Dream of throwing it away 

2006年05月12日(金) 22時18分
夢なんてくだらない

夢なんて忘れたよ

簡単に吐き捨てた君

でも君があの日

熱く話してくれたその夢は

私の夢でもあるんだよ

Runaway, Runaway 

2006年04月05日(水) 3時52分
逃ゲ出シタ僕ノ心ハ

マタ捕マッテ

潰サレテ

トウトウ壊レタ


壊レタ心ヲ拾ッタラ

モウ一度

逃ゲ出ソウ


誰モイナイ

真ッ白ナ世界

Downpour 

2006年04月04日(火) 22時51分
降りしきる雨の中

傘もささずに

そっと煙草に火をつける

すぐに消える火は

まるで夢のように儚い


いつからか雨にうたれるのが好きになった


何でだっけ・・・?


もう忘れた記憶

でも微かな温もりだけは覚えている


今日はなんだか気分がいい

どしゃぶりの冷たい雨が

少し気持ちいいや

Stray cat 

2006年04月03日(月) 22時47分
いつの間にかなくなってた僕の場所

大切にしてたのに

どうしようもない事情で目を離してたら

いつの間にかなくなっちゃった


しょうがないから

しばらく迷子

Beat and crush, Everything by the hand 

2006年03月28日(火) 20時59分
前に進む

簡単に言う

でも、簡単じゃない


後ろにあるのは大切な思い出

それを持ってたら君は自由じゃなくなる

でも置いていこうにも君は気になって仕方ない


だったら叩き潰せばいい

それ以上の大切な思い出を作る為に君は前に進むんだ

過ぎ去った思い出は大切だ

だが、それが前に進もうとしている君の足枷になるのなら


叩き潰せ、全てその手で

Diary of white paper 

2006年03月27日(月) 13時40分
何もなかった君の日常に

突然渡された白紙の日記


その日記には

君だけの物語を作れる力がある


その物語をおもしろくするのも

つまらなくするのも君自身

だからと言って必ず物語を始める必要もない


その物語を存在させるのも

存在させないのも君自身なのだから

Cold hand 

2006年03月25日(土) 19時25分
君は僕の手は暖かいといつも笑って言う

僕はその笑顔が大好きだ


冬が過ぎ春の日差しが差し込んでるのに

君の手はいつものように暖かくならない

君がいつものように笑ってくれない



それは少し風が冷たい春の晴れの日

少し寂しい別れの始まり

Intersection 

2006年03月24日(金) 23時46分
二人は知らぬ間に別々の道を歩いてしまった

気づいたときにはもういつも隣にいた人はいない


でも歩くのをやめないで

あなたが歩くのをやめない限り

二人はまた同じ道を歩けるかもしれない


人の時間は皆平等に進む

誰もが同じ一分を

誰もが同じ一秒を


疲れたかい?

痛いかい?

でもそれが

あなた自身の糧となり

力となる


次の交差点で少しだけ休もうか?

さすがに見ていられなくなった

少し休んだらまた歩こう


どうやら、君達の想いは届いたようだね


ほら、見てごらん

再会は思ったよりもはやかったろ?
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:angels_scar
読者になる
Yapme!一覧
読者になる