一通りを越えて

October 02 [Mon], 2017, 21:14
元々は自の意思で

やりたいと思ったから

始めたこと


単純な様で

なかなか辿り着けなかった答え

自分がそうしたいなら

好きにすれば良いんだよ



風車

September 28 [Thu], 2017, 22:42
何の為に、泣く


帰ってこない

返ってこない


何時かは変わってしまうのに


忘れて信じていたのか

ヒトカラ

September 17 [Sun], 2017, 22:42
今日は天気悪くて、行けなかった


昨日行けば良かったな

聞きたい

September 17 [Sun], 2017, 22:40
11年前の自分に

夢は何ですか…?って

時計台

August 04 [Fri], 2017, 22:29
時計台が見たい

人生に迷いが生じたら、

訪れていた

正確に言えば、

『帰っていた』


正しい答えを下さい

おかしな考えが及ばぬ内に


鉄橋

デパート裏の駐車場

ゲーセンの天井から見えた外

踊る海賊の人形




昔はもっと高くにあって

大きく感じた

時計台



帰りたい…


帰りたい……


くり貫かれた碧

August 04 [Fri], 2017, 21:51
あの空は、もう見れない



あの空は、 もう無い



あの雲は、もう無い





全部、


全部、


遠くに消えた

失った旋律

August 04 [Fri], 2017, 13:39
夢の世界へ羽ばたく

光の中に溶けていく

周りなんか見えない

太陽の時計が笑ってる


ボタンを押して

オルゴールを鳴らす



何の為に頑張っているんだろう


取り残されて

逃避する場所探しても

見付からず


見過ごし店

August 03 [Thu], 2017, 22:08
最寄り駅に

とうの昔に閉鎖された

個人商店があった

何時も通っていた場所なのに

錆びかけた看板を

気付いたのは今日だった


こうやって

知らぬ内に見過ごしてる事、

人生の中にもあるのかな、




この看板に声があったら、

振り向いてくれた人は居たのだろうか

声があっても、

呼び止める勇気を持ち合わせていたのか

そんなおかしな考えが浮かんだ



何年待ちわびても

言葉にしなければ

伝わらない



時間なんか関係ない


考えたくもない


情景が浮かんだ…


言葉にして貰えるのは、

きっと、嬉しいね





在り来たりな言葉すら

きっと言えない



言えないからこそ、

今日も綴る








脱ぎ捨てられたドレス

August 01 [Tue], 2017, 0:47
華の木の下で


何時か見た夢のように


何かを埋めていた


周りの女の子達が


紅や紫のドレスを着飾っている


紫のドレスを着たくて


待っている自分


目の前の二人は

きっと、誰かの大切な人達



私は、また埋めてた



気付かない振りしても


何埋めてたか分かったよ



華の木の下に埋める夢は

別れの象徴なんだって


誰かが幸せになってる裏で

何でこんな惨めな想いをしてまで

生き甲斐を殺さねばならないのか


誰かが幸せになれば、
誰かが不幸になるのか


勝手に生き甲斐としたのは貴女
そんな私を消すしかない
私を消す他ない

無心遊園地

July 31 [Mon], 2017, 21:35
窓の外を見て


何かを探す


在る筈の無い景色に


遊園地を重ねる



知らぬ内に回ってた観覧車


メリーゴーランドは


知らぬ間に幾つの曲を奏でたのだろう




楽しい笑い声が響いていたのかな















2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:桜
  • 誕生日:2月10日
読者になる

自由気ままなマイペース


HPもあります☆
是非遊びに来てね!

ANGEL ACCOLADE
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/angel-tune/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE