冨田でイワヒバリ

August 14 [Mon], 2017, 18:04
今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食生活以外に、十分な葉酸の摂取が厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。葉酸の適切な摂取は、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが忘れないようにしてください。
葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。ですので、調理法にちょっとしたコツがあります。出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱調理が避けられない場合には長時間の加熱は避けて、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。こうした調理や食事が負担だと考える方は、葉酸サプリで摂取するのが簡単ですから、おススメです。
葉酸のサプリは様々にありますが、妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい成分がしっかりと含まれているサプリと言えば、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、幾つかの種類があります。葉酸だけを配合したサプリもありますが、ほとんどの葉酸サプリに鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめてまとめられています。この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。葉酸サプリは、それぞれ他に含有している成分によって特徴が分かれています。サプリを選ぶときは、ご自身に必要な栄養素を補給できるようなものにして下さい。
妊活中の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。長男を出産した後でしたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けを実践していました。妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明するまで期待と不安でドキドキしていました。結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。
なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食事を見直すことも有効だと考えられます。精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、食生活が乱れていては卵子や精子の活発さは、期待できませんよね。妊娠を望むなら、まずは体作りです。バランス良く健康的な食習慣を続けていくことが大事です。
このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。妊娠中の十分な摂取によって、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。ですから妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのがお勧めです。サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。葉酸を効率よく働かせるためにも、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですから避けた方が無難です。
今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。例えば、妊娠前から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から重要な成分らしいです。妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを使うのも良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。
親友が妊活を頑張っていた頃、漢方を欠かさず服用していたようでした。彼女の話では、体質から変えたい、と考えているようでした。漢方だったら安全性が高いのではないでしょうか。漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は命を授かることが出来ました。彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。
大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。でも、義妹や姉のところに子供ができると、このままだったらどうしようと落ち込みました。病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに三周期目で赤ちゃんを授かることができました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。もっと早く来たかったですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:隼人
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/anfoidscrdkel8/index1_0.rdf