michi 

November 30 [Fri], 2007, 23:02
私には2人の兄がいます

本当の家族ではないかもしれないけど
私と弟には本当の兄たちです

今はアメリカ人だし
国も違うし
昔から
苗字も違うし
外見も違うしかもしれない

だけど、私たち2人には
幼い頃から一緒だったし
彼らを何の疑いもなく
大切な兄弟と認識していました

そんな兄の1人が
8月に事故で亡くなってしまい
日本で報告をうけた私達は
ただただ真っ白になり
あてもないどこかに向かって
泣き崩れるしかできませんでした
アメリカの葬儀にも参加できず
正直いえば
今も亡くなった事を言葉でしか実感できず
いつでもアメリカに行けば会える
そんな気がしています

兄はアメリカで救命士でした
とっても優しく穏やかで
そのほわほわした笑顔は
どんな人にも壁をつくらない
特別な空気を持っていました
28歳なのに
かわいらしく少年そのものの
印象しかありません
とっても周りに愛されてるのを
私でも感じる程でした

明日、そんな彼の日本でのお別れ会があります
初めてもぅ彼と会えない、話せない、
という現実を受け入れなくてはならない
と思うと困惑もあります

彼のアメリカの家族は受け入れたくなくても、
少なくとも私達より受け入れた上で
お別れ会に参加する
私は実感がなく
自分がどんな事を感じるのか
全くわからないのです

本当は元気に生きてると
なんの根拠もないのに
思ってしまう部分もある

気持ちの整理がつかないで
参加してしまう

でも、彼のママが言ったんです

「あんなイイ子を育てる事が出来て
私は本当に幸せで。
だから泣かないのよ。
不思議かもしれないけど。
それに、人生で1番の幸せな時に
逝ったから彼も幸せなのよ」
と。

頭の中で絶対理解したくない死なのに
彼女をみてると、
疲れてるし、悲しそうなのに
幸せいっぱいの顔で
こちらもそんな兄がいたという
誇りで感謝でいっぱいになりました
悲しいという気持ちよりも、
幸せな時間だったと言えるのは
道という人が残した
優しさの証拠に思います

彼の兄、婚約者、身近にいた人々
そして亡くなる3日前に会うことのできた弟
近くにいて時間を共有していた分、
彼らのことを思うと胸が痛くて
遠く離れて暮らしていた私も
察してしまって苦しくなります

だけど、道はいつもhappyな笑顔で
とても温かく
人々に優しい素敵な人でした

だから、私なんかが悲しんでしまうと
彼は責任を感じてしまうのはみえています

私達が
道とは会えないかもしれないけど、
私は今幸せで過ごしているよ
だから心配はしないでいてね
私がいつの日か道に会える時がきたら
その時楽しい日々を過ごしてたこと、
道に負けない位に充実して生きてたの!
と、自慢できるように
私らしく頑張って生きる事が
彼が喜んでくれる事と思っています

Drumsを教えてくれてありがとう
遊園地や車のイベントに連れていってくれてありがとう
お兄ちゃんらしくと夕食をおごってくれたりありがとう
どの瞬間をとっても、かけがえないです

私がhumming birdが大好きで。
それらを一緒に見れたことも
忘れたくない大事な時間です

誰も道の代わりにはなれないけれど、
皆が道と一緒にこれからも生きていくから
いつも見守っていてね

こんな素敵な兄が私にはいるんです

赤ちゃんみたいに幼くて、
お兄ちゃんらしくなかった道が
アメリカで私に
お兄ちゃんらしくしようと
一生懸命気にかけてくれた事
本当に嬉しかった
宝物のような時間をありがとう


戸惑っているけれど、
明日は笑顔でまたねと送れればいいな

大好きよ、みっちゃん
ありがとう

 

November 26 [Mon], 2007, 17:34
朝まで起きていて
部屋から空を見たら
空が気持ちいい位にきれいで
ほっとさせられた∞

凄く明るく晴れ渡ってるから
それから寝るのもったいない気がしてた

秋を感じる雲はその瞬間しかいなくて
ちょっと目を閉じて開けると
違う空みたいに刻々と変わってくから
時は止まらずに動いてるのを
目で実感してる様だった

私の傍らでandyがピッタリくっついて寝ていて
本当に幸せで、無意識に
ありがとうーー
って誰かに言っていた

昨日は星が数個みえた
最近は月がとってもきれい
そして朝はこんなに澄んでる
空がきれいだと、嬉しい

私に笑顔をくれるandyの体調が
少しずつでも良くなりますように

distance 

November 23 [Fri], 2007, 1:03
すごく不思議だけれど
もぅ5年近くたつのに
今頃になって 恋しくなってしまっていて

自然とこんな気持ちになるのは
久しぶりすぎて
落ち着かなくなってしまう

もし、近くにいてくれてたら
きっと確かめることができるのに

会うことができないから
どうしたらいいのかもわからなくて

活字でのコトバはどこか余計に切なくて
何気ない電話は離れているからどこか不自然で

会ったら分かりそうなのに
でも、会いにいってしまう勇気はなくて

会いたいし、会いに行きたいし
だけど
会えて通じ合えても
この遠さがダメにしてしまうのが
見えてしまっていて
行動に移せない

だから、これはきっと勘違いだ
と思おうとする自分がいる

そうしたら楽だもんね

でも、矛盾だらけ

私には距離って
あまりにも大きすぎる

自分の傍にいてくれないとわからない
じゃなくて
一緒にいられないと、わかりたいことだけつのって
わからずにいるのが見えてしまっているから

一緒にいられるっていうのは
とっても大切だもの

あーーーーー

矛盾だらけだな、私。

それに、意地っ張りだな。

強い風 

November 18 [Sun], 2007, 22:40
強い風

帰り道の顔にあたって、とっても寒くて痛いのに
あーーー冬だ!と感じて嬉しくなった

昨日はりょうちゃんのbirthdayで、
皆で浜辺でcount downして
おめでとう!をして。

本当に空が星でいっぱいの夜で、
少しだけ悪い視力の目を通して見るのが惜しいくらい
でも、エリのメガネを通したらそこはまるでプラネタリウムだった
突風の寒い夜。女の子6人。
プラネタリウムの元、海でのサプライズbirthday song!
そして、笛のついた笑えるカチューシャ。

あれは、きっと素敵だったというんだと思った

本当に気の許せる家族の様な友達と過ごす時間は、
たまにだから、余計愛しい

私の街の上にも、星がいるはずなのに
こっちの地上光が強すぎて、普段は見えないなんて、
やっぱりちょっと悲しいな

月の出ない夜にビーチで、海ぎりぎりまでにびっしりの
星をみた沖縄が少し恋しくなっていて
どっかで帰りたいなーーと思っちゃう。。





tea 

March 05 [Sat], 2005, 21:03
毎日teaを3杯は飲む

落ち着かせてくれるもの
今日もすでに3杯

もしかしたら紅茶を飲みたいんじゃなくて
紅茶を飲むことを理由にして
ばぁばの所に行ってる事で
私は落ち着かせられてるのかも
きっとそうだな

行くと落ちつく
1F。

ありがとう 

March 05 [Sat], 2005, 18:52
最近よく使うコトバ

それに気付いて幸せに思った

今日、今年になってお話をくれたプロダクションに
沢山の気持ちを整理して伝えてお断りした
すごく興味あったけど、
どこか私の姿勢とか考えとずれる部分があって
組織に入るのはやっぱりニガテって気付いたから
でも、こんな私に話をくれるなんて
本当にありがたい話。
ありがとう

もぅ二度とこんな話は来ないって
予想できるから本当に悩んだ
でも、今はスッキリしたかな∞

自分らしい道を進もうと決心がついたし、
自分の周りの大事な物を大事にしたいから。
器用じゃないから2方向には進めない

お断りしたら、
もぅ関わる事がない人達だから
皆いい人だったから
自ら壁をつくったきがして
人間の別れのようなものを感じた。
本当にわがままで勝手なんだけど悲しくなって
誰かとハナシタクナッテ∞
ユリカに電話しようと思った。けど、
やっぱりママに電話した。
ママは風邪気味声で。
一言も断った事言わなかったのに、なにか察してくれたみたいに優しい声だった∞
本当ありがたかった
安心した

『免許がとりたいの!
 BGにでたいの!
 バイトするんだ!
茅ヶ崎に行って、ウクレレとサーフィンして
 からだ鍛えて、ダンスさいかいしてーー』
とにかく、これからの事をはなしまくった。
ママは
『大変じゃん。じゃあ頑張ろうねー写真の整理もしてよー約束だからね』

私には自分の為にやらなきゃいけない事が沢山ある。
沖縄で皆に
『有名になってね!』って
何もはなしてないのに沢山の友達に意味なく期待をかけられた。
そう言ってくれるのは嬉しい、本当に。
だけど、彼らが言ってる
‘有名人’ってのは
TVにでてる人なのかな??
だったらゴメンね
私、今日その道を断ってきちゃったの

私がTVに出る人になったら
大事な人が皆喜んでくれるのは見えた
昔住んでた所、地域の人にも間接的に会えたんだ

だから決断はつらかった
違う形で、頑張って
会えるようにしたいな(^^)
ありがとうって伝えられるように。
頑張ろう

(無題) 

February 20 [Sun], 2005, 9:03
沖縄
すんでた頃と、
私がちがうのか、見えかたががちがうのか、
違って悲しい

住人じゃなくて
旅行者だから
それがいちばん悲しい

なんだかわくわくしなくて
新鮮じゃないの

疲れちゃった

早く友達に会うかな

my eye sight is poor... 

February 11 [Fri], 2005, 3:38
最近視力の低下を実感する

凄く悪いわけじゃないけど


きっと
夜中にしか集中できない体質のせいだろうなー
とか、
寝る前に読んだり、卒業したくて必死になって
映画何本も見て評論書いたり、
それじゃ足りないってまた必死に書いた
11教科のpaper達のせいだねーー
って

昔っからの人間分析癖を起動させながら
コレ書いてる
コレも大きく視力低下に荷担中。。。

でも、モノが見えて感じられる喜びって
とてつもなく恵まれてる

こうやって書くのもそう
映画を見て場面場面評論できるのもそう
友達の笑顔を見て、嬉しくなれるのもそう

全ては目が伝えてくれる

だから、大事にしたい
視力ってすぐに下げようとすればダメにできるものだから
いたわってあげなきゃ
色を知ってる事、見れることにありがたさを感じて

もうすぐ沖縄に1週間帰る
ある意味、Mamiには里帰り

この目で懐かしさを感じて、いっぱい吸収してこよう

Masaru 

February 11 [Fri], 2005, 1:18
さっきパパが車で帰っていった
明日朝早くから仕事だから

私はばぁばっ子だから家にいるときは
ほとんどばぁばの所にいて
今日もばぁばと散歩してたら電話が鳴って
出たら本当に偶然にパパが横断歩道の反対側にいてビックリした!

テレパシーーーー
テレパシーーーー

家族4人久々に一緒にご飯してたら
ふと、仕事について思った。
Meはどうすればいいんだろうぅぅ
勝は仕事して私たちを好きな事できるようにしてくれて
その仕事の為に帰った
今、色んなチャンスをもらっているけれど、
混乱してどうにもできずにいる自分がいる。

小さい頃は絶対にバレエで生きていくんだと思っていたから、
あの頃のSalviaが私を見たとしたら
がっかりさせてしまうのかな。
おうえんしてくれるだろうか?

なんだか、
自分の中にある理想と
感じている現実が
両方存在しちゃってmixしているんだ

こぅなったら徹底的にバカになってしまおうか?
徹底的なバカはある意味生きていくうえでは天才。
そうなるのも天才的な勇気がいるんだーーー

最近自分に問いかける事が多くなってきた
これを大人って言うのなら、私は一生ガキでいたいな
それも、ひどく悪ガキね♪

沖縄で暮らしていた頃は、全て自分でいられたけど、
家族の元に戻って、久々に4人いると
色んな事を考える。
一人暮らしの時考える家族と違うもの

マサルーーーありがとうねぇ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:andylop_salvia
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30