ASスポーツカート:レンタルカート界No.1の“ジェントルマンズレース”開幕。MIHAMAシリーズはクリーンなバトルで勝利をつかめ! / 2010年03月30日(火)
 愛知県知多郡美浜町のMIHAMAサーキットでオートスポーツMIHAMAスポーツカートシリーズの第1戦が3月27日に開催され、チームで所有するカートを持ち込んで争うGT1クラスは#2 傾奇者(「かぶきもの」くっぱ 選手/きゃぷてん 選手/ペンギン山ちゃん 選手組)が優勝。
 レンタルカートで戦うGT2クラスは東日本シリーズから遠征した09年チャンピオンチームで構成される#52 やってきました・く連隊(キノピオ 選手/ドンキ 選手/ワルイージ 選手/ワリオ 選手組)が優勝した。広々としたMIHAMAサーキットで行われた今回のレースはアクシデントもなく、非常にクリーンなレースとなり、選手だけでなく見ている全員が楽しめるものとなった。

 昨年10月に行われたプレシーズンマッチが発展する形で、今季から年5戦のシリーズ展開がされることになったMIHAMAシリーズの記念すべく最初のレース。職場の仲間でドライバー、監督、メカニック、ヘルパーを構成した#45 M01_PROJECT+NRD(吉田直樹 選手/藤原陽一 選手/粟倉正康 選手/小西貴文 選手/平林正規 選手)、MIHAMAをホームコースに何年も走り続けている兄弟とそのコーチのコンビ#27 T'REX WORKS(金谷秀幸 選手/山下慧 選手/山下悠 選手組)と#2傾奇者がGT1クラスで出場。

 #27 T'REX WORKSは全ドライバーの腕もさることながら、マシンもよい仕上がりで圧倒的なスピードを披露。48秒112と今大会ファステストをはじめとして速いペースで逃げを打つが、若く体重も軽いメンバーが揃ったチームは規定のハンディキャップストップ(ドライバー交代義務)が8回と多いのが難点。さらに、ドライバー交代をしないストップが1回あったために、年齢と体重で有利な#2 傾奇者のドライバー交代回数4回には歯が立たず、最後は3周の差をつけられての2位となってしまう。
 #45 M01_PROJECT+NRDは5人のドライバーが均等スティントで走るベーシックな作戦で「全員が楽しむことを最優先」に走り無事に完走。慣れない借り物のGT1カートだったこともあり、途中でガス欠になるなど2時間のレースでは想定しえなかったハプニングもあったが、初参戦のチームであることを考えれば大健闘のレースだった。

 GT2クラスは結果だけ見れば、東日本シリーズチャンピオンの横綱相撲の感もあるが、2位から5位までは同一周回と、ハンデを活用し追い上げるチームと、純粋な速さでハンデを跳ね返すチームとの対比が見どころとなる、“味のある”レースとなった。
 2カー態勢を敷いた、く連隊は1-2フィニッシュ。トップ#52 やってきました・く連隊が2位以下に2周差をつける頭ひとつ抜け出た形で圧倒的な勝利。だが、2位#70 やっちゃいました・く連隊(クッパ 選手/初代ピーチ 選手/バイクルイージ 選手/デイジー 選手組)から5位#64 Team KOUTA.339(しゅん 選手/ひろンジョ 選手/YUKI.T 選手組)までは2時間のレースが終わってみれば同一周回と非常に接近。

 く連隊のことを練習走行からマーク、「実は意識をしていた」という3位の#60 GP with WAKO'S(難波敏憲 選手/市川大祐 選手/田中昭宏 選手組)はラップタイムでは勝るものの、ハンデを含め2時間トータルの戦い方では一日の長がある、#70 やっちゃいました・く連隊まであと5.7秒というところで惜しくも2時間経過。2位奪取はならなかった。

