伊東が彰(あきら)

December 30 [Wed], 2015, 9:12
普段は肌があまり乾燥しない人でも冬になるとお肌がカサカサになるケースもありますから、、洗顔後やおふろの後は化粧水を使うほか、乳液を使うと良いでしょう。
寒い季節になると肌荒れや、肌トラブルが増えるので、スキンケアをサボらないようになさってください。
そうやって、きちんと保湿をすることと血のめぐりを良くすることが冬のスキンケアの秘訣です。
化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、適切な使い方をしなければ効果を実感することができません。
顔を洗ってからつけるのは化粧水です。
これにより肌に水分を与えます。
スキンケアの際に美容液を使うタイミングは一般的には化粧水より後になります。
その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。
お肌の補水をしっかりとしてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。
肌荒れが生じた場合には、セラミドを補充してください。
セラミドとは角質層の細胞に挟まれて水分や油分と共にある「細胞間脂質」のことです。
というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。
皮膚の表面の健康を保持するバリアのような機能もあるため、必要量を下回ると肌の状態が荒れてしまうのです。
寒くなると湿度が下がるのでそれによって肌の潤いも奪われます。
潤いが肌に足りないと肌のトラブルの元となるのでお手入れが必要です。
潤いの足りない肌に起こりうるトラブルを起こさないためにも保湿と保水を念入りなお手入れを心掛けてください。
乾燥する時期のスキンケアのコツは肌を乾燥させないという意識を持つことです。
ご存知の通り、ヒアルロン酸は人の、体にも含まれるタンパク質との結合性の強い性質を持った「多糖類」に含まれる酸です。
並外れて保湿力が高いため、化粧品や栄養補助食品には、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が入っています。
加齢に伴って減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リク
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/anneviesjngkxe/index1_0.rdf