时间の中で蝋

May 29 [Fri], 2015, 13:06
今夜、風は澄んで、月が薄く、星子、困りはて詩的たいとしているのは、暗暗の中で、逃亡生活の昙り。闻いて、あなたの足を撃破きらきらの氷の露、私は静かにかわる、黙って待って、あなたを见る山から来ている。一語で知り合い、眸书には満優しさ、再会に笑って、無言の二つの间にあります。歳月留白漂流中の思い出を、行かなくては嘆く。通りかかる離合别离しなければならない。国であり,请您暖だけで、盈空路温情、あなたのために红袖迷惑をかけなければならない。

たばこの思い出を语るで歩いた时间の中で蝋のように微澜の水面に一縷「やさしい心に響いてくる著眉の清喜、百丈红尘、八つ千里教師、折り畳みますからそれらの忧え悲しむ琐事をもち、楽しい時を過ごした。饶雪漫は言います:「私は心の追求をかたくなに见えるのは自分だけが、私のいうとおりだった。」かんのんだし、誰の目を切り取り成一輪の花が咲く時期だ。私のようなプレーを見せた月光雪は、梨花(イファ)のような雪が二粒の初めに遇の心に溶け出している。

満天の横殴り成一枚、面持ちであってそれで人を感动させた絵で、きれいな雪片、ヒラヒラシャシャさんを连れて美しい恋しさは、浅く歌ってやん1首の冬のラブソング麽?漆黒のような雪のように、命が风に苦しんだが、究極的になびく。地に落ち、では散った瞬间、我々が自分を訪れた漆黒のような同じ风になって雪を眺めた。

僕とユキのうち一つは心と心の触れ合い。私追う雪の足跡が、強いもちらつく、ひたすら梦落下時その記憶の奥に降られた。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:屋上から
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる