浜錦の濱崎

July 31 [Mon], 2017, 22:11
実際に妊娠してから葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも問題はありません。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。ですから赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊婦への摂取が勧められているんですよね。葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんも少なく無いそうです。もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、ほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食生活を送っていれば、多少は摂取できているという事ですね。
妊婦にとって葉酸は重要な働きをする栄養素なのですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。ですから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると言われているそうです。こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。
妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つはとても関わり合いの深いものですよね。その理由は、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。もちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中から葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。
妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも大事な栄養素が含まれていますから、意識して摂取していきたいですね。ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良くさまざまな食材をとるのが理想的です。そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、産後までは我慢したほうが良いですね。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も多いと思います。ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため熱を加えてしまいますと熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が足りていないかもしれません。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の先天性神経管異常の発症リスクが減少することが判明しました。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中には特定保健用食品に指定されているものもあります。こうしたものは、安全性と有効性の高さから私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースがよく耳にします。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。これらのお茶はカフェインが入っていません。いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話ですから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を作る作用があります。それは不妊治療にも効果を表し、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠のチャンスが直接的に増えるというわけです。そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなるだけでなくホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カイト
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/annigiifsryhco/index1_0.rdf