パノラマ                  

2005年09月19日(月) 14時35分
静かな時間がひとつある                   
風見鶏が今朝の機嫌をぶんとまわし                      
不透明な部屋へとふりかえる                    

欠伸
ハミング                                                 
この距離は憚りない窓の遠近法である

ところで
僕のなかの癇癪玉が消えた
あたりを見渡すと                                             
明日が
なかなか無造作に置かれている
                               
朝が朝を眺めた風景    
                                  
                                                               

 

2005年09月19日(月) 14時23分
井の頭公園の池の柵に
春が待っている
池の水面は酔っ払い
ふらつくのだ
浮がつくのだ
親の木々は池に凭れて                            
いつかは小さな流木に生まれ変わり
あたりは梅と桜蕾の子供たちが集めた枯葉で
焼き芋だ
背中と背中をあわせて黄色い声がきこえだす  
(おしくら饅頭 押されて泣くな!)                                 
ぼやけた顔がうつればいいのに 
見ずに入らず暖かい敷物である      
                 
井の頭公園の池の柵に
春が座っている 
ここには季節を感じる匂いが千切れてみえる
しかし季節は望まなくても
ふかふかふかふか
深い付加価値だから   
尻が池を横切るのだ
これらはひとつのくしゃみ模様であって
春が冬越えしている

給料日 

2005年09月19日(月) 14時12分
言葉を使えば舌足らず                   
言葉を記せば腕足らず                  
よくもわるくも足は金儲けに汲々とす        
給金                        
給与                       
月給                         
時給                           
あてがう負傷は地に立たず                 
昇給                         
有給                                                    
配給            
自給       
すべては あなたの胸襟に                 
噴火山のごとく便りのあいさつ             
究極                         
つまりは とどのつまり                
黒紫色の九官鳥が光沢ぶらさげ人声まねる      
杞憂に終わる休日を求愛 
                
ああ 行儀よく並んだ狂言綺語!          
                             
                        

万灯の唄 

2005年09月19日(月) 13時58分
夏になると                        
どこもかしこも                      
若い娘のビキニだらけ                  
若い娘のビキニだらけ!                   
麦藁帽子を深くかぶる海と太陽               
テラスではサーフミュージックがながれている        
                               
誘う                           
誘う                           
だれを誘う                        
いちばん胸をふくらませているのは
だれなのか        
と                            
つまらない冗談をぽろりした                
お椀型のパラソル                     
                             
期待はひとつ
今にもはり裂けそうな晴れがましい予感

一日は長い
この前後にかぎって
数日間
一日は長い
真夏の紫外線を避けるには
真っ白のテーブルクロスをひろげ
帰省のグラスにつめたい麦茶を注ぐこと

いつからなのか
女たちは香料で煙に巻く
男たちは単純だからすぐに騙される

お盆になると
人は寒天質のクラゲで
急に砂浜へと賭けまわり
線香のひとつでもあげたくなる

ここからはじめよう 

2005年08月16日(火) 15時39分
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:annann193
読者になる
Yapme!一覧
読者になる