接触性皮膚炎健康の知識

March 29 [Thu], 2012, 12:23
漆(ウルシ)によるかぶれや、乳幼児のオムツかぶれといった皮膚病がありますが、これがいわゆる接触性皮膚炎です。文字通り、皮膚と接触するものが原因で起こります。最近、非常に増えている湿疹皮膚病のひとつです。
 接触性皮膚炎と言っても、その起こり方によって二つのタイプが考えられます。一つ目は、物質の刺激が強いために起こる刺激性の接触性皮膚炎です。たとえば、石けんを例に考えてみましょう。主婦が石鹸を使用して、手が荒れてくると、石けんのアレルギーと考えてしまうかもしれませんが、そうとは限りません。石鹸は、通常は弱アルカリ性ですが、洗濯石鹸などになるとアルカリ度が強くなります。そして、アルカリ度が強くなるほど、皮膚に対する刺激も強くなるのです。こうした刺激が繰り返し起これば、誰でも炎症が起こります。また、石けんは、水の表面張力を下げて皮膚の中に容易に浸透します。そうした要素が重なって、特に皮膚の弱い人は、誰でも刺激による接触性皮膚炎を引き起こすのです。
 その一方で、二つ目の起こり方ですが、これとは異なるアレルギー性の接触性皮膚炎があります。この場合には、抗原(アレルゲン)と接触することでアレルギー反応が起こり、その結果として、皮膚にアレルギー性の湿疹(シッシン)ができます。たとえば、先ほどあげた漆(ウルシ)かぶれなどもその一つだと考えられています。ウルシかぶれはあまりにも有名なので、刺激性の皮膚炎と考える人も多いと思いますが、実際には、半数の人はウルシに触れても何の反応も起こりません。つまり、アレルギーの素因の有る人がウルシに触れて感作されて、以後ウルシに触れるとアレルギー性の接触性皮膚炎を引き起こすのです。
 湿疹(シッシン)の発症の仕方は様々で、ほんの少し抗原(アレルゲン)に触れるだけで酷い湿疹(シッシン)の出る人もいれば、毎日繰り返し触れて反応が出る場合もあります。抗原(アレルゲン)の濃度やアレルギーの程度によっても異なります。通常は、接触した部位が赤く腫れて、痒み(カユミ)が出ます。この痒み(カユミ)が曲者で、かくとドンドン悪化していきます。酷い場合には、水疱(スイホウ)ができたり、かき壊して皮膚がびらんすることもあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:animergt
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/animergt/index1_0.rdf