ぼくのだいすきなケニアの村

June 30 [Sat], 2007, 14:14
『エレーナのセレナーデ』で、すっかり気に入ったスペイン人画家、アナ・フアンの新しい絵本がでました。前作は、メキシコが舞台でしたが、今回はケニア。でも、どちらも素敵です。 ぼくは朝おきて、かあさんの小屋でともうろこしのおかゆを食べた。母さんがぼくにいった。「じいちゃんの牛をはらっぱにつれていっておくれ。牛のみはりたのんだよ」ぼくは、牛をはらっぱに連れて行くと、牛は風邪に吹かれながら、草を食べ始めた。その間、ちょっとだれかに会ってこよう。ぼくはそう思いつき、こっそり、はらっぱをはなれた……。

この本は、ケニアで暮らすカレンジン人の少年の一日を描いたもの。ぼくが、スワヒリ語で、「ホジ?(=だれかいる?)」とみなを訪ねると、中にいる人は「カリブ!(=おはいり! どうぞ、ようこそ!)」と答えて、温かく迎えてくれます。ぼくがあちこちをめぐっていろいろな体験をすることで、読者もケニアの暮らしや習慣をしることができます。どんな髪型の人がいるのか、何を食べ、飲むのか、どんな仕事をするのかなど、私たちの知らないことがさりげなく描かれています。 せなかに弟をおんぶした、ぼくの友だちウイニーが、「ウナ・タカ・ンドゥドゥ?(虫、食べたい?)」と聞いたところでは、私までびっくりしてしまいました。(のわりには、子どもは普通に見ていましたが)何度もでてくるやりとり以外にも、スワヒリ語がところどころででてくるので、特には興味津々でした。さあ、あなたもごいっしょに。「ホジ?」「カリブ!」

この絵本の画家の本"Frida"の紹介はこちら。
  • URL:http://yaplog.jp/andapocoapoco/archive/467
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
かなさん

コメント遅くなりました。
アナ・フアンの絵、とても印象的です。
メキシコ好きの私としては、エレーナもフリーダもお気に入りですが、今回のは子どもも気に入っていたようです。
また感想をお聞かせくださいね。
July 04 [Wed], 2007, 19:57
こんばんは。
「エレーナのセレナーデ」私も好きです!
この方の新刊とは!早速チェックしなきゃ。
shokoさん、いつも情報早いですね!
ケニアが舞台、っていうのにも興味津々です。
July 02 [Mon], 2007, 21:11
NONさん

この方の絵、いいですよね。今回のも、ぜひどうぞ。

弟夫婦さん、ケニアに住んでらしたのですね。
少しは懐かしいと思ってくださるかな。

July 01 [Sun], 2007, 8:05
NON
わあ、エレーナの方の新しい絵本ですね。やっぱり魅力的な絵。ケニアに住んでいた弟夫婦に教えてあげよう。
July 01 [Sun], 2007, 7:35
■プロフィール■
■shokoといいます■
■翻訳修行中です■
■スペイン語もやります■
※このブログ内で紹介している本の名前や画像をクリックするとアマゾンやbk1で購入することができます。
★☆スペイン語の絵本ストアへは
こちらから☆★


【MY WORK】
★アマゾンのストア★

おとえほん 世界昔話【3】語り 鶴田 真由・音楽 守時 タツミ(一部昔話再話)

ペネロペひめと にげだしたこねこ

ジャガーとのやくそく

おとえほん 世界昔話【2】語り 鶴田 真由・音楽 守時 タツミ

日本昔話【6話入り】(Kindle書籍)

フラワー・フェアリーズ 妖精にまた会いたくて

クリスマスの星 (とびだししかけえほん)

いっすんぼうし (おとえほん日本昔話)

わたしのすてきなたびする目
2007年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/andapocoapoco/index1_0.rdf