この日がらんとした部屋で 

April 03 [Tue], 2007, 16:30
治虫先生の「アドルフに告ぐ!」を3巻まで読みました。
アドルフ・ヒットラー・シューレに入ったアドルフが、
神戸で親友だったパン屋のアドルフ(ユダヤ人)の
父親を、撃ってしまったところが悲しかったな。
P R