気になること。

November 13 [Sun], 2011, 1:51
いつからでしょう。
正確には覚えていませんが、いつからかわたしの元に何通か気になるお便りがくるようになりました。
詳細はクライアント様のプライバシーを侵害してしまうのでお伝え出来ませんが、そのいずれも、

占い師に騙された。

○○な事を言われた。

品物を買わされた。

などです。


あなたは『私は占い師です』と紹介されたら、どんな印象を受けますか?
怪しい職業だと、思うでしょうか。

悲しい事に、日本と言う国では占い師には怪しいイメージが付きまとっているんですね。
わたしも変な目で見られる事はあります。

そしてそれを助長させているのが、一部の利益を得るためだけに占いを行う方です。
最近は少なくなったようですが、以前はニュースなどで取り上げられていた事もいくつかありましたね。

この壺を買えば〜〜…などなど。

しかし、今現在も表に出ないだけで、わたしたちの知らない場所では行われている行為のようです。
わたしが何よりも占い師としてお伝えしたいのは、これです。
品物を勧めたりするのは、一概に悪い事だとは思いません。ただ、その金額とご本人様の意思次第なのです。
その品物を手にして、ご本人様が安心出来るのならばそれは良い事だと思います。

ですが、わたしの元にいらした方やお便りを下さる方のほとんどが高額な商品を売りつけられたとの事なのです。


そして他にも、占い師本人に心無い事を言われたと言う方もいらっしゃいます。



占い師の言葉と言うのは、時にとても大きな力になります。
それは良い方にも悪い方にもです。

弱っている時、藁にでも縋りたい時、人の心はとても弱っています。
その心に付け込まれるとどんどん悪い方向へ進んで行ってしまうんですね。
また、弱っている時は人の言葉も信じやすくなってしまうのです。だから悪い結果などを言われた時、目の前が真っ暗になってしまう人も居ますね。

ですが、占い師と言うのは起こりうる可能性を知っているからこそ解決策も与えるものだと、わたしはそう思っています。
その結果を、未来を教えてハイ終わり、では良い占い師とは言えないでしょう。
占い師の仕事は、先を教える事ではなくよりよい道を選択出来るようサポートする存在だと思っております。もちろんこれはわたし個人の考えなので、別の考えを持っていらっしゃる方も数多くいらっしゃるでしょう。

わたしは占い師と言う仕事に誇りを持っています。
わたしを頼って来て下さる方や、連絡を下さる方がいらっしゃる、それだけでとても励みになるのです。
ですが、ご本人様が思う道と別の道を選んだ方が良いと出た場合はあくまでもご本人様の気持ちを尊重しております。
それが本当に本人の為になるのか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも逆に、ご本人様の気持ちを無視したくはないのです。
それはやめてああした方が良い、そう言葉を掛けるのは簡単です。でも、言われた本人は気持ちを切り替える必要があります。言うのは簡単ですが、大変なのはご本人様なのです。



この他にも色々といただいておりますが、それぞれまた後日にひとつずつ纏めていければと思います。

占い師と言うのは世間から見れば難しい立ち位置にあります。
でも、忘れてしまわないでくださいね。
たくさんいらっしゃる占い師の中には、しっかりとした志を持って人の力になりたいと願う者も居るのだと。

ちょっとずつでも、先入観など取り去って行けたら嬉しいです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:晃
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年10月31日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
占い師としての日常と、伝えたい事を綴っていきます。
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/angelloa/index1_0.rdf