカになるまで舐め上げてくれたので、パパは更に半食分作ってあげました。

明けて今日は朝からはなこは病院です。フロントラインとフィラリア(今月が最後かな)の薬を
貰いに云ってきました。
はなこはそんなことも露知らず、ご機嫌に出発(*^_^*)
でもなぜか、すぐ自転車に乗せられいつもの公園まで・・・(いつもは公園まで往復歩いて散歩)
昨晩から今朝に掛けてエライ絶好調のはなこだったので、病院に行く時は全行程自転車だったのですが、
途中まで自転車で、後は歩いていってみることにしました。
早稲田大学の前でパチリ☆ はなこは周りをクンクン、情報収集。
そこからははなこに病院に行っているって分からないように裏道を通りつつ、
(早稲田界隈って学生街でもありますが裏通りなんかは古くからの小規模の印刷工場が多いんですヨ)
病院の脇の道から、通りの病院に到着!!シメシメ、気づいていないw

あれ?、病院の前で若いお姉さんが掃き掃除している〜、その白衣を見た途端!  \(◎o◎)/!、
はなこやん、猛然と逆走\(゜ロ\)(/ロ゜)/
敢え無く御用となりました。今日は首筋にお薬垂らしてもらうだけなのにねぇ

帰りは絶好調でリードを引く引く。ウチまで3キロ弱はあるかな〜、
歩いて帰れそうでしたけれど、途中に置いてある自転車に乗せて家まで帰りました〜

はなこの帰宅を待ってママはお友達とランチ&映画なので出発〜(パパも行きたかったなぁ)
はなこは早速zzzです

台湾 台中市 

December 08 [Sat], 2007, 7:59
僕が今住んでいる台湾中部の台中市は人口100万を超え、台湾では台北、高雄に次いで台湾第3の都市です。また、台湾の都市の中で一番住みやすい都市とも言われています。僕が住んでいる場所は近くにSOGOデパート、台湾のシャンゼリゼと呼ばれる精明一街も近辺にあり街の中心部なので何処へ行くにも便利です。一つわがままを言えば台中にも地下鉄があればいいのになと思う事があります。高雄には地下鉄が出来るらしく、台中にも出来ればもう最高です。でも、台湾はバイクがかなり便利だからいっか。

ふりむけば横浜 後編 

December 02 [Sun], 2007, 22:56
横浜散策特集の後編となります。



初めての横浜はスケールの大きさで圧倒されっぱなしでしたよ。



それによいお天気に恵まれ、とても楽しい散策日和となりました。



できればもっといたかったのですが、



やはり残されたわずかな余力を使って帰ることにしましたよ。



また、機会があったらいってみたいと思いました。



どうぞ、ゆっくりご覧下さい。







ここは横浜港に突き出す要塞のようになっています。「大さん橋国際客船ターミナル」です。







突き当たりまで行くと広場があり、くつろいでいる人たちがたくさんおりました。







大さん橋から眺めた景色です。みなとみらい21や赤レンガ倉庫が見えます。







さわやかな潮風に吹かれながら、横浜港の絶景を堪能しております。いい感じです。







あれ!?赤レンガ倉庫の左側になにか大きなものが見えますが、なんでしょう?







ズームしてみます、お!富士山ですね。晴れている日は富士山がよく見ることができるそうです。







コスモワールドです。横浜にある大観覧車です。ぼくはこういう乗り物は苦手なんです。







ナビオス横浜です。国際的な船員用宿泊施設のため料金がリーズナブルだそうです。



かくして日帰りの旅でしたが、有意義な一日を送ることができました。



自宅に着いた頃はちょうど体の力が抜けて、すぐに寝てしまいましたよ(笑)



みなさん、最後までみてくれてありがとうございます。

一時の感情に 

November 29 [Thu], 2007, 6:45
'''事務所にいるとしんどいなぁ。'''
'''人の道、それぞれである。こうであってもらいとかこうしてほしい・・・とか。'''
'''ちょっとした何気ない気遣いで色んな人達と長く仕事ができる。'''
'''前も記したが色々、フォローしてもらった営業アシスタントの方が辞める。。'''
'''もう少し長く仕事をしたかったなぁ・・。'''
'''・・・人が抜ける。雰囲気が・・よくない。'''



'''明日、俺に何ができるであろう。'''
'''流されている感あり。今の会社で一番しんどい状況だろう。'''
'''一時の感情に流されず、今・・本当に自分にとって何が大事か・・見極めなければ。'''



'''救いは営業活動先で顧客と話しているとき。イヤな事を忘れ・・集中できる。'''

天外魔境 その2 

November 20 [Tue], 2007, 13:11
'''天外魔境〓 卍MARU'''  ハドソン 1992年
バックの炎がグルグルと回転しているのですが、
この炎は「卍」を表しています。
卍は主人公・卍丸の象徴でもあり、
4人の勇者の結束を表す文字でもあります。



