赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術の新事実と2WAYビジネスバッグ(B-17-MW)のセミオーダー仕様

January 24 [Fri], 2014, 21:28


おはようちゃんです。


現在赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術レビュー特集中です(^^)
赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術は、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?

↓↓

赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術体験評価はこちら


メインサイトでは、竹原秀明さん作の情報教材赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術を体験した上で、
特典付きでお届けしています。


購入前はまあ色々でしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


けさの朝食は赤飯と、カマスと出汁が効いたお味噌汁

最高のメニューです。



10分で食べ終わり、8時20分に自分の家を飛び立ちました



いつも立ち寄るファミリーマートに立ち寄り、ウコンの力をポイントでゲット(^^ゞ



ふーっと一息つける時間です。。



会社に行くと、ルーチンワークであるニュースの確認をする私(^^)

話題の事件は・・・

↓↓

 センバツ初出場が決まった東京都立小山台の福嶋正信監督(58)は、選出の知らせを受け、「ヒロスケ、一緒に甲子園に行くぞ」と言って声を詰まらせた。

 2006年6月3日。野球部員だった市川大輔(ひろすけ)さん(当時16歳)が、港区内の集合住宅でエレベーターに挟まれて亡くなった。写真の中でほほ笑む息子にセンバツ出場決定を伝えた母親の正子さん(61)は「朝6時に家を出て練習し、帰ってからも素振りしたり、走ったりしていた」と振り返る。

 当時、市川さんは二塁手として2年生唯一のレギュラー選手だった。小山台はベンチ入りメンバーを部員全員の投票で決める。強肩と堅実な守備だけでなく、冗談を言って周囲を和ませる明るい性格と、野球に対するひたむきな姿勢が評価された上での選出だった。

 正子さんは、市川さんが甲子園という舞台について「尊敬する監督、先輩たちと一緒に行きたい」と話していたことを覚えている。事故に遭う1週間前、市川さんは野球部の日誌に「限られた一日という時間を他人に優しく、自分に厳しくできるように、そしてその一日が有意義であるようにすごしてゆきたい」とつづった。

 福嶋監督は市川さんの日誌を毎年、新入部員に読ませ、思い出を話している。伊藤優輔主将(2年)は「市川さんが『everyday my last』という言葉をメールアドレスに使っていたと聞き、生きていること、野球ができることのありがたさを感じた」と話す。

 試合中のダッグアウトやスタンドには、今でも市川さんの写真が置かれている。時折スタンドに足を運ぶ正子さんは「息子と一緒に応援している気持ち。応援する声や選手たちのプレーに勇気や元気をもらうんです。大輔は『今できることを精いっぱいやる』『あきらめない』とよく言っていた。後輩たちには甲子園でもそんな野球をしてほしい」と願いを語った。【戸上文恵】
(この記事は毎日新聞から引用させて頂きました)



へえ〜。。。

ホント、どーでもいいわ。



はい、では今日の本題。我仕事について。

まあまあ予定通りに行けばステップメールアフィリエイトに13時間と、ヤフオクに3時間。



先日と同じだからあっというまでしょう



バリバリ稼ぐぜ^^



そういえばこんなの

↓↓





ありゃりゃ(汗関連してない?

ま、いっか(笑)



さて今日の晩御飯は何しよ?

ハンバーグかチャーハンが食べたいよ〜!(^^)!



これも良いか?

↓↓





多分今度の記事更新は今日の夜でしょう。

お待ちしております。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:anminkaimin
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/anminkaimin/index1_0.rdf