いつかのワスれモノ 

2006年12月15日(金) 2時45分
目の前のガラスは大粒の雫で霞んで
悲しみを忘れてた曇り雲

なんでだろう
明日が迫ってきているから

スピードヲアゲテ...

こんな状況下に置かれるなら
優しくしてくれなくてもイイ
いつも誰かが寄ってきては
すぐに消えて行ってしまう

手の中の温もりは一瞬の内に零れて
苦しみを伴う雫雨

そうだろう
明日が襲ってくるから

ハヤクニゲテ...

こんな事になるんだったら
話かけてくれなくてイイ
いつも誰かが寄ってきては
すぐに消えて行ってしまう

スピードヲアゲテ...
明日が迫ってきているから
ハヤクニゲテ...
明日が襲ってくるから
トキヲモドシテ...
明日が来るのは怖いから

目の前のガラスは大粒の雫で霞んで
悲しみを忘れてた曇り雲

今日も雨 そのうち曇り その後晴れ 

2006年12月10日(日) 17時51分
遠い青空 外灯 路地裏
喧騒 流されて無常

流れ星に祈る
祈りきる前に消えていく

不安定な精神だけは残さないで
独りだと笑っちゃいそうだから

今日も雨 そうして独り それから声
これだけ空は淀んでいても
どうして君は遠くを見てるの?

不安定な言の葉だけは並べないで
半端だと無くしちゃいそうだから

今日も雨 綺麗な涙 黒い明日
これだけ外は濁っていても
今日も雨 そのうち曇り その後晴れ
少しだけ期待しておいてみる

Mr. パンプキン 

2006年12月01日(金) 0時34分
何も分かってないくせに
愛想振りまいて頷いて
人から好かれたいだけでしょ?
所詮貴方も弱い人

昨日夢に出てきた
笑いながら悲しそうに
『もう何も残ってない』と
繋がれてたの あなたも

仮面の中に隠す本性
危険だと勝手に決め付けて
逃げてるあなたはパンプキン
いっつも怖い顔してる
それだけ愛されたい甘えん坊なのに

何も気にしてないくせに
手を差し伸べて傷ついて
誰かが恋しいだけなんでしょ?
所詮貴方は偽善人

帰り道失って
積み木遊び 瓦礫崩し
『もう何も残ってない』と
侵されてたの あなたも

仮面の中に映す表情
似てないと勝手に見せ付けて
作り笑いのパンプキン
いっつも同じ顔してる
それだけ
愛されたい臆病者なのに

気付いたふりが大好きで
誰かの力になりたいと

そんな貴方はパンプキン
ホントはただの甘えん坊

金網−鎖 

2006年11月29日(水) 18時57分
冷たい雨が降ってるのに
僕は何を考えてるの?

小さくうずくまって頭を抱えて
何かに怯えているの?

遠い場所から薄暗く伸びるヘッドライト
迎えの電車 送る灯火

何故君はここで笑ってるの?
何故君はナイフを持ってるの?
何故君はそれなのにここで...
何故君は...何故...

笑っていた日々を思い出したいのに
冷たい雨が頬を伝っていく

これ以上浸りたくないのに
神様は残酷 過ぎていく時間

何故君はここで笑ってるの?
何故君は時計を気にしてるの?
何故君はそれなのにここで...
何故君は...何故...

雨が止んだ

太陽は見えないけど

そろそろ眠っていいよね

−−ー−。 

2006年11月29日(水) 18時45分
なんか‥‥色々わかんない

考えてもグルグル回るだけで。。

どうすればいいんだよ‥‥


‥‥助けを求めていいのかな。。

それすらわかんない‥‥

BLAST GARDEN 

2006年11月28日(火) 10時44分
願い事は叶わなくて
必要なものは揃ってるかい?
太陽はいつも青空にある
そんな僕でも知ってるようなことを

まだ殺さないでくれ
どんなに苦しそうに見えても

曖昧な答えをどんな顔で受ける
一つしかない意味
理解くらい出来るだろ
I need Spaceship
助け舟を出して
残された奇跡と出会えたこの庭で
抱き締めさせて

簡単にしか言えなくて
頭を打ってイカれたのかい?
真実はいつもすぐ傍にある
そんな僕でも知ってるようなこと

まだ無くさないでくれ
どんなに忘れたい記録でも

温かいスープをどんな顔で貰う?
少ししかない意味
理解くらい出来るだろ
I need New world
明日を開いてみて
託された命と出会えたこの場所で...

Plastic memory 

2006年11月20日(月) 10時41分
雨が砕けた
想い出の記憶達
決して息切れ無い夢物語
雪が降ってた
遊んだPlastic memory
永遠を祈ってた

この手をクロスに
解けない様に
綺麗な壊れ物
触れずに止めた

これからこの先
歩いていくための
足を見つけなきゃ
諦めてしまった

雨が止んだ
想い出と同情
軽い重りいくつも背中に抱え
雲を割った
いつかのPlastic memory
明日もずっと祈ってる

この手を合わせて
祈りの姿に
美しい白黒
飾ってみてよ

貴方は今どこ?
目の前から消えた
闇から生まれた
泡沫シャボン玉

雨が続いた
いつもの道標
イチゴの記憶は甘い物語
雪が待ってた
僕とのPlastic memory
眺めてた景色は

雨が砕けた
想い出の記憶達
決して息切れ無い夢物語
雪が降ってた
いつものPlastic memory
向こう岸にいるよ

†You Throw Away Your BlooD † 

2006年11月17日(金) 14時26分
You cut one's wrist
I cried. You also cried
どうして傷付ける?

君が抱え込む必要は無い
それにさ‥‥

本当に大切なものを守りたいなら
まずは自分を育てるんだ
傷付いた君のそのカラダじゃ
守りたいものも守れないだろ
まずは自分を育てるんだ
それが全てに繋がるんだ

You throw away your blood
You fear it. you are a coward
どうして無茶をする?

君だけ頑張る必要は無い
それにさ‥‥

本当にこの世界に見切りをつけたなら
どうして戦っているんだ?
傷付いた君のそのカラダじゃ
戦い続けていけないだろ?
まずは自分を育てるんだ
それが全てに繋がるんだ

大事なものに隠された言葉
君が求めている飴玉
甘く甘い安らぎの場所
一粒の幸せ

君が心で想っているなら

本当に大切なものを守りたいなら
まずは自分を育てるんだ
傷付いた君のそのカラダじゃ
守りたいものも守れないだろ
まずは自分を育てるんだ
それが全てに繋がるんだ

 

2006年11月13日(月) 19時48分
途切れてしまいそうなほど
甘く はかない声
天使の積み上げた瓦礫の柱で
誰よりも天国(そら)へ近づく

それでも想う貴方の笑顔
本当は泣きたいけれど

触れてみて初めて知った
壊れゆく破片のカケラを
静かに集めて

傷付いた少女と
飛び立っていく蝶

導かれ辿り着いた場所
遠く届かぬ声
誰かの積み上げた憎悪の中で
誰よりも影を伸ばす

渡り移っていく
あの蝶のことを
この池の周りに咲く
花のように綺麗でありたい
いつも...何も...!

少女は何を想う
城壁で囲まれた世界で
人の影も踏めぬ中で
憎しみが渦巻く庭で
閉ざされた街に住み着いて
何も見えなくなって
光を失って

少女はそれでも想う貴方の笑顔
本当は寂しいけれど

すくい上げ零して知った
溜められぬ涙の宝石
その手を開いて

震えてた少女と
開かれていく扉

切り裂いて辿り着いた場所
淡く温かい彩
私が積み上げた軌跡の中で
影すらもかき消して

途切れてしまいそうなほど
甘く はかない声
天使の積み上げた瓦礫の柱で
誰よりも天国(そら)へ近づく

お知らせ〓 

2006年11月11日(土) 18時33分
今のトコ、更新は不定期‥‥です
てか、このブログ自体作ったって知らせたの1人だけなんだよな(´ーωー`)

出来るかぎり、更新していく予定です(。・ω・。)

クロネコさん、応援してね(*>ω<*)
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ユイ
» Mr. パンプキン (2006年12月01日)
アイコン画像クロネコ
» お知らせ〓 (2006年11月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:angelface
読者になる
Yapme!一覧
読者になる