良(りょう)と桃華

July 09 [Sat], 2016, 19:49
よほど専門的な知識がない限り、住宅を売却する際は不動産業者による査定を受け、売手が販売価格を決めたのちに媒介契約を交わします。査定は当日中に済みますが、契約書を用意するのに一日から数日かかることもあります。肝心なのはどの位の期間で買い手が決まるかですが、物件次第、価格次第で早くも遅くもなるでしょう。ただ不動産取引の場合、法律の規定で不動産売却のための媒介契約というのは3ヶ月たつと効力がなくなりますから、再契約はできるものの、その間に買手がつくよう計画立てていくと良いでしょう。これはマナーのひとつだと思いますが、現在住んでいる住宅を売るときに気をつけておきたいことは、急な内覧予約がきても良いように、普段から整理整頓を心がけて過ごすことでしょう。内覧希望者というのは、関心があるからこそ来るのですから、じっくり見たときのマイナス評価が多ければ、購入する気を失ってしまうのではないでしょうか。つきましては家のお掃除はいつにもまして丁寧に、そしてたびたび行う習慣をつけましょう。マイホームを売却する場合は通常、複数の不動産業者にあらかじめ状況を見て査定してもらうのが常ですが、その評価を左右するのが建物の建築年数でしょう。査定要素としては他に利便性や方角なども含まれますが、中古価格は築後すぐに3割下がり、10年、15年もたつとガクッと落ちていくものです。例えば土地付きの戸建住宅などは、固定資産税でも建物に償却年が設定されているように、建物が古いほど資産価値はなくなり、場合によっては土地だけを「古家あり」で売り出すこともあります。自宅を売却する理由はさまざまですが、近年とくに増えてきているのが都心への回帰、ならびに一戸建てからのマンション購入です。駅近や都心は生活用品や食品等の買い物には便利ですし、医療面もよく整備されている状況が決め手のようです。郊外は広々とした雰囲気は素晴らしいものの、病院ですらも自動車が不可欠ですから今は大丈夫でもこの先はどうなのかと考えている人もいるのはもっともだと思います。家を売却するためのステップは、不動産会社をいくつか選び、査定、売り値を決め、媒介契約書にサインし、販売活動、買い主が現れ金額等の話がついて、めでたく売買契約が成立したら、物件の引渡しと代金の支払いを経て、すべての取引が終わります。期間はどの位かかるのかは、いつ買手がつくかで全く違います。また、住んでいる状態で売り出すなら、転居の都合もあるでしょう。仲介契約というのは法律で最長3ヶ月と決められていますし、延長したり別会社と契約しても6ヶ月といったところでしょう。近頃は積極的に申告する人が増えてきましたが、確定申告とは、過去一年の所得を報告し、納税額を申告するためのものです。会社員のように源泉徴収されている人は、実際の納税額との差を調整(還付または納税)するためのものです。給料のほかに申告する所得のひとつとして、住宅売却で得た利益も報告義務があります。税率の優遇を受けられる5年超所有した物件でも、所得税に住民税を加えた税率は20%にもなるため、大きな出費となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuto
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる