くまちゃんが梅本

April 18 [Wed], 2018, 8:41
以前、炭水化物を切り詰める手法で減量を試みたことがあります。



たくさん噛むことで、充分に心を満たそうとしたけれど、困難だったです。

日本の人間なので、たまには、がっつりと真っ白なごはんを欲しいと思います。ですから、今は、夜だけは、炭水化物の摂取を抑えるけれど、朝ごはんと昼ごはんは普通に食べることにしています。
綺麗な体になるには長い時間が必要ではないと思います。
急激に痩せるということは体が弱くなってしまうので、計画的、段階的に体型を変化させる方法を選びそれを続けて、徐々に体重を減らしていくのが基本です。
体重が少なくなったからとやめてしまうと、リバウンドが起きやすいので、少なくとも3ケ月は繰り返しましょう。


勤め先の上司・同僚・後輩との関係の精神的な負担で、最近は、自分でブレーキがかけられないくらいの食欲が湧いて、めちゃくちゃ食べています。


ほっぺや顎や二の腕や、ウエストにもお肉を蓄えてぷよぷよで、何とかスリムな体型を、手に入れたいのですが、なかなか、運動する暇がありません。


そんなときに、簡単に体重が減って良いスタイルを、手に入れる薬があればいいのになと思います。苦労しないで、体重を減らせる薬があるのなら、万札の1枚や2枚、払う覚悟はありますね。


そんな風に思うくらい本気です。



有酸素運動は最低でも20分以上継続しないと効果が見られないといわれてきましたが、今は何度かにわけてもあわせて20分運動していれば効能があるといわれています。と同時に、筋トレのほとんどは筋肉内のグリコーゲンでエネルギーを生み出す運動ですが、酸素を使う運動、息を詰める運動を交互に行うことで効果を向上させることが可能です。細くなろうと思っても日々の運動で、長距離走をしたり歩いたりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気持ちが発生しませんか。
そこで提案したいのがインドアでの有酸素運動です。ラジオ体操も、効き目のある有酸素運動なので、軽装でしっかり体を動かし体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。
若い頃は基礎代謝力がしっかりとしているので、多少の食べすぎで体重が増えたとしても時が経てば元に戻ることがよくあるものです。
けれども、歳をとっていくと基礎代謝力が衰え、エネルギーの消費量も減少するので、何もしない状態だと太りやすくなります。減量の為に朝ご飯を抜くのは体に良くないので、抜かずに食べる方が効果的です。



カロリーを考える場合はメインのご飯をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。
他にも、温野菜やスープも代謝が上がりますし、肌も綺麗に保てます。


栄養のあるバナナを朝ご飯にしてもいいので、欠かさず食べて健康に痩せましょう。


避けては通れないのがダイエットの効果があまり感じられなくなる時期です。

こんな場合にはどうしたらいいのかと言うと、この状態で減量をやめてしまう人もいますが、無理なく続けるのが大事です。もし、運動をしなくなったのなら、食事だけはカロリーに注意したり、食べもののカロリーを気にしないのなら、運動オンリーでも続けましょう。
すでに20年くらい前になりますが、当時流行した海外製の減量効果のあるサプリを試みたことがありました。飲んで少しの間すると、動悸が発生したり息切れが発生したりしました。


実際問題、期待どおりの結果があると判断すればいいのか、体に合わないのかわからず恐れを感じ、一瓶で飲むのを中止することにしました。


体重も何も全く変わりませんでした。



呼吸に集中してお腹からするだけでも、人間はスレンダーになるそうです。脂肪を燃焼させるストレッチとしては深呼吸しながら肩甲骨を動かすのが成果があると聞きました。


肩こりにも、効果的らしいのですが、両腕を上にピンと伸ばしながら息を吸って、腕は上を向けた状態で、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。


同時に息を吐きながら肩甲骨を縮める感じです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuduki
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる