こんなはずじゃ 後編 

August 17 [Sun], 2008, 15:23
休憩中(まなくん電話中)、
その時ひとりになったあたしに民家のおじちゃん(70歳くらい)が話しかけてきた!

「バイク動かねぇんか? 俺もバイク好きでよ〜何とかなんねぇもんかな…」
という言葉を残し、ガレージへ消えた。
しばらくたってガレージが開き、おばちゃんも登場。
偶然バッテリーの充電器があり お借りしてエンジンはかかったものの
不安が残るあたしたちに、近所に住んでる自動車整備士を呼んできてくれた。

自動車整備士さんいわく「バッテリーを変えてみたら?」ということで、
民家のおじちゃんがお盆でも開いてる店を調べてくれた。
整備士さんは知り合いの自動車部品会社経営のおじぃちゃんに連絡、
今から会社を開けて調べてくれるという。
そしてわざわざ見ず知らずのあたしたちのために全て車で送迎してくれたのだ。

民家→おじいちゃんお迎え→ホームセンター→おじいちゃんの会社→
おじいちゃんお送り→民家 の経路。

足が悪いと聞いていたおじいちゃんは半身不随だった。
杖もなく元気に一人で歩いてるし 腕も使ってるし 症状は軽い方だと思うけど、
明らかに左半身にマン・ウェルニッケ硬縮が出てた。

もしおじいちゃんの会社に在庫がなかったときを想定して、
先にさっきの民家のおじちゃんが調べてくれたお店に寄って行くことになった。
ホームセンターについた瞬間“ほたるのひかり”が聞こえ、街灯が消えた!
時計は閉店時刻の19:30 3分前!!!
しかし整備士さんと一人の店員さんが知り合いだったらしく、地元パワーで入店。
同じ製品はなかったけど型が似ているバッテリーをGET。

そしておじいちゃんの会社に寄るも、合った在庫はなく 別れ際おじいちゃんは
「力になれなくてごめんね。気をつけていくんだよ。」って言った。
どうして謝るの。貴重な休みを潰してさんざん連れ回したのはあたしたちなのに・・・。

民家に戻ってバイクに新バッテリーを繋ぎ、エンジンがかかった!
よかったなぁ〜とおじちゃんおばちゃん整備士さんみんなに見送られて、
20:30過ぎ あたしたちは民家をあとにした。


都会で育ってたら、こんな風に見ず知らずの他人を当たり前に助ける感覚ない。
もし偶然家の前で同じように困ってる人がいたら、
相手から助けを求められれば 許す限りは手助けしたかもしれないけど・・・
自ら進んで声かけて車まで出して、他人に何時間も付き合えたんだろうか。。。

名前も知らないこの地元の人たちのことをあたしたちは一生忘れないし
一生感謝し続けて、いろんな人に語り継ぐと思う。
きっともう二度と会うことはないだろうし、彼らにお返しは出来ないだろうけど
いつかどこかで似たような出来事があったとき、
今度はあたしたちが同じようにそれを返してあげなきゃいけないねって・・・。


その後 順調に約40km走って無事に山を越え、福島県福島市の市外地に到着。
サイゼリアに入ってこれからを話し合う。 肉体的にあまり疲れてなかったため
「このまま夜通し走って練馬まで行っちゃうか!?」って意見もありつつも
ENEOSの山内さんの意見と山形の地元自動車整備士さんの意見が違うことを危惧して
「万が一この先また何かトラブったら夜中じゃ今度こそ打つ手がない。」という結論に達し
今夜はこの辺で適当に泊まろうと目的の宿泊先に向かっていた途中、
完全に油断していたあたしたちをあざ笑うかのように

ガフッ・・・ガフガフッ・・・。


「!? ヤバイ、きたっ!」 ・・・・・・エンジン停止。

どうしようもないので、そこにバイクを置き 目的地まで約6km歩きました・・・

朝になりタクシーでホームセンターへ行き、バッテリーを分けて貰う為のコードを購入。
昨日の検証から、とりあえずバッテリーを分けてもらえば40kmくらいは走るので
福島から東京までの260kmをバッテリーをもらいながら帰ろう!と走り出したら、

ガフッ・・・ガフガフッ・・・。 ・・・・・・エンジン停止。


えーっ!? 今まだ2kmしか走ってないですけどっ!!
とりあえずヤローのまなくんより女のあたしのほうが何かと便利だろうと
あたしが道端で大きく手を振る。

地元のおじちゃんが快くスグに止まってくれて再度走り出したものの
確実に寿命が迫ってる・・・これ130回繰り返して東京に帰るのか?と疑問が生じたころ、
またしても

ガフッ・・・ガフガフッ・・・。 ・・・・・・エンジン停止。

しかしこんどは近くにパトカーが!!!
チャンスとばかりに停止措置をしているまなくんをおいて「すいませーん!」と
ことのあらましを話しに行くあたし。
ひとまずバッテリーを分けてもらい、警察署が1km圏内にあるってことなので
一緒に警察署に戻って バイク屋捜しや何かしらの対策を考えてくれるとのこと。

バイクに詳しい謎の警官が相談に乗ってくれたり、他の警官たちも親身になって
いろいろしてくれたんだけど、やっぱりどこもお盆休みで打つ手なし!
最後は一番安い西濃運輸に依頼して東京までバイクを送ってもらい、
あたしらは5時間かけて福島から東京まで鈍行電車で帰ることを決意。

西濃運輸に行く途中にも一度超カッコイいスポーツカーに乗ってる兄ちゃんが
助けてくれて、なんとか配送手続きを完了!東京方面の電車に乗り込んだのでした。


ちなみにこの西濃運輸ってのも昨日まなくんが電話した森さんからのアドバイス。
宿泊先まで約6km歩いてるときに、偶然通り道に発見したもの。
そのヒントもらってなきゃ西濃なんて気にもせず通り越してただろうなぁ。
この森ちゃんって見た目ただのヤクザなんですが(笑)、
実際会ってみるとデキそうなオーラ放ってて いつもいろいろと助けてくれる。
前日も無理にトラック出してくれようとしてたり、まさに「見かけによらずいい人」。


そして全ての事のあらましを話したら(初日にも故障があったこと)、一人の警官が
「そりゃ帰ったほうが良いよ、そんだけツイてないこと続きじゃなぁ・・・」
とか言われたらしい。
しかし超プラス思考のあたしたちはツイてないとは微塵にも思わず

「あれだけ北海道の何もないところ走ってたのにそのときは何ともなくて、
 今回 故障したところがたまたまあんな素敵な整備士のいるGSの前とか、
 すごく親切な民家の人々の協力がもらえたり、
 県境の夜中の山越えの時には止まらなかったとか、
 止まった時にパトカーがいて 警察に保護されたり、
 たまたま一番安い西濃運輸が行ける距離(故障車でも)にあって
 最後は電車で帰れる福島って場所だった。」


『うちらってなんてラッキーなんだろうねぇ〜☆』と何度話したことか。

まぁ確かに痛い出費したし、最初から故障しなければよかっただけなんだけどね。
でもあたしたちはお金じゃ買えない貴重な経験をしましたよ。ほんと。

今度道端で大きく手ぇ振ってる人がいたら、皆さん快く止まってあげて下さいね(笑)

2日間の大冒険を追えて、現在練馬で充電中なあたしたち。
東日本は制覇したので、めげずにお盆明けに北陸方面へ向けて再出発致します。
今度は危な気なビックスクーターでなく、走りたかった念願のYAMAHA fz-6sで!
そうすると今までの荷物が入らないので、今日明日でカスタムしていきまーす。


ここまでの長文を読んでいただいた皆さんお疲れ様でした!
今後とも日本一周紀行をお楽しみに〜☆
http://www.crocci.com/

こんなはずじゃ 前編 

August 17 [Sun], 2008, 15:22
今、またしても実家の練馬から更新しています。

4日前の8/14(木)、北海道を終了し 本州へ。
青森港についてから世界自然遺産の白神山地をまわって秋田のネットカフェに泊。


3日前の8/15(金)、秋田を出ようとしたら朝から雨だった。
このバイク、まだ2週間しか使ってないとはいえあたしらは既に3000km以上走ってる。
あげく二人乗りで倍の負担がかかってることにより
後輪タイヤの溝の減りが異常に早く、道路の段差に滑る状態になっていた。
危険だからタイヤ替えようとバイク屋を調べたが、秋田・山形には適当なところがなく…
その先の新潟まで行ってみることにした。

雨のせいで路面が濡れてるから、もちろん注意しながらかなりの低速。
途中バイク屋があいてる時間になり片っ端から電話、しかしどこもお盆の影響でお休みか
やってても在庫の入荷がお盆明けになってしまうとのこと。
1週間足止めくらう滞在費考えたら東京に戻れない距離じゃないし、
東京なら在庫あるっていうし戻ろ。。。と、予定変更。
雨の中、山形を横断し 東京へひた走っている途中に事件は起きた。


午前中、あたしが運転してるとき、一度信号待ちで止まっただけでエンジンが切れた。

あたし「何コレ。」
まなくん「わかんね。」

乗ってるマシンはまぎれもなビックスクーターのHONDA FORZA.
オートマだからクラッチがなく、エンストがあるはずもない。
気にせずエンジンをかけなおし再出発。

その数時間後、まなくんが運転してるとき、
ガフッガフッとエンストの前のような状態になりエンジン停止。
今度はかからない。
偶然にも車検を受け付けてる国家資格の自動車整備士がいるGSで、とりあえず逃げ込む。
まなくんが交渉に当たり「車が専門でバイクはちょっと…」と門前払いされるも
「構造部分の異常っぽいので、バイクも車もそんな変わりないと思うんです」と彼は粘り
「では少し見てみましょうか」と親切にいろいろ調べてくれた。
この“永田”というバッヂをつけた兄ちゃん、すんごいすんごいいい人。

あたしたち夫婦は持って生まれたセンス+性格上&経験上 人の接客スタイルや雰囲気で
どんなタイプの人間か想像がつく。
永田さんは、他のお客様に他する接客態度もすごくいいし 一生懸命なのが伝わってくるし
何よりすごく丁寧。
はじける接客スマイルがまぶしい。
バイク客のあたしらは一銭にもにならないのに 親身に対応してくれて、
ついには所長さん登場。
一時 永田さんが他の接客で我々の場を離れるも、あとから所長さんに話を聞きに行ってた。
きっと乗りかかった船である責任感と、所長さんの見立てと自分の見立てを比較して
今後の対処につなげようとする姿勢だったんだろう。

この“山内”というバッヂをつけた所長さんからもアドバイス&対処法の指導を受けた。
(専門的な構造の話をしてたので あたしは理解できず、まなくんに任せてた)
ふたりには本当にお世話になり めちゃくちゃ感謝しています。
一銭も払うことなく何のお返しも出来ず、本当に申し訳ないです。。。

仕事から離れて3ヶ月。 仕事をしてたころの感覚を懐かしく感じた。
もしあたしが同じような状況…
例えば治療家的に
腰痛専門の院に勤めてて 肩こりの人が駆け込んでくるとか、
女性専用の院に勤めてて 男性が駆け込んでくるとか、まぁ何でも良いんだけど
その時に永田さんや山内さんみたいに
損得勘定よりも人間的にどこまで助けてあげられるか、改めて考えました。

会社は利益があってこそ運営できるもの。
だから全く得にならないことばかりじゃ成り立たないけど、
かといって得になることしか追っていかないのも間違ってる。
そこのバランスを取りながら、人としてどうお客様と接していくのか。
「お客様は神様」なんて持ち上げるだけの接客は、もう今の時代じゃない。
自分じゃ考えてるつもりだけど、やっぱりこれは一番大切な課題で
このふたりはそれに気づいて仕事してるなって感じました。

国道13号線沿い 山形県表蔵王のENEOSです。
機会があれば皆さんゼヒ立ち寄ってみてください!!


そんななんやかんやでエンジンが復活して再度走り出す。

それから1時間くらい走ったでしょうか… 時間は夕方頃だったと思う。
山形・福島の県境の山越え中(あたしが運転)、突如またしても様子が急変!!
ヤバイまた来たっ!と側道に停車、敢えなくエンジン停止…
山内さんから頂いたアドバイス通り 少し様子を見るも30分たっても変化なし。
日が暮れる前に何か動こうとあたしが言うと、まなくんが米沢駅が約10km程だというので
じゃあ駅まで行って考えようってことになった。

さぁあなたなら、どうやって駅まで行くでしょう?

あたしはもちろん
「駅までバイク押してくのは距離がありすぎる! 邪魔にならなそうな場所だし
 とりあえず助けを求めに行って、あとでまた来ようよ」って言いました。
しかしまなくんは
「これだけ山の勾配があれば、エンジンなくたって走るよ。
 二人で乗って山下っちゃえば 駅までの4〜5kmなら押せるって」といい…
エンジンのかからないバイクにまたがる二人。
勾配のおかげで順調に坂を下り、最高時速はなんと50kmに達した!!


日本の一般道で、エンジンもなく自分でこぐわけでもなく
ただ乗るだけで勝手に動く乗り物に乗った経験、皆さんありますか!?

あたし初体験。。。

山を下って勾配がなくなり、しょうがない そろそろ押すかぁ〜と歩き出したら
まなくんが運送会社の友達:森ちゃんになんかいい案ないか電話してみる!と一旦休憩。


天候的・時間的に、あたりは暗くなり始めていた。

フィジー留学まとめ 

August 13 [Wed], 2008, 23:20
なんかまだ1ヶ月も経ってないのに、フィジーでの生活がすんごい前のことみたい。

あ、でも前にもご挨拶した通り、英語日記だけは旅始めてまた再開してる。
やっぱり日本で生活してたら当たり前に英語から離れていっちゃうもん。
今はフィジー生活の時みたいな強制力がないぶん、
自分の意思を試されてる気がするっつーか…

想定内ではあったけど、
やっぱりフィジーでの生活ってあたしにとってはキッカケで、
英語の学び方とか触れ合い方とかフィーリングを学ぶ場所だったなって思う。
あとは本当にあたし次第だから、また飽きるまでは突っ走ってみます(笑)

とは言え英語日記を書いてると、メレ(担任の先生)の添削が懐かしくなる。。。
これを見たらメレはどう直すかなってときどき思う。
教え方がうまくて熱心でユーモアたっぷりであったかいの肝っ玉母ちゃん的先生。

会いたいなぁ・・・


それから、あんだけ勉強嫌だって言ってた旦那様があたしがバイク運転してる時
いつもうしろで英語のMP3聞いて、リスニング練習してるからビックリ。
まぁ種を蒔いたのもあたしだし…と いい意味のプレッシャーを感じてる英語な日々。


あたしは人より長く学生してたくせに、うわべの集団生活を強いられる“学校”って場所が
大嫌いで、フィジーでももちろん何も期待してなかった。

けど、なんかあのクラス大好きだったなぁと今更実感しています。


クラスが好きだったからこそ皆勤できたし、
みんながサプライズで最後の昼の授業を返上してパーティーを開いてくれた。
(あたしのクラスと旦那様のクラス合同で)

ひとりひとり英語でメッセージくれて・・・
たくさんの生徒を送ってきたはずのメレが別れを惜しんで涙を流してくれたこと
きっと一生忘れないと思う。 ありがとう。
クラスでいつも一匹狼的存在になりがちなあたし。
卒業セレモニーを拒否したあたしのためにパーティーの計画立ててくれて
ボロボロになるまで涙流してくれる子達がいた。 ありがとう。
今はもう別のクラスに別れたのに、わざわざ授業を休んで参加してくれた子もいた。
ありがとう。
最後の夜、別のクラスに別れた子も含めたクラスの全員がチャイニーズレストランに
集まって 遅くまで語ってた。 忘れられない楽しい夜をありがとう。


2ヶ月なんて過ぎてみれば短い間だったけど、
異国の地で素晴らしい出会いがあったことを心の底から嬉しく思います。
そして旦那様のために涙を流してくれる友達がたくさんいたことに感謝します。
またそんな人間的な魅力を持った旦那様を誇りに思います。


うん、またひとつ大切なものを手にして それがまたあたしのパワーになってく。
だから頑張らないわけにはいかないよね。

あたしはいっぱい感動もしたし、いっぱい寂しい気持ちにもなったけど
いつも絶対に泣かないんだ。
死ななければ、会う気さえあれば、必ずまた会える。
会いたい人にはどんな手を使ってでも、必ず会いに行ってやる!
だからちょっとの間 会えなくなるだけ。
また次会ったときにはあんなことあったねって一緒に笑ってるはずだから
最期の時まで涙はいらない。


世界のどこかから、いつもずっと大切に思ってる仲間たちへのメッセージ。

また明日からあたしらしくガンガン突っ走ります!!!
さぁあんたたちはあたしに負けないくらい思いっきり生きてるかー!?

北海道上陸! 

August 08 [Fri], 2008, 12:20
北海道に上陸して4日目。
ここ数日はずっと激安のライダーズハウスに泊まってたので更新のチャンスがなかった。
だってライダーハウスってマジ鬼安。

1泊目、函館のライダーハウスはひとり1000円。
(寝具完備。風呂なし。トイレぼっとん。)
2泊目、道南:新冠(にいかっぷ)のライダーハウスはひとり500円。
(寝具完備。風呂なし。トイレは徒歩1分の道の駅にて。)
3泊目、知床のライダーハウスはひとり500円。
(寝具完備。風呂なし、しかし近隣に無料温泉施設あり。トイレぼっとん。)


こんなんが相場です。
そりゃあナイトパック約2000円のネットカフェよりこっち選ぶよね。
時期的なものもあってものすっごいライダー多いし。

2日目に泊まった宿ってのが超素敵でさ☆
上の3つの宿で比べちゃうと一番何もない不便さを感じさせるけど、
むしろここが一番よかった!!
廃車になった電車をオーナーさんが運んできてライダーの宿泊用にしてるらしい。
けど、ホント普通に電車でウケる。 その名もまんま「ブルートレイン」☆
もし南北海道へ行く際には、I really recommend there!!
あたしらが泊まったときはたまたま他のゲストもいなくて、一両貸切でした。


この時期の北海道ライダーには絆(!?)みたいなものが存在するらしく、
すれ違うライダーたちはみんな片手挙げて挨拶してる。 
挨拶されて嫌な気分になる人なんてそうそういないし、なんかいいよね。
しまいにゃこっちから挨拶しまくってる。。。

北海道の道は都市部を除いてほとんどが、山・海沿い。
面積に対して絶対的な交通量も少ないから、物流トラックに引っかからない限り
アベレージ100km/hで走れます。
あーほんとこの道を愛車のfz-6sで走りたかった…しょうがないけどさ。
重要なとこだけ抑えてサックリ行きたいあたしたちは、移動距離もハンパない。

今は世界自然遺産指定の知床から当ブログをお届けしております。
このあとは網走刑務所跡に行って、今日は旭川あたりに就寝予定だよん。


うちのママからのメールによると、関東は大雨で大変だったらしいが…
こっちは旅始めてから約1週間 夜寝てる間に雨が降ったくらいで超順調に進んでて
皆さんが汗水たらしてるころ、我々は青空の下で爽やかに大草原を駆け巡ってます♪

岩手到着 

August 03 [Sun], 2008, 23:13
さて、昨日無事治ったバイクを受け取り再出発。

昨日は郡山から高速使って北上して、松尾芭蕉で有名な山寺=立正寺(山形県)見ました。
ロケーションは静かで緑が多くてよかったけど、階段が多すぎてマジ疲れた…。


郷は伊達政宗の銅像見て、日本3景の松島行って、世界遺産の中尊寺行って
盛岡で冷麺食べました。


写真は上から、@山寺 A伊達政宗 B中尊寺。




明日は日本3大祭りのねぶたを見てくる予定でございます。。。

日本一周 波乱の幕開け 

August 01 [Fri], 2008, 16:36
トンボガエリって「スグ帰ってくること」の意味だよね。

ええ、あたしたち まさにいまそのトンボガエリして東京に舞い戻ってます。。。


計画通り東北へ出発したおとといの夜、
忘れもしない東北道“新中山トンネル”(福島県)で 彼の乗っていたビッグスクーターが故障。
ドライブベルト(チャリでいうチェーン)が切れたとかで、エンジンはかかれども動かない。
で、ロードサービス呼んだり 修理の手続きしたり。
修理はとりあえずあさって朝〜昼くらいに出来上がる予定なんだけど
もはや福島に用はないので、宿代を浮かすべく実家に舞い戻ったというわけ。

詳しい状況は旦那様のみぞ知るところなので、彼のブログを読んであげて下さい。。。
【http://ameblo.jp/torekanka/entry-10122333560.html】


それに加えてガソリン代の高いこと。
あたしが乗ってたYAMAHA FZ-6S 660ccは1回給油するごとに2500〜3000円かかる。
あとはビッグスクーターのガソリン代+東北道の高速代×2台+宿代+食事代・・・
なんて計算してたら、あっという間に初日で2万近くかかっちゃって。
つまり4ヶ月で計算したらとんでもない金額になることに気づき、
タンデムで出直すことにしました。

せっかく大きいバイクがあるのにもったいない!!
アイツで自由に駆け回りたい! けど、ここは経費削減です。
ビッブスクーターを置いて でかいバイク1台で行っても良いんだけど、総合的に見て
ビッグスクーターのほうが収納があることに加えてタンデムでも運転姿勢に無理がない。
オートマバイクなんて運転してて別に楽しくはない・スピードも落ちるけど、
やっぱラクさには感動したもんね。
だからこの際走る楽しみが半減しても、旅の楽しみを優先させることに決定。


つうわけで明日orあさっての再出発は、
電車orバスでバイク修理場のある郡山まで向かいます。。。

日本一周本日開始 

July 30 [Wed], 2008, 14:03

いろいろ思い出をくれた初代VTR250から収納目当てでフォルツァ(中古)に買い換え、
今からいよいよ日本一周に出発いたします!


まぁ日本なんてどうとでもなんとでもなるから、気楽に楽しもうかと。。。


ルート的には、今日はこれから福島あたりまで行って 今後…

『東北(東側)→北海道→東北(西側)→北陸→中部→四国→中国→九州→沖縄→関西→
東海→関東。』
みたいなね。

地方にいる友達とか激安民宿なんか知ってる方がいたら、ゼヒゼヒ紹介待ってます!!


再び東京に戻ってくるのは、11月末の予定。
12/2(諸事情があり、わざわざあたしの誕生日)に世界一周に旅立ちます。


今回お会いできなかった方々、11月末にしばしの別れの宴を開きましょう。。。


今後更新していく予定ですので、ブログも見てね〜♪
http://www.crocci.com/

hello JAPAN!! 

July 27 [Sun], 2008, 7:43
昨日ついに帰国いたしました!!

17:00成田着、お兄ちゃんに車で迎えに来てもらって・・・荷物運びさせて(笑)


ところでお腹が痛いです。。。

食糧難だったあたしは昨晩たらふく日本食を懐しんだわけですが。
なぜか日本食に胃腸がビックリしてるんでしょうか。

English diary 

July 24 [Thu], 2008, 15:41
フィジーを離れた後も英語を忘れないために英語日記を始めます。
http://blogs.yahoo.co.jp/croccidiary


今はまだイントロのみですが、
日本一周が始まったら日本語のブログと平行してやっていきたいと思います!
私も主人も典型的日本人、ほとんど英語は話せませんので
お恥ずかしい内容になることはわかりきっておりますが・・・そこはdon't be shy!!
どんな些細なアドバイスでもかまいません。
どうか皆様 ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたしまっす!!

刺激 

July 23 [Wed], 2008, 20:36
今日は学校のスタッフさんと話して、いい刺激頂きました☆
で、考えることに頭を使いたいから 今日は勉強お休み。

学校のスタッフさんとはいえ、同学年の同い年。
なんかつくづく自分達の世代が社会に進出してきてるなって、実感する今日この頃。

彼女は関西出身で北海道の大学に行って、自分でお金を貯めて
イギリスやオーストラリアで独自の様々な経験を積んできた人。

あたしとは全く違う世界に24年間生きてきて、今ここでこうして重なるって
人の出会いは本当に運命だなあ と、実感せずにはいられない。
彼女はあたしより遥かに小さい身体から、めいっぱいパワーがあふれてる感じ。
もちろんパワフルさと行動力って点では全然負ける気はしないけどね。


