幼い頃の私 

August 18 [Mon], 2008, 20:08
幼い頃の私の記憶は、あまり良い記憶はない…
私は、姉、私、妹、弟の4人きょうだい。
姉は勉強も良くでき、家のお手伝いも良くしていたので親からは『良い姉』と言われていた。
妹は勉強はそこそこだが、愛嬌があり近所のおばちゃん達からもかわいがられていた。
弟は、両親にとって念願の男の子と言う事もありかなり溺愛されて育った。
私は、勉強は出来ない。人見知りが激しく無愛想。家の手伝いも絶対しない仔でした。
それが原因かどうか定かではないが、私だけ母親から嫌われていた。
幼稚園に行きたくない!と言うと傘で叩かれ無理やり幼稚園まで連れて行かれた。
幼稚園ではいつも一人で遊んでいた。
幼稚園では日直さんは3人が前に出て自分の名前を言い『よろしくおねがいします』
と言わなければいけないのだが、私はその一言を発する事が出来ず、
先生に怒られた挙句用具室に閉じ込められ半日そこから出してもらえなかった。
幼いながら、声を出さず用具室で一人泣いていた…。
その頃から、先生や母親に対して反抗的になり…そして口をきかなくなった。
未だに母親に対して『お母さん』と言った事がない。言いたくもない。言う気もない。

物心ついた時には父は、酒乱で毎晩お酒を飲み暴れていた。
父は仕事人間で、会社には毎日きちんと行っていて、残業はほぼ毎日で
かなりのお給料をもらっていた。ボーナスも今では考えられない程の金額をもらっていた。
父の仕事は建設関係で、父は主に重機オペレータで現場監督も努め会社からも
認められる程の仕事人間だった。
しかし、会社に対しての不満や仕事の愚痴や同僚の愚痴は、いつも家で発散していた。
それが酒乱になった原因なのか…。毎日、毎日、毎日…飲んでは暴れていた。
鍋や皿が飛んでくるのは当たり前で酷くなると包丁が飛んで来たりもした。
母は危機を感じると必ず、近所の甥っ子に電話し私達子供を連れて実家に逃げていた。
2〜3日すると父は頭を下げて私達を迎えに来ていた。
そんな両親に振り回されているようでますます両親が嫌いになった。
けれど、小学生の私には逃げる場所もお金もなかった…我慢との戦いだった。
子供の気持ちなんか少しも考えず毎日ケンカばかりする両親…
(早く死ねばいいのに…)と何度心の中で思っただろう。
親が死なないなら、自分が死のう…と何度も何度も思った…。
でも、その時は死に方すらわからなかった。
そして私の中から完全に『笑顔』と言う物がなくなっていた。
両親に対しての憎しみだけが増えていった。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美知
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:3月13日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:専業主婦
読者になる