 双子の兄弟で出場の#54 SAVAGE RACING(渡邉大輔 選手/渡邉勇輔 選手組)は、8回の交代義務のうち6回を序盤30分で行い最後の1スティントずつを45分のロングでつなぐという作戦を採り後半に重点を置いた走りで4位を獲得。
 そして、昨年のMIHAMAプレシーズンマッチおよび西日本シリーズの常連チーム#64 Team KOUTA.339(しゅん 選手/ひろンジョ 選手/YUKI.T 選手組)も若さと軽さが武器と、ハンディキャップ的には不利なチームだが、気合いの走りで2位争いの集団に食らいついて5位となった。

 #63 FXILE(「ふくざいる」河村浩司 選手/福田隼人 選手/安次富亮 選手組)も、く連隊2チームよりも速いベストラップをマークする走りで8回というハンデをひっくり返すことを狙っていたが、あとわずか。2〜5位集団からラップダウンとなってしまう惜しいレースとなった。

 レース後は“恒例”となったカートスーツなど豪華賞品が渡される表彰式を実施。そして締めのじゃんけん大会は、人数以上(?)と思われるほどの数の賞品争奪戦。こちらはレースに負けず劣らずの盛り上がりでイベントは終了。
 MIHAMAシリーズ第2戦は5月22日、エントリー受付は1カ月前の4月22日より公式サイト『スポーツカート情報局』で行われる。

[オートスポーツweb 2010年3月28日] 3月28日23時29分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000001-rcg-moto
 
   
Posted at 02:05/ この記事のURL
【三洋ゴリラ2010モデル】増えた容量のほとんどは地図データ / 2010年03月30日(火)
三洋電機の『ゴリラ』は、PNDとしては最大となる16GB容量のSSDを搭載した。2009年モデルは8GB容量だったため、単純な計算でも容量は2倍となっている。そして増加した容量の大半は地図データに使われている。

[関連写真]

全16GBのうち、地図データ収納用として使われているのは約14GB。DVDナビのメディア容量は最大でも約9GBだったので、2010年モデルのゴリラはPNDでありながら、これを大幅に上回ったこととなる。

地図データ増量の効果がはっきりとわかるのは郊外や山間部を表示したときだ。従来モデルでは「そこに道がある」というのはわかったとしても「道幅まではわからない」という状態だった。2010年モデルでは道幅までフォローしており、進入可否の判断がつきやすくなった。

大都市圏において、従来は2段階だった詳細市街図のスケールを2010年モデルでは4段階としている。フルナビでは50mから下が詳細地図となるものが多いが、従来のゴリラでは25mと12mしか対応していなかった。

ゴリラ2010年モデルでは50m・25m・12m・5mとなり、建物の形状も確認しやすくなっており、正確な名称や住所がわからない場所であっても、地図を見ながらピンポイントで目的地として設定できる可能性が以前よりも高くなっている。

《レスポンス 石田真一》

【3月29日12時46分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000016-rps-sci
 
   
Posted at 01:32/ この記事のURL
神奈川県写真作家協会展が作品展、31日まで/横浜 / 2010年03月30日(火)
 テーマを「私写真'10」とし、1年間取り組んできた「第28回神奈川県写真作家協会展」(同作家協会主催、神奈川新聞社などの後援)が31日まで、横浜市中区万代町の横浜市民ギャラリー1階で開かれている。入場無料。

 同協会は県内のプロやベテランのアマチュアカメラマンら約100人の会員で構成。

 会場にはテーブル、窓、らせん階段と丸を基調にした作品や「これは何の花だろう?」と首をひねるようなゴボウ、ソラマメ、ミョウガなどの野菜の花。竹カゴを背負い市電を眺める少年や米兵が闊歩(かっぽ)する昭和37年の横浜・関内周辺のモノクロ写真など私的テーマを表現する作品98点が展示されている。

 写真家で同協会会長の常盤とよ子さんは「今の世の中をどうとらえるか個々人に任せました」と話した。問い合わせは、会場電話045(224)7921。

【3月29日15時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000011-kana-l14
 
   
Posted at 01:16/ この記事のURL
合同参謀本部「北朝鮮、沈没船救助作業の監視強化」 / 2010年03月30日(火)
【ソウル29日聯合ニュース】黄海・白リョン島で26日に発生した海軍哨戒艦「天安」沈没事故の行方不明者捜索活動と関連し、北朝鮮・朝鮮人民軍が韓国軍のヘリコプターや船舶などに対する監視を強めているようだ。
 合同参謀本部は29日に国会国防委員会への報告資料で、「北朝鮮軍は『天安』沈没事件以降、黄海の接敵海域の部隊で、韓国軍の探索・救助作戦に加わるヘリ・船舶などに対する監視・勤務態勢を強化している」と伝えた。北朝鮮軍は、黄海の海岸に設置した海岸砲・長距離砲の射撃準備態勢も維持しているという。
 ただ、沈没事故の発生前1週間、北朝鮮軍の特異動向は見られなかったと合同参謀本部は伝えた。
 北朝鮮軍は、1月27〜29日、北方限界線(NLL)近くに砲射撃を行った際に展開した歩兵部隊とミサイル移動発射台、一部戦闘機などを、先月26日から現在まで残留させている。



【3月29日15時37分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000025-yonh-kr
 
   
Posted at 01:00/ この記事のURL
本物のアーク・リアクターが手にはいるチャンスですよ! / 2010年03月29日(月)
アイアンマンは君さー!

Chicago Comic and Entertainment Expo(C2E2)で行われるPropworx社主催の「オフィシャルアイアンマン小道具&コスチュームオークション」には実際に映画で使われた本物アイテムが出品されます。トニー・スタークが着たスーツが、マスクが、武器が、約225品と盛りだくさん!

オークションは4月の16日から18日まで開催。
シカゴまで行けない人も大丈夫! 1部のアイテムはオンラインでもオークション参加可能ですよ。


参照サイト: http://ironman.propworx.com/ [Propwerx]

Adam Frucci(そうこ)

【3月29日15時31分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000312-giz-ent
 
   
Posted at 23:31/ この記事のURL
スポーツ施設整った蔚山、日本選手の練習地として人気 / 2010年03月29日(月)
【蔚山26日聯合ニュース】さまざまなスポーツインフラを備えている蔚山が、日本の青少年選手の練習先として脚光を浴びている。
 蔚山市水泳連盟が26日に明らかにしたところによると、日本の鳥取、島根、岡山、山口、広島の5県からダイビングの選手69人が同日に蔚山を訪れた。5県の選手らは合宿訓練のため2006年から毎年蔚山を訪れ、南区の文殊室内水泳場で韓国の選手らと合同練習を行っている。

 また、蔚山市サッカー協会は同日から28日まで、日本の中高校7校のサッカーチームを招き、蔚山市サッカー協会会長杯韓日ユースサッカー大会を開く。

 蔚山には30か所を超える天然芝と人工芝のサッカー場が整っており、韓国プロサッカー・Kリーグの蔚山現代やサッカー名門の中高校があるため、外国選手の練習先としても人気を集めている。


【3月29日11時27分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000010-yonh-spo
 
   
Posted at 22:59/ この記事のURL
ASスポーツカート:レンタルカート界No.1の“ジェントルマンズレース”開幕。MIHAMAシリーズはクリーンなバトルで勝利をつかめ! / 2010年03月29日(月)
 愛知県知多郡美浜町のMIHAMAサーキットでオートスポーツMIHAMAスポーツカートシリーズの第1戦が3月27日に開催され、チームで所有するカートを持ち込んで争うGT1クラスは#2 傾奇者(「かぶきもの」くっぱ 選手/きゃぷてん 選手/ペンギン山ちゃん 選手組)が優勝。
 レンタルカートで戦うGT2クラスは東日本シリーズから遠征した09年チャンピオンチームで構成される#52 やってきました・く連隊(キノピオ 選手/ドンキ 選手/ワルイージ 選手/ワリオ 選手組)が優勝した。広々としたMIHAMAサーキットで行われた今回のレースはアクシデントもなく、非常にクリーンなレースとなり、選手だけでなく見ている全員が楽しめるものとなった。