正直フィジーに来てからずっと、拍子抜けすることばかりだった。
高いお金と長い時間をさいて来てる人間達から
どんな新しい刺激をもらえるのか楽しみにしてたけど…実際は

「帰ったらそのあとどうしよう」
「とりあえずワーホリ行ってから考える」
「いろいろ興味がありすぎて選べない」
「自分捜しが先決」

…その程度?
もし気にさわった方がいたら、ごめんなさい
でもあたしはもっと未来を思い描いてる人を想像してここに来たから
ハングリー精神の少ない人があまりにも多いことに、正直がっかり。

もちろん人の一生はそれぞれ価値の基準が違って、環境や性格や運によって
差は生まれるけど・・・

あたしは物心ついた時から子供なりの将来の夢があった。
それは状況や気持ちの変化によって簡単に変わってしまった時期もあったけれど・・・
それでも常に人生のタイムリミットを感じて生きてきた。
どんな自分でありたいか、何がしたいか、常に考えながら生きてる。


どんなに長生きしても人生90年程度。
そのうち身体のガタを気にせずに好きなことができる時間が60才前後だとして、
あたしは今年25。
人生のフリータイムは既に40%終わってるわけ。
40%がこんなに早く過ぎてしまったのに、残り60%が早くないはずがない!
のんびり何をしたいか考えて悩むだけの時間なんてもったいない。

ただでさえ、あたしの人生足りない。


やりたいことが多すぎて選べないんじゃない、選ぶ努力とパワーがたりないだけ。
本当にやりたいことが多すぎるって言えるくらいあるのなら、
全部やるパワーさえあれば、選び悩む必要なんてない。


“自分捜し”なんて意識的にはしたことがない。
なぜなら、自分という人間は紛れもなく今ここにある唯一の存在で
どこかへ捜しに行く必要なんてない。
見えてないだけ。向き合うことに自信がないだけ。
自分だけが自分の存在を証明してあげられる唯一の原動力。

このままでいいなんて あたしは死んでも思えない。
だったらいっそ思いっきり生きて、テロに巻き込まれて死んだ方がよっぽど本望。

“自分捜し”なんてカッコイイ言葉はいらない。
誰にバカだと思われてもいいから、ただがむしゃらに猪突猛進できる自分でいること。
いつでも、あたしは絶対に自分を裏切らない。自分を信じて突き進むことだけ。
そうしてるうちに勝手に運が向かってくる。


もちろん全ての人間がこうあらなきゃならないなんて、説教する気は毛頭ない。
いろんな人間がいていいし、だからこそ刺激しあえることも多いんだろうけど
同じ目標をもって集まったからには、もう少し具体的なレベルで話をしたかったな。

いやはや、学校も明日あさってでfinish。
あと48時間。
1秒も無駄にしないように めいっぱい英語を浴びまくって帰ります!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:angelyuririn
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:12月2日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-バレーボール☆下手の横好き。
    ・旅行-世界へ旅に出ます。アジア好き♪
    ・音楽-aiko。 特技はピアノ(もう2年くらい弾いてないけど)
読者になる
「成せば成る」
「ピンチはチャンス」
「人の振り見て我が振り直せ」

この3つを胸に、
人生思うがままに生きてます。
自分らしくあることには自信があります。

あたいの人生、誰に遠慮がいるものか!!!!
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像いいよいいよーーwwwww
» こんなはずじゃ 後編 (2009年06月14日)
アイコン画像ふぁーーーっくwwwwww
» こんなはずじゃ 後編 (2009年05月12日)
アイコン画像パクーーーンチョ!!!
» こんなはずじゃ 後編 (2009年05月07日)
アイコン画像ひまじん
» こんなはずじゃ 後編 (2008年10月21日)
アイコン画像タイラノ清盛
» こんなはずじゃ 後編 (2008年10月20日)
アイコン画像盗賊
» こんなはずじゃ 後編 (2008年10月18日)
アイコン画像ヨシオ
» こんなはずじゃ 後編 (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» こんなはずじゃ 後編 (2008年10月12日)
アイコン画像コンプ
» こんなはずじゃ 後編 (2008年10月04日)
アイコン画像きりひと
» こんなはずじゃ 後編 (2008年10月02日)
Yapme!一覧
読者になる