どう足一儲けた

October 21 [Tue], 2014, 17:26

を創業したい多くの人は特に難しい!が創業の成功の人は偉大な人で、実はそうじゃない、創業したいのはそんなに難しくない!大学生の謝来世生みの経験を通じて、私たちに検証したこの道理!



謝来世に英語の週刊新聞を通じて』のキャンパスエージェント、儲けの人生の第1杯の金;何永亮から一回の旅行が起業の考え方と勇気.4月26日、中原工業学院情報ビジネス学院組織の大学生が自主的に創業座談会の上で、省十大自主創業の星の模範だ何永亮や学生起業の経験を紹介した.



キャンパスから「小商売から/ p>



謝来世は、この学院の大学四年生.大学1年にちょうど入学時、謝来世所持金が足りない学費、あの時、彼は決定してから自分で学費を稼ぎ、自分.



「多くの人が創業、ただ多くの人が知らないとどこからはじめる.謝来世彼の創業は校庭からの小商売し始める.謝来世学生が《英語週報」を見ることが好きで、彼は努力にキャンパスエージェントは、最終的にした700分ごろ、儲けた六七千元、アモイへ自分の第1杯の金.



後、偶然の機会を見て、謝来世の教務の下に貼って注文を募る学年教材の通知では、学生が自発的に購入し、彼はその中で見つけた商機.彼は走って書店、古本市場連絡資源.自分で売っている教材安く、学生に人気が、一番行うときに、年八九万元を稼ぐ.



用頭は他人に投資



大学の時、何永亮組織クラスに学友旅行をするとき知り合った旅行社の社長、それから何永亮し始めた旅行社のキャンパスの代理業務.その後、彼に組織した60人旅行世紀歓楽園、一人当たり5元歩合300元、これは彼の第1杯の金を稼ぐ、今彼は鄭州の一照明工程会社の社長.



大学の夏休みに入り、何永亮河南1家のネット会社でアルバイトをして.その後、自分何永亮ふっきる家のネット会社が、十万も投入、技術の人が分かる.



当時、この二つの彼もない.何永亮言って、彼は自分の考えを教えてくれた創業サイトでアルバイトの時に知り合いの人のトップをほしい投資、それからまた探した人の技術者と、二人とも承知した.このまま、会社は咲き始めた.



彼の考えでは、学生は自分の頭で考え第1筆の原始資金ではなく、盲目的投資、投資は私たちのやったこととて、私達のするのは他人に投資.



面接は必ず自信



何永亮提案、仕事を探しているの大学生、面接の時に必ず自信、自信の内側から、人に感染して.

p

と<
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/anngouka/index1_0.rdf