更年期症状?更年期障害はどうして起こるのか?

September 23 [Mon], 2013, 12:55


更年期とは、卵巣の機能が衰え始め、女性媚薬ホルモンの分泌が急激に変調する、閉経をはさんだ前後10年くらいを言います。女性女性用媚薬更年期の症状は、「卵巣機能の低下」「環境的な要因」「本人の気質や体質」の3つがからみあって起こると考えられています。

卵巣機能の低下

     更年期症状?更年期障害の直接的な原因は、卵巣機能が低下し、やがて停止(閉経)するこ とによって、エストロゲンの分泌量が低下ないし、停止するためです。

卵巣機能が良好な年齢が若い時には、視床下部からでる「エストロゲン(卵胞ホルモン)を出せ」という指令に、卵巣もきちんと対応する事ができます。しかし、年をとって卵巣機能が低下すると、卵巣は視床下部からの指令に応じられなくなります。

ところが、視床下部の方ではさらに出せという卵胞刺激ホルモンがますます分泌され、エストロゲンとそれを出させる働きをする卵胞刺激ホルモンの2つのホルモンのバランスが乱れるという状態になります。

      その乱れは、自律神経を司る脳の一部と密接な関係があるため、自律神経を乱し、体の各機能に不具合を起こします。

環境?気質の問題

       女性媚薬ホルモンの急激な減少は誰にでも起こることです。しかし、更年期の諸症状の出方は千差万別で、とてもつらい人もいればほとんど感じないで過ごす人もいるでしょう。

        これは更年期の種々の症状は体と心の両面に関連しているので、それまでの体の状態と生活習慣、社会や家庭環境、その人の性媚薬格や感性媚薬、ストレスの受け止め方にも影響されるからです。

たとえば、子どもの就職や結婚、老親の介護や死、定年や老後へ向けての生活の変化に対する不安などの「環境的な問題」や、もともとちょっとしたことが気になるとか頭痛持ち、几帳面、完璧主義、あるいは若いときから肩こりや腰痛になりやすいといった「本人の気質や体質の問題」などが複雑に絡み、症状に拍車をかけるとも言われています。

        しかし、本人の心がけの良し悪しとか、気持ちの持ちようで更年期症状?更年期障害が現れるということでは全くありません。














プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:勃起不全改善.com | 中折れ、ED、インポテンツの原因と治す方法をご ...
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/anjnjd/index1_0.rdf