未定 

January 29 [Sat], 2005, 19:29
「そんなに休暇なんて、私はいらないんですけどね」
久しぶりに家に遊びにきているメイ達にお茶を出しながら苦笑する。
「休みは大切だと思いますよ。自分のやりたいことができますし」
出されたお茶に一礼して行儀良く飲んでいく。
二人は休日の過ごし方に華を咲かせている。それを見ながら、やりたいことか…と考えているカイの脳裏にひっかかるものがあった。
「やりたいことと言うか、最近何かに呼ばれてるような感じがするんですよ」
仕事中に感じた気配がずっと気掛かりではあったが、仕事を放り出してまで探すわけにいかずそのままにしていた。
「じゃあ、この休暇を利用して探してみれば?」
お菓子を放張りながらメイが提案するとディズィーがそれに賛同する。
メイ達の意見にカイも賛同し後日、身の回りの掃除を終わらせると気配探しの旅に出た。

未定 

January 29 [Sat], 2005, 16:22

暗い闇の中に鎖と鍵が交差している小さな箱があった。
それがとても気になって近くによろうとする。
でも、いくら歩いてもその箱には近づけない。むしろ歩いても箱が離れていく。
だからいつもそれを見ていることしかできない。

なにかとても大切なもののように感じるのに。





「本当のこと、言わなくてもいいの?」
 街灯もない闇の中、確かにそこにある気配が尋ねる。
しかし、何も返答は返ってこない。
「納得してないと思うよ」
尚も尋ねるが、同じように返答は返ってこない。
「自分勝手すぎると、オレは思うけどね」
「・・・うるせぇ」
初めて返ってきたが、それと同時に鋭い気配が溢れ出す。
アクセルは地雷を踏む一歩手前と察し、距離を置き降参とばかりに両手を上げる。
「仕方ねぇんだよ」
一言言うと舌打ちをし、ソルの気配は消えた。
消えた気配の方向を見、アクセルは肩を落とした。
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:annindou
読者になる
Yapme!一覧
読者になる