また、卍という文字は本来「後背位で交わる男女」を表し、
神々による大らかな結合を意味するのだとか。
それが、神をも凌駕する火の一族の
大いなる力の秘密でもあるのです。



崇高と下世話を両立させたジパングの独特の世界観は、
他社の作品ではそうそうお目にかかれません。



ジパングの英雄として常にその血を連ねる「火の一族」に対し、本作で悪役をつとめるは「根の一族」。
当時、いきなり出てきては消えてゆくだけだったボスキャラが多かった中で、
本作のボスキャラ達は、悪役として圧倒的な印象を残します。



これは本作のボスがRPGのシステム上に配置された単なる手数と体力の多い敵ではなく、
エンターテイメントとしてカタルシスを生み出すために作られたアクターだからです。
アニメーションする、有名声優があてがわれている、などは92年当時PCエンジンだけの強みでしたが、
そんな薄っぺらな次元に留まらない強烈な個性を発揮します。



美少年好き、刃物、ストーカー、偏執狂などなど、精神病患者の文献から生まれたと言われるだけあり、
ゲームとしてデフォルメされてはいるものの、コンプレックスを抱えた“大人の悪役”が非常に多い。
それでいて、全員が“その性質を存分に生かした”確かな実力者でもあります。




仲間についても同じことが言えます。
例えば、本作の火の勇者の紅一点、「絹」。
彼女は家族を失ったその日から、争いを極端に恐れ、
相手が根の一族といえども、手を下そうとはしません。
すなわち、「戦う」コマンドが彼女には無いのです。



他の仲間達も何かしらコンプレックスを抱えています。
他人による評や、噂話、そして本人の行動から、
その内面が少しずつ窺い知れてくるのです(※1)。



彼らがそれを乗り越えたとき、
仲間の絆はより一層深まることでしょう。
こういった王道の描き方が、また秀逸なのです。
そして、それらをただシナリオで描くだけでなく、システム面でもちゃんと生かすところが天外〓の凄さです。



またRPGにおける一般人であるところの“村人”も見逃せません。
彼らの多くは、優しく、意地汚く、家族思いで、ずる賢く、感傷的で、身勝手で、欲望に正直で、
とてもしたたかに生きています。
監督&脚本を担当した桝田省治氏は、生身の人間をとても上手く演出することで有名な方です。



本作は、ゲームというジャンルに映画的・ドラマ的な演出をもたらし、
新境地を切り拓いたことで各界に大きな影響を与えたことで知られる歴史的な作品の一つです。
しかし、それに感けることなく、RPG本来の面白さであるゲームバランスを欠いていないのです。
いかに完成度の高いストーリーとはいえ、多くのファンが一本道の予定調和である本作を
何度も楽しめる最大の要因はそこにあるとも言えるでしょう。



次回はシステム面についてお話します。


















※本作では、仲間同士や敵同士の会話というものが一切ありません。
 ありがちな自己語りによる内面描写もありません。
 キチンと自分の中で情報を整理し、与えられた事実を自ら解釈しなおすことで、真実が見えてきます。



 主人公の卍丸は基本的にドラクエ型の無言主人公で、ユーザーは卍丸としてジパングを冒険します。
 敵や仲間や村人は、皆ユーザーに対して語りかけます。(例外的に、敵と仲間の会話が一度だけあります)
 これは全てを一貫してユーザー視点で描く、とてもストイックな手法です。



 仲間同士の会話というのは、ストーリーを引っ張る上でお手軽かつ便利なものですが、
 主人公=ユーザーが確固たる動機をもって行動できるゲームであれば、不要であることが分かります。
 仲間同士の他愛ないやり取りは、ユーザーが勝手に想像し、
 それで気が済まなければ同人誌でも作って勝手にやればいいわけですから。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:anoman1896
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像猫男爵
» ♡ディディディーッノ♡ (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» ♡ディディディーッノ♡ (2008年10月08日)
アイコン画像RAOSU
» ♡ディディディーッノ♡ (2008年10月03日)
アイコン画像ikumi
» ♡ディディディーッノ♡ (2008年09月28日)
アイコン画像ハム太郎
» ♡ディディディーッノ♡ (2008年09月26日)
アイコン画像南雲
» ♡ディディディーッノ♡ (2008年09月21日)
アイコン画像MASA
» ♡ディディディーッノ♡ (2008年09月16日)
アイコン画像火星の後継者
» ♡ディディディーッノ♡ (2008年09月14日)
アイコン画像ヌレ夫
» ♡ディディディーッノ♡ (2008年04月03日)
アイコン画像康之
» ♡ディディディーッノ♡ (2008年02月28日)
Yapme!一覧
読者になる