 昨年10月に行われたプレシーズンマッチが発展する形で、今季から年5戦のシリーズ展開がされることになったMIHAMAシリーズの記念すべく最初のレース。職場の仲間でドライバー、監督、メカニック、ヘルパーを構成した#45 M01_PROJECT+NRD(吉田直樹 選手/藤原陽一 選手/粟倉正康 選手/小西貴文 選手/平林正規 選手)、MIHAMAをホームコースに何年も走り続けている兄弟とそのコーチのコンビ#27 T'REX WORKS(金谷秀幸 選手/山下慧 選手/山下悠 選手組)と#2傾奇者がGT1クラスで出場。

 #27 T'REX WORKSは全ドライバーの腕もさることながら、マシンもよい仕上がりで圧倒的なスピードを披露。48秒112と今大会ファステストをはじめとして速いペースで逃げを打つが、若く体重も軽いメンバーが揃ったチームは規定のハンディキャップストップ(ドライバー交代義務)が8回と多いのが難点。さらに、ドライバー交代をしないストップが1回あったために、年齢と体重で有利な#2 傾奇者のドライバー交代回数4回には歯が立たず、最後は3周の差をつけられての2位となってしまう。
 #45 M01_PROJECT+NRDは5人のドライバーが均等スティントで走るベーシックな作戦で「全員が楽しむことを最優先」に走り無事に完走。慣れない借り物のGT1カートだったこともあり、途中でガス欠になるなど2時間のレースでは想定しえなかったハプニングもあったが、初参戦のチームであることを考えれば大健闘のレースだった。

 GT2クラスは結果だけ見れば、東日本シリーズチャンピオンの横綱相撲の感もあるが、2位から5位までは同一周回と、ハンデを活用し追い上げるチームと、純粋な速さでハンデを跳ね返すチームとの対比が見どころとなる、“味のある”レースとなった。
 2カー態勢を敷いた、く連隊は1-2フィニッシュ。トップ#52 やってきました・く連隊が2位以下に2周差をつける頭ひとつ抜け出た形で圧倒的な勝利。だが、2位#70 やっちゃいました・く連隊(クッパ 選手/初代ピーチ 選手/バイクルイージ 選手/デイジー 選手組)から5位#64 Team KOUTA.339(しゅん 選手/ひろンジョ 選手/YUKI.T 選手組)までは2時間のレースが終わってみれば同一周回と非常に接近。

 く連隊のことを練習走行からマーク、「実は意識をしていた」という3位の#60 GP with WAKO'S(難波敏憲 選手/市川大祐 選手/田中昭宏 選手組)はラップタイムでは勝るものの、ハンデを含め2時間トータルの戦い方では一日の長がある、#70 やっちゃいました・く連隊まであと5.7秒というところで惜しくも2時間経過。2位奪取はならなかった。

 双子の兄弟で出場の#54 SAVAGE RACING(渡邉大輔 選手/渡邉勇輔 選手組)は、8回の交代義務のうち6回を序盤30分で行い最後の1スティントずつを45分のロングでつなぐという作戦を採り後半に重点を置いた走りで4位を獲得。
 そして、昨年のMIHAMAプレシーズンマッチおよび西日本シリーズの常連チーム#64 Team KOUTA.339(しゅん 選手/ひろンジョ 選手/YUKI.T 選手組)も若さと軽さが武器と、ハンディキャップ的には不利なチームだが、気合いの走りで2位争いの集団に食らいついて5位となった。

 #63 FXILE(「ふくざいる」河村浩司 選手/福田隼人 選手/安次富亮 選手組)も、く連隊2チームよりも速いベストラップをマークする走りで8回というハンデをひっくり返すことを狙っていたが、あとわずか。2〜5位集団からラップダウンとなってしまう惜しいレースとなった。

 レース後は“恒例”となったカートスーツなど豪華賞品が渡される表彰式を実施。そして締めのじゃんけん大会は、人数以上(?)と思われるほどの数の賞品争奪戦。こちらはレースに負けず劣らずの盛り上がりでイベントは終了。
 MIHAMAシリーズ第2戦は5月22日、エントリー受付は1カ月前の4月22日より公式サイト『スポーツカート情報局』で行われる。

[オートスポーツweb 2010年3月28日] 3月28日23時29分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000001-rcg-moto
 
   
Posted at 22:43/ この記事のURL
はやぶさ、地球への帰還軌道に乗る / 2010年03月29日(月)
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3月27日、小惑星探査機「はやぶさ」を、地球の中心から約2万キロの位置を通過する軌道に誘導することに成功したと発表した。6月に地球に到達する予定。

 はやぶさは小惑星「イトカワ」で採取した岩石などをカプセルに収納し、地球に戻るのが目標。今後、数回に分けて軌道修正を実施。カプセルが正確に地球大気圏内に再突入する軌道に向け、徐々に精密誘導する予定だ。

 はやぶさは昨年11月、エンジン4基のうち3基が停止するというトラブルに見舞われた。推力不足で地球に戻れない可能性もあったが、エンジンの機能を組み合わせて推力を確保し、地球への帰り道を進んでいた。 3月29日16時4分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000023-zdn_n-sci
 
   
Posted at 22:27/ この記事のURL
【三洋ゴリラ2010モデル】増えた容量のほとんどは地図データ / 2010年03月29日(月)
三洋電機の『ゴリラ』は、PNDとしては最大となる16GB容量のSSDを搭載した。2009年モデルは8GB容量だったため、単純な計算でも容量は2倍となっている。そして増加した容量の大半は地図データに使われている。

[関連写真]

全16GBのうち、地図データ収納用として使われているのは約14GB。DVDナビのメディア容量は最大でも約9GBだったので、2010年モデルのゴリラはPNDでありながら、これを大幅に上回ったこととなる。

地図データ増量の効果がはっきりとわかるのは郊外や山間部を表示したときだ。従来モデルでは「そこに道がある」というのはわかったとしても「道幅まではわからない」という状態だった。2010年モデルでは道幅までフォローしており、進入可否の判断がつきやすくなった。

大都市圏において、従来は2段階だった詳細市街図のスケールを2010年モデルでは4段階としている。フルナビでは50mから下が詳細地図となるものが多いが、従来のゴリラでは25mと12mしか対応していなかった。

ゴリラ2010年モデルでは50m・25m・12m・5mとなり、建物の形状も確認しやすくなっており、正確な名称や住所がわからない場所であっても、地図を見ながらピンポイントで目的地として設定できる可能性が以前よりも高くなっている。

《レスポンス 石田真一》

【3月29日12時46分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000016-rps-sci
 
   
Posted at 22:10/ この記事のURL
神奈川県写真作家協会展が作品展、31日まで/横浜 / 2010年03月29日(月)
 テーマを「私写真'10」とし、1年間取り組んできた「第28回神奈川県写真作家協会展」(同作家協会主催、神奈川新聞社などの後援)が31日まで、横浜市中区万代町の横浜市民ギャラリー1階で開かれている。入場無料。

 同協会は県内のプロやベテランのアマチュアカメラマンら約100人の会員で構成。

 会場にはテーブル、窓、らせん階段と丸を基調にした作品や「これは何の花だろう?」と首をひねるようなゴボウ、ソラマメ、ミョウガなどの野菜の花。竹カゴを背負い市電を眺める少年や米兵が闊歩(かっぽ)する昭和37年の横浜・関内周辺のモノクロ写真など私的テーマを表現する作品98点が展示されている。

 写真家で同協会会長の常盤とよ子さんは「今の世の中をどうとらえるか個々人に任せました」と話した。問い合わせは、会場電話045(224)7921。

【3月29日15時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000011-kana-l14
 
   
Posted at 21:54